ピクシブ百科事典

三度笠

さんどがさ

江戸時代、三度飛脚が被っていた編み笠

竹の皮や菅を編んで作られた笠のうち、頂の部分が尖っている形状のもの。
江戸時代、大阪~江戸を月に3度往復する三度飛脚が被っていた、深い菅笠を三度笠と呼んだ。

時代劇などで渡世人の被っている頂の平らな笠は、饅頭笠

関連タグ

 編み笠 菅笠

pixivに投稿された作品 pixivで「三度笠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3179

コメント