ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次[非表示]

概要

かつて存在したポケモン攻略サイト「POKeDEX250」の育成鑑定板で、ある一般投稿者がパーティの鑑定を頼んだ際、そのパーティは全て特殊アタッカーだった事を指摘した返答者のコメントが由来。
「ハピ」とはハピナスのことである。
そこから

  • パーティのアタッカーが特殊型に偏っている
  • ポケモンの種族値が特殊に特化している、または物理技を持たない
場合、この言葉が書きこまれるようになった。
また、ハピナスの進化前であるラッキーも同じような性能であるため、「ラキで止まります」と書かれる場合もある。

残念ながら「POKeDEX250」は荒らしが原因で現在は閉鎖されているため、元ネタの書き込みは現在は参照できない。

解説

ハピナスはHP種族値255、特防種族値135とという、特殊防御、いわゆる「特殊受け」に特化したステータスを持つ。さらに高速回復技「タマゴうみ」と自身のHPの1/4を用いた新たな壁「みがわり」を備えるため、特殊アタッカーは最大打点がハピナスのHPの1/4を越えられない場合、一撃でハピナスの「みがわり」を壊せなくなるためハピナスを倒せなくなってしまう=「止まってしまう」のである。
かといって一撃で「みがわり」を撃破できたとしても、最大打点がハピナスのHPの半分を越えられない場合は自身のダメージがハピナスの回復量を上回れなくなり、やはりハピナスを倒せなくなる。

第三世代に登場したラティオスが当時それほど評価されなかったのは、「めざめるパワー」(ほのおじめん)の厳選難易度、メタグロスに一致打点が通りにくかったことも然ることながら、ハピナスやカビゴンなどの特殊受けの存在も大きい。

ちなみに対策は簡単で、物理技で押せばよい。ハピナスの防御種族値はたったの10であるため、弱点のかくとう技ならば大ダメージを与えられる。ただしそれでも素のゴローニャ並みというとんでもない耐久力であるため、うかうかしていると「みがわり」で防がれたり回復されたりして返り討ちにされてしまうだろう。

再来?

現在ではポケモンGOにおいてもハピナスがジムへの挑戦者を撥ね退ける頑丈さと「サイコキネシス」の発生の速さで猛威を振るっており、「ハピで止まります」の再来と評されている。
とはいえ攻撃力は高くないため、ある程度鍛えていれば倒すのに時間がかかるだけであり、(相手が近くに居れば倒すまでに全快されるリスクはあるものの)そこまで脅威ではなくなる。

関連タグ

ポケモン ハピナス

関連記事

親記事

ポケモンネタ化 ぽけもんねたか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91067

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました