ピクシブ百科事典

とよてん

とよてん

とよてんとは、東方Projectに登場する綿月豊姫と比那名居天子の二人による二次創作カップリングである。
目次[非表示]

概要

東方Projectに登場する綿月豊姫比那名居天子のカップリング。
豊姫は『東方儚月抄』、天子は『東方緋想天』にそれぞれ初登場した。
両者とも東方Projectの主舞台である幻想郷のはるか上空に住まい、天子は天界、豊姫は月の都にそれぞれ住まう者である。
二人は原作中では直接の接触はない(2014年12月現在)が、キャラクター性や設定背景などに共通を持つ。

豊姫は月の都の人々の在り方として地上へと降りてくる事は基本的にはないが、『儚月抄』作中で見られたような例外の事態においてはその能力で地上へと降りる事が可能であるなど、天上の世界に限らず地上においても両者の接触可能性は開かれている。

二人はそれぞれの作品で飄々とした部分やカリスマ性などの様々な表情を披露しており、感情表現も豊かな二人である。同時に高い実力を持つなど、キャラクター性においても深みを持つ。

天人と月の民

天子は天人であり、天人とは不老不死を得た仙人が天界に至って成るというケースと死後の成仏によって至るケースとがある。ただし天子の場合は両者のいずれとも異なり、一族の功績による昇格であったため、天人に至るための修業過程を踏んだものではない。

一般的な天人は輪廻の輪からも外れている他様々な欲望も捨て去った存在である。
捨て去られるべき欲望には「 生きる欲 」も含まれ、この状態について稗田阿求は「 生きながらにして死者と変わらない状態に成ることも意味する 」としている(「幻想郷縁起」、『東方求聞史紀』)。
不老不死の一つの在り方であるが、豊姫もまた不老不死について「 寿命が無くなるという事は生きても死んでもいないという意味 」と語っている(『儚月抄』)。

月の民はかつて生命たちの生存競争によって生じる「 穢れ 」が生命の限界である寿命を生み出す事に気付いた「 賢者 」達に導かれて穢れのない月へと移住した人々であり、以後月に移り住んだ月には者たちは寿命と縁遠い存在となった。
豊姫は月について穢れのない土地としての「 浄土 」または「 死後の世界 」と同種のものであるのかもしれないとも表現している。

天子と豊姫は共に長命の身であるが、その経緯や捉え方には異なる点もある。

その他の共通点

「桃」

天子と豊姫は共に「桃」を縁を持つことにも共通点がある。
豊姫は作中で桃に愛着を示し桃を食べる様子も描かれている他、依姫とのお茶の時間には、お茶に桃の葉を浮かべている。
天子はその帽子に桃を飾り、霊力などをもたらす天界の桃を食べる身でもあるが、すでにこれに飽きている様子である。

容姿・服装・アイテム

共にロングヘアー様の長い髪をしており、頭には鍔広の帽子をかぶっている。
いずれもロングスカートにブーツという装いであり、それぞれに超常的なアイテム(天子の「緋想の剣」や「要石」、豊姫の「森を一瞬で素粒子レベルで浄化する風を起こす扇子」)も所有している。

八雲紫との関わり

天子と豊姫はそれぞれ登場した作品においていずれも八雲紫と出逢っている。

『緋想天』において天子は博麗神社を倒壊させ、さらにその再建に際して力を貸す一方で自身の一族と博麗神社とを結び付けるような細工を施したため紫の怒りを買い、結果博麗神社は再度倒壊させられている。
こんな神社、壊れちゃいなよ 」(紫、『緋想天』)

『儚月抄』において紫は月の勢力に挑み豊姫と直接対峙し、一度は豊姫の威厳に平伏したように見せつつも後にその策略によって豊姫の一枚上手を掴んだ。
さらに豊姫とのかかわりを通して、『儚月抄』やそれ以前の『東方永夜抄』、あるいはそこで語られる以前からの因縁をもち、『儚月抄』では互いに接触のないままそれぞれの知略で攻防を繰り広げた八意永琳に対しても紫らしい精神的な一刺しを与えることに成功している。
いいお酒が手に入ったの せっかくだからみんなで呑もうかと 」(紫、『儚月抄』)

天子と豊姫はいずれも紫と何らかの形で直接接触し、それぞれの形で対峙した経験をもつのである。
なお紫自身は天界や月の都の静寂は好みではないようで、「 私には都会の喧騒が必要なのだ 」と独白している。

pixivでは

東方Project関連キャラクターたちのそれぞれに関連した要素を元に設定された日付などにおいて該当するキャラクターの作品を作ろうという企画である「東方キャラの日」があるが、pixivでは天子にまつわるものと豊姫にまつわるものには重複もみられる。
それが10月4日であり、天子の日である「10月4日は天子の日」と豊姫の日である「10月4日は綿月豊姫の日」にあたる。
同日には天子と豊姫の両者がそれぞれの作品で描かれ、時にはともに描かれる事もあるなど、pixivにおける「とよてん」は「東方キャラの日」を通しても描かれる事がある。

さらに同日は豊姫とも縁の深い蓬莱山輝夜に関連した「10/4はてるよの日」とも重なっており、三名を同時に描いた作品も発表されているなど、天子と豊姫の関わりは他のキャラクターを通しても広がり続けている。

関連イラスト

無題
桃を喰らい尽くす程度の能力



関連タグ

東方Project
比那名居天子 綿月豊姫
東方Project(二次創作)
東方Projectのカップリング一覧
東方キャラの日

pixivに投稿された作品 pixivで「とよてん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3476

コメント