ピクシブ百科事典

カオスヘッダー0

かおすへっだーぜろ

カオスヘッダー0とは、相手に対する慈しみや愛などを知り、生まれ変わったカオスヘッダーが手に入れた新たな姿にして最終形態の名称である。
目次[非表示]

データ

身長:69m 体重:6万4千t

概要

ウルトラマンコスモス』最終回「真の勇者」、『劇場版ウルトラマンサーガ』に登場。
カオスダークネスが、コスモス・ミラクルナモードの「ルナファイナル」と地球怪獣たちの決死の呼び掛けにより浄化され、怒りや憎しみから解放されるのと同時に優しさや慈しみを学んだことにより生まれ変わった姿で、その姿はウルトラマンに酷似した美しい羽の生えた金色の巨人のような姿をしている。

この姿を得たカオスヘッダーはコスモスの説得に応じ地球から去ってゆき、その後、かつて自身が犯した罪を償うかのように、かつて悪に染まっていた頃の自身が襲撃し、更にその後サンドロスによって滅ぼされた惑星ジュランへと赴くと、サンドロスに殺害された守護獣パラスタンに変わってジュランの守護者としての役割りを引き継ぎ、『ネオユートピア計画』で移住した怪獣たちや地球人たちを見守りながら平和に暮らしているようだ。

ちなみにムサシ息子であるソラととくに仲が良い模様で、『サーガ』のエンディングでは、ソラの呼びかけに応じて優しげな表情を向けるシーンがある。またCGデザインは新たに描き起こされており、女神のようなイメージとなっている。

ゲーム『ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』においても一瞬だけ姿を見せている。
アグルガイアティガを破り暴れ回るネオカオスダークネスを浄化すべくコスモスの放ったフルムーンフレクトにより元に戻りかけていたが、同化していたメフィラス星人の悪意によって妨害された。

余談

『ウルトラマンコスモス』と『サーガ』の時と同様にすべてCGで描かれているが、デザインは新たに描き起こされており、女神のようなイメージとなっている。当初は回想シーン以外での活躍や、それに伴うスーツの製作も検討されていた。

当初、『サーガ』の初期案では、バット星人によってハイパーゼットンを強化するためにスフィアと同じく拉致され、ハイパーゼットンに取り込まれたため、ムサシとコスモスはカオスヘッダー0を救うために参戦し、終盤ハイパーゼットン(ギガント)から助け出されたがゼットンの攻撃を受けて死亡するという流れが想定されていたが、テレビシリーズのムサシとコスモスの努力が無駄になってしまう事や『コスモス』を知らない世代にはカオスヘッダーとムサシの関係性が伝わらないだろうという配慮
として没になった(『サーガ』でコスモスが終始ルナモードなのはこの設定の名残)。

また、ウルトラかいじゅうえほんの「コスモスちょうじゃ」にて観音様の役所で登場。コスモスに優しさの大切さを説くという感慨深いキャラクター造形になっている。

関連項目

カオスヘッダー ウルトラマンコスモス 光落ち 守護神

pixivに投稿された作品 pixivで「カオスヘッダー0」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4427

コメント