ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

カオスヘッダー「コスモス……わたしを包む、この想いは……?」

コスモス「この地を去ろう、カオスヘッダー。憎しみも、争いも……もう私たちに必要ない。共に帰ろう……」

データ編集

身長69m
体重6万4千t

概要編集

第65話「真の勇者」、「ウルトラマンサーガ」に登場。

カオスダークネスが、コスモスミラクルナモード「ルナファイナル」と、リドリアス怪獣たちの決死の呼びかけを受けて怒りや憎しみを捨て、優しさや慈しみを学んだことにより生まれ変わった姿。

大きな美しい翼を備え、神々しい光を放つその容貌はウルトラマンに酷似している。声色も穏やかなものになった。


この姿を得たカオスヘッダーはコスモスの説得に応じて地球を去り、その後、かつて自身が犯した罪を償うかのように、サンドロスによって滅ぼされた遊星ジュランへ赴くと、サンドロスに殺害された守護獣パラスタンに代わってジュランの守護者としての役割を引き継ぎ、『ネオユートピア計画』で移住してきた怪獣たちや地球人たちを見守りながら平和に暮らしているようだ(かつて自分が侵略した星の守護者になっていると言う事)。


どうやら、かつてコスモスと一体化していた春野ムサシ息子であるソラと特に仲が良いらしく、『サーガ』のエンディングではソラの呼びかけに応じて優しげな笑みを見せるシーンがある。


ゲーム『ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』においても一瞬だけ姿を見せている。

アグルガイアティガを破り暴れ回るネオカオスダークネスを浄化すべくコスモスが放ったフルムーンレクトで元に戻りかけていたが、同化していたメフィラス星人の悪意によって妨害されてしまった。


余談編集

『サーガ』でもフルCGで描かれているが、デザインは新たに描き起こされており、より女神のようなイメージとなっている。当初は回想シーン以外での活躍や、それに伴うスーツの製作も検討されていた。


『サーガ』の初期案では、バット星人によってハイパーゼットンを強化するためにスフィアと同じく拉致され、ハイパーゼットンに取り込まれたため、ムサシとコスモスはカオスヘッダー0を救うために参戦し、終盤助け出されたもののハイパーゼットンの攻撃を受けて死んでしまうという流れが想定されていた。

しかし、該当シーンの撮影自体は済んでいたものの、テレビシリーズでのムサシとコスモスの努力が無駄になってしまうことや『コスモス』を知らない世代にはカオスヘッダーとムサシの関係性が伝わらないだろうという配慮から没になった。『サーガ』でコスモスが終始ルナモードなのはこの名残である。


また、「ウルトラかいじゅうえほん」シリーズの一作『コスモスちょうじゃ』では観音様の役で登場。コスモスに優しさの大切さを説くという感慨深い役どころになっている。


関連項目編集

ウルトラマンコスモス コスモス怪獣 ウルトラ怪獣

光落ち 守護神

カオスヘッダー

関連記事

親記事

カオスヘッダー かおすへっだー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12396

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました