ピクシブ百科事典

封獣ぬえ

ほうじゅうぬえ

封獣ぬえとは東方Projectのキャラクター。初出は第12弾「東方星蓮船」EXボス。
目次[非表示]

概要

種族
出演星蓮船:EXステージボス ダブルスポイラー:Lv12被写体 神霊廟:EXステージ中ボス
二つ名未確認幻想飛行少女) 虎だったり鳥だったりする奴) 古の妖怪その1) 正体不明のアンノウンX
テーマ曲平安のエイリアン
能力正体を判らなくする程度の能力


来歴

地底に封じられていた「」という妖怪
人前に姿を現さず、人間が自分の事を怯えて姿を想像する様子を楽しんでいたが、ある時本来の姿がばれ、地底に封じられてしまい、長らく地底(旧都か?)で暮らしていた。
(しかしこれは後述のぬえの謎・矛盾点にて述べるが、一部矛盾が存在する)


だが間欠泉騒動(『地霊殿』の異変)のどさくさに紛れて地上へ脱出。
そして地下で知り合いだった村紗水蜜らが、地上で人間である聖白蓮を助けようとしているのを見て、彼女たちの邪魔をしてやろうと行動を開始。決まった姿がなく、見た人の知識で認識できる物に見えるという「正体不明の種」を飛倉の破片につけ、村紗たち以外の飛倉の破片に対する認識をかく乱させた。そして博麗霊夢たちがその正体不明の飛行物体を集め出したので、正体不明に怯えない人間に興味を持ち、接触しようとした。それがEXステージである。



ちなみに珍しく道中にも登場するEXボスであり、『星蓮船』4面・6面の道中に現れる光の球は彼女である。この時は、条件を満たすとアイテムをくれる。これは、主人公チーム星蓮船を参照)たちに興味を持っていることの表れである。

その後、村紗たちが行っていたの解放は自分にも益がある事だと知り、それを邪魔したことを後悔していた。だが聖の解放を邪魔したにもかかわらず彼女からは快く受け入れられたことで、「暫くはこの僧侶に付いていくしかない」と思うようになり、後に仏門に入り、命蓮寺で寝泊りするようになった。
ただそれまでの経緯と当人の性格や新参であることなどから、仲間内では微妙に浮いた存在になってしまっているらしい。だからといって「ぼっち」呼ばわりすると後で痛い目にあうだろう(『求聞口授』)。

星蓮船』での対戦時には、「正体不明の種」が霊夢たち人間にはUFOに見えることから、道中でベントラーアイテムを集めると表れるレッド・ブルー・グリーン・レインボーの4種類のUFOを使い攻撃してくる。

『神霊廟』にて、聖白蓮が押さえつけていた聖人・豊聡耳神子が復活することを知ったぬえは聖への恩返しと、妖怪の切り札となるような強大な妖怪を招き、“妖怪の力を強くする”という目論見から、旧友である二ッ岩マミゾウを外から呼び寄せた。
因みにこのことは聖白連には内緒で、完全なる独断である。

その後騒ぎを聞きつけて訪れた博麗霊夢たちの前に再び立ちはだかり、神子たちを復活させたせいで妖怪界隈が大騒ぎだ、と告げ襲いかかってくる。「お前はここで終わりだがな!

深秘録』では直接登場することはなかったが、実は彼女も自身のオカルトを手にして利用していたことが『鈴奈庵』で発覚。
彼女のオカルト『牛の首』とマミゾウの手下が化けた半人半牛の怪物を使って人間の里に牛の首の怪談を広め、危害を出さない程度に里の人間に恐怖を植え付けていた。
この企ては、霊夢が牛頭天皇という神が起こしたものという噂を広めたことにより失敗するが、
牛頭天皇は寺向きの神様なので命蓮寺に信者が増えるだろうと言い結果的には満足していた。

種族


平家物語』などに登場するキメラ妖怪で、サルの顔、タヌキの胴体、トラの手足を持ち、尾はヘビで(文献によっては胴体については何も書かれなかったり、胴がで描かれることもある。また、『源平盛衰記』では背が虎で足がタヌキ、尾はキツネになっており、さらには頭がネコで胴はニワトリと書かれた資料も存在するなど、統一性を見出し得ない。)、「ヒョーヒョー」という、鳥のトラツグミの声に似た大変に気味の悪い声で鳴いた、とされる。
一説には雷獣であるともいわれる。
また、出現したのは一般には平安時代後期とされるが、平安時代のいつ頃かは、二条天皇の時代、近衛天皇の時代、後白河天皇の時代、鳥羽天皇の時代など、資料によって諸説ある謎多き妖怪。

ちなみに元来、鵺とは夜に鳴く鳥のことである。
この鳥の正体は、現在ではトラツグミのこととするのが定説であり、この鳥の寂しげな鳴き声は平安時代頃の人々には不吉なものに聞こえたことから凶鳥とされ、天皇や貴族たちは鳴き声が聞こえるや、大事が起きないよう祈祷したという。現代でも、トラツグミの鳴き声をUFO襲来と勘違いし、騒動になることが幾度もある。

『平家物語』にある怪物はあくまで「鵺の声で鳴く得体の知れないもの」で名前はついていなかった。
しかし現在ではこの怪物の名前が鵺だと思われ、そちらの方が有名である。映画「悪霊島」(原作・横溝正史)の有名なキャッチ・フレーズ、「鵺の鳴く夜は恐ろしい」とはこの事である。
描写される姿形は北東の寅(虎)、南東の巳(蛇)、南西の申(猿)、北西の戌亥(犬とイノシシ)といった干支を表わす獣の合成という考えもある。

また鵺の正体は源頼政の母だという伝説もあり、頼政の矢によって命を落としたという。そこからラストスペルの名前はとられている。(恨弓「源三位頼政の弓」

「鵺」の記述は古くは『古事記』にもある。
大国主命がスサノオがいる根の堅州國から葦原中国に戻ってから少彦名命との国作りを始める前に登場する八千矛の歌の第一首、大国主命から遠くにいる沼川比売に贈られた恋の歌がそれである。
『(前略)青山に 鵺は鳴きぬ(後略)』
このような記述であり、この鵺は妖怪というよりも鳥としての鵺である。

但し封獣ぬえは後述で述べるが、怪物としての鵺とは別の存在である
上述における【種族:鵺】はあくまでも正体がわからない得体の知れない正体不明の存在である
と言う意味での鵺で用いられている可能性が高い

容姿

【ネタバレ】星蓮船EXボス
UFO!


黒髪ショートボブで右の後ろ髪だけが外に跳ねた左右非対称の髪型をしている。瞳の色は深紅。服装は、裾に赤い渦巻型の模様のある黒地のワンピースで、胸元には赤のリボンが付いている。黒のニーソックスと赤い靴を履いている。背中からは赤いのような三枚の右翼と、青いグネグネとした矢印状の左翼が三枚生えている。この奇抜なデザインの羽は絵師泣かせとして有名。手には三又のトライデントのようなをもっている。また、腕には蛇が巻き付いている。 『鈴奈庵』ではぬえは時間的に別々の二シーンで登場するが、この槍を所持しているシーンと所持していないシーンの両方が描かれている。さらに足元(どのように着地しているか、または浮遊しているのか)が不鮮明または塀の上と思しき細い場所に立ってることもあり、トリッキーな不安定感や浮遊感のような表現で描かれている。これはともに描かれているマミゾウの安定感、着地感と対比的である。

性格

どうしようもない悪戯好き。千年以上も前からその能力で人々を驚かし、脅かしてはそれを楽しんでいた。
同時に人間に対して差別的ないし恨みのようなものを持っていて、人間であるを助け出そうとする村紗たちにはいら立ちのようなものを感じていたようだ。だがそれが自身のためにもなることだと気づくと後悔し反省するなど、素直な面も持つ。一応恩義を返そうとする義理堅い面も持っているが、今の所空回りしかしていない。

能力


正体を判らなくする程度の能力
蛇になったり鳥になったりと不定形な「正体不明の種」なるものを対象に仕込み、その対象に対する認識をかく乱する能力。種を仕込まれた対象は、形状、音、匂いなど「その対象固有の情報」を奪われ、後には行動だけが残る。例えば「鳥」などは「飛行している」という行動要素だけが残る。すると「見る者」はその要素を元に自身の知識(先入観やイメージ)によって勝手に姿を補完し、「見た目」が変わるという仕組み。
例えるなら「空飛ぶ木片」は「空飛ぶ」という行動要素だけが残り、「謎の空飛ぶ物体」→「UFO」となって見える。

本来の形を知る者には効果が薄く、普通に見える。ただし補完が完全で無い場合は少しギクシャクした姿に映るらしい。


備考・その他

  • ああん」は短いながらも名台詞かわいい
  • であるため、現在の(ゲームに登場する時の)姿が本来の姿であるかは不明である。だが作中で、「正体がばれた際は、この外見では怖がられないので封印されてしまった」と本人が発言しているので、正体=今の姿である可能性が高い。
  • 東方Projectでは珍しい、公式での絶対領域持ち。


  • 余談だが、理論上の話に過ぎないが、やろうと思えば自身の性別を変えることだって可能だったりする。

スペルカード

星蓮船


ダブルスポイラー


神霊廟


二次創作

原作通り悪戯好きとして描かれるが、その時期は主に聖たちと暮らすようになってからのものが多い。その能力や戦闘力を生かし、てゐに次ぐトラブルメーカーとして活躍する。

主なカップリング相手は、

  • 聖白蓮:無知の罪を許してもらい、現在同居中。→ひじぬえ
  • 多々良小傘:ボス・中ボスの関係。性格が似通っていたり、能力が相互作用したりする。→こがぬえ
  • 村紗水蜜:地底にいたころの知り合い。白蓮復活の経緯から犬猿の仲だったり、親友だったりとその関係性は様々。→ムラぬえ
  • 二ッ岩マミゾウ:出会った頃は不明だが、かなり古くからの知り合い。ぬえが頼るほどの存在から保護者的な扱いになることも。→マミぬえ
  • 鬼人正邪:その性格、他者関係、旧い謂れとの関連、容姿(例えば矢印模様)その他多くの点で共通点が見出されており、まるで元々旧友(あるいは腐れ縁、悪友など)であったかのような相性の良さが見出されている。→せいぬえ

関連イラスト

モザイクエイリアン
封獣ぬえ
正体不明
「遊星よりの弾幕X」



関連タグ

東方Project 東方星蓮船 ダブルスポイラー 東方神霊廟
未確認幻想飛行少女 平安のエイリアン 夜空のユーフォーロマンス  命蓮寺  正体不明の種
ああん お前はここで終わりだがな!

二次創作・二次設定関連

ぬえぱい ぬえちゃ 淫獣ぬえ はいてぬえ 短髪ぬえ ツインテぬえ ぬえっちょ ぬえにゃん
今日のぬえちゃん 侵略!ぬえ娘

カップリング・グループ関連

EX三人娘
さなぬえ ムラぬえぬえむら) ナズぬえ ぬえいち こがぬえ ヤマぬえ ぬえパル ぬえ聖 ひじぬえ マミぬえ せいぬえ 頼ぬえ
ぬえチル ぬえフラフラぬえ) あやぬえ こまぬえ ぬえこい ぬえ霖
こがぬえが俺のユーフォーロマンス

EX三人娘 クレイジーカルテット EX霖

東方キャラの日

6月24日はぬえの日

ぬえの矛盾点と謎


東方星蓮船におけるキャラ設定とエクストラストーリー.txtにおいて
ぬえの項目にはこう述べられている。


(以下一部をtxtより引用)


  余りにも不可思議。
  余りにも謎に満ちた夜空を飛ぶ妖怪。
  それが彼女だ。

  幾度となく人間に退治され、その都度、姿形が異なって伝えられた。
  ある伝説では、頭が猿、体が狸、手足は虎、尾は蛇だと言われた。
  またある伝説では、頭が猫、体は鶏、尾は蛇だと言われたりもした。

  しかしそれらは全て作られた伝説である。
  本当は、彼女は人前に姿を現すことは無かった。
  人間達が怯えて、あれこれ姿を想像しているのを、遠くから見て楽
  しむだけだった。
  それが彼女の日課であった。

  それにも飽きて、長い間地底でのんびり住んでいたのだが、今年の
  初めの間欠泉騒ぎのどさくさに紛れて地上に出てきた。


(引用終り)


ここで解るのは封獣ぬえが怪物としての鵺とは別の存在であるという点と
地底に封印されたのではなく自らの意思で地底に移り住んだ事を示唆する点である

また、エクストラステージ霊夢Bルートの会話においてぬえは
「昔、正体がばれた時は大変だったわ この姿じゃ怖がってくれないから 地底に閉じ込められちゃった」
と述べているが、これは上記の引用

【人間達が怯えて、あれこれ姿を想像しているのを、遠くから見て楽しむだけだった。
それが彼女の日課であった。それにも飽きて、長い間地底でのんびり住んでいたのだが】

と矛盾するのである。

ここから考えられるのは【作者のZUNが矛盾に気付かなかった】或いは【ぬえが狂言を述べた】という事である。
なお上記のぬえの供述は霊夢Bルートにのみ存在し、霊夢Aルートや魔理沙・早苗のルートではそうした記述が全く出てこない。

【ぬえが狂言を述べた】可能性についてであるがこれには一定の説得力が存在する
霊夢は他の二名(魔理沙と早苗)とは違い、鵺という妖怪を熟知しているが故なのか、ぬえに対し

「この不吉な鳴き声は! 古から正体不明と言われてきた謎の妖怪 鵺の鳴き声!」
「地底を開放したのは拙かったわね……次から次へとおぞましい妖怪が」

と一貫して鵺の凶悪さを認識している事を示唆する言葉を発している
それに対しぬえが余興を更に添える為に、地底に封印された凶悪な妖怪が地底より復活し
地上を恐怖に陥れようとする。それを止めんとするは博麗の巫女、さて勝負の行方は?という状況になれば...
戦いの余興としては大変に魅力的なものになるであろう、という事である。

負けた後に関しても「また封印されるのはいや」という言葉を述べているが、これは封印されていた妖怪が地上を恐怖に陥れんとしている、という余興と矛盾させない為に「また」という言葉を用いたとしたならば
【ぬえが狂言を述べた】という可能性は十分に成り立ち得るといえる。
あくまでも可能性の話ではあるが。

ちなみに星蓮船エクストラにおける正史は、封印された事における記述が一切出てこない魔理沙のBルートである事も述べておきたい。


他の記事言語

Nue Hojuu

pixivに投稿された作品 pixivで「封獣ぬえ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57644103

コメント