ピクシブ百科事典

聖命蓮

ひじりみょうれん

 聖命蓮(ひじり みょうれん)とは、東方projectのSTG作品『東方星蓮船 ~ Undefined Fantastic Object.』の登場キャラクターである聖白蓮の弟。作品の設定の中で名前だけが登場するキャラクターであり、星蓮船作中では既に故人である。
目次[非表示]

元ネタ

 平安時代に作られた絵巻物「信貴山縁起」の主人公である信貴山中興の祖、命蓮上人がモチーフであると思われる。また、「信貴山縁起」ではこの命蓮のほか飛倉や、白蓮の元ネタと思われる命蓮上人の姉、尼公など星蓮船に関係の深いものが登場する。さらに信貴山にある朝護孫子寺の本尊は毘沙門天である。
「信貴山縁起」作中の命連は徒に権力・財産を持つことを嫌って帝からの報償を固辞する清廉な性格をもって描かれている。また“飛倉ノ巻”では商人を説き伏せて倉を最終的に寺に納めさせる強かさを見せている。
なお絵巻の最後では命連の遷化(死去)が暗示されている。

姉である尼公を良く慕っており、彼女から貰った衲(袈裟)をぼろぼろになるまで着続けるという一面を持つ。
絵巻の終盤では、自らも老いた身でありながら、年老いた姉のことを気にかけ、必死に旅をして彼女を迎えに行くという描写もある。

星蓮船での聖命蓮

 元ネタの「信貴山縁起」での命蓮上人同様、法力の強い霊験あらたかな高僧であったとされ、白蓮も命蓮から法力の手ほどきを受けていた。その後、姉の白蓮より先に亡くなってしまう。このことで白蓮は死を恐れるようになり、若返りの術を身につけ魔法使いとなった。その後の白蓮については白蓮の記事参照。
 『東方星蓮船』作中では、この命蓮の法力が宿った飛倉が姿を変えた聖輦船、ならびに飛倉の破片がキーアイテムとして登場する。また、エンディングでは命蓮の名にあやかった命蓮寺が白蓮の手により建立され、妖怪・人間を問わず信仰を集めている。


二次設定

これらは色々意見が分かれるため、押し付けてはいけない。

容姿

外見については特に設定が無いため、妖忌同様その風貌は絵師の想像に委ねられている。白蓮を男性化したようなイメージのイケメン、あるいはショタとして描かれることが多い。

信じ貴ばれる聖僧
聖命蓮


びゃくみょ~
聖 命蓮



生存説

  • レイラ・プリズムリバー同様生存説もある。その要因は彼自身が魔法使い化しているか、後から蘇生したかのどちらかが主。


  • 彼は昔の伝説の聖人である。しっかりと成仏した上で、天界でゆったりと暮らしているとする説もある。この説から、天子のご近所説を唱えるものもいる。東方の天界は閻魔による裁判の結果、地獄送りでも転生待ちでもない善行を積んだ者が向かうのが正規のルートのため、命蓮は十分な資格を持つのではないか?という根拠を持つ。

白蓮への態度

基本的に、モデルとなった尼公と命蓮は、互いを深く気にかけていた。

あんなに魅力的な姉が側にいて煩悩が払えるわけがない!という根拠を持って唱えられる説。白蓮の元を離れたのは、そうしないと取り返しのつかない過ちを犯してしまいそうだからとするもの。この経験のせいで、より悟りを速く開いたと主張するものもいる。

お姉さんの贈り物
雲の中の少年
峠をこえて


白蓮のブラコンぶりに辟易して逃げた説。派生型として、白蓮がゴスロリファッションで墓参りに来る悲しみを主張したり、仏教徒らしからぬ奇抜なものを供えられたりすることに絶望したりすることもある。この場合、白蓮が弟の迷惑に気づいていない場合が多い。「姉がゴスロリファッションで墓参りに来た。死にたい。」

聖姉弟+姉は童貞厨漫画


関連イラスト

飛鉢
命蓮まとめ


残念原画:白蓮さんの弟さん
ZUN繪 o˙_˙o




関連タグ

姉:聖白蓮

姉との組み合わせ:命白


魂魄妖忌 同じく設定のみの男性キャラ。

pixivに投稿された作品 pixivで「聖命蓮」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 637687

コメント