ピクシブ百科事典

月のイナバと地上の因幡

つきのいなばとちじょうのいなば

『月のイナバと地上の因幡』とは、東方Projectの書籍作品の一つである『東方儚月抄』の一つである。正式名称は『東方儚月抄_~_月のイナバと地上の因幡』。
目次[非表示]

概要

東方Projectの書籍作品である『東方儚月抄』の外伝的ストーリー。
ファンからは「うどんげっしょー」、「うどんげっしょう」とも呼ばれる。

『儚月抄』は漫画版、小説版、4コマ版の各作品で構成されており、この内『月のイナバと地上の因幡』は4コマ漫画形式で展開される作品である。
『儚月抄』時間軸と並行した「永遠亭の日常」について、主に鈴仙・優曇華院・イナバの視点を通して描いたものである。

作風

コメディの要素が強く、漫画版や小説版とは全体の雰囲気なども異なる。
全体的に明るく賑やかでほのぼのとした雰囲気であり、登場人物たちののんびりとした様子が語られる。4コマ形式という事もあって各話独立したストーリーも多いが、その分それぞれの起承転結や物語の進行が丁寧にまとめられている。

なお本作においては東方Project原作者であるZUNは「原案」という位置づけであり、作中のネタなどは著者のあらたとしひらによるもので、キャラクターの人物像・設定なども他作品と異なる点もある。
登場人物たちの新しい一面に出会う事が出来るだろう。


きっと、読み進めるごとに「 永遠亭のみんなが好き 」になる。

作品情報

原作・著作

原案:ZUN
著者:あらたとしひら

出版状況

雑誌連載時

掲載誌 :『まんが4コマKINGSぱれっと』(一迅社
連載時期:2007年8月号-2010年2月号

単行本

出版 :一迅社
発売日:上巻 2009年8月21日 / 下巻 2010年7月22日

限定版付録

  • 上巻:「鈴仙・優曇華院・イナバ」ミニフィギュア
  • 下巻:「因幡てゐ」ミニフィギュア

主な登場人物

永遠亭の人々鈴仙・優曇華院・イナバ 因幡てゐ 八意永琳 蓬莱山輝夜 モブイナバ
その他の登場人物(一部)森近霖之助 射命丸文 博麗霊夢 上白沢慧音 藤原妹紅 洩矢諏訪子 リグル・ナイトバグ 他多数


先述のとおり、永遠亭でのほのぼのとした日常と彼女たちの人間関係が、ネタも豊かに描かれるのが本作の特徴である。
鈴仙のいじられやてゐの奔放ぶり、お茶目な永琳や輝夜の天然ボケなど、その表情もまた実に豊か。
また、永遠亭メンバー以外のキャラクターも生き生きと登場し、様々な形で鈴仙らと交流する。

上記以外にも多数の東方Projectの登場人物たちが作中に登場しており、中には『儚月抄』ならではのキャラクターも登場する。
例えばこの方たち(ネタバレ)やこのキャラクター(ネタバレ)など。

また、本作品唯一の初登場(?)キャラクターとして「雨の妖精」がある。
※ただし同作で登場した人里のモブの女性や寺子屋の子どもなどを除く場合。

他の『儚月抄』作品との時間的関連

『儚月抄』全体の主たるストーリーの開始時点の前後から始まり、要所ごとに漫画版、小説版を思わせる描写がストーリーに組み込まれていく。
漫画版と小説版は相互に補完し合うような仕組みになっているが、本作品は先述のように『儚月抄』におけるそれらのストーリーの周辺部分をさらに豊かに想像させる仕組みともなっている。

関連イラスト

んどんげ
故郷を眺める鈴仙・優曇華院・イナバ



関連タグ

東方Project 東方儚月抄 うどんげっしょー うどんげっしょう
永遠亭 迷いの竹林
香霖堂 博麗神社 紅魔館 人間の里 霧の湖 中有の道 魔法の森
雨の妖精 月都万象展

pixivに投稿された作品 pixivで「月のイナバと地上の因幡」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140820

コメント