ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

三沢広之

みさわひろゆき

三沢広之とは、特撮テレビドラマ『ウルトラマンネクサス』の登場人物である。
目次 [非表示]

「大人しく我々と戻りたまえ!」

「君にとってはその方が楽かもしれないなぁ?」


演:竹内義人

概要

地球解放機構TLTの一員であり、人々の記憶からスペースビーストに関する情報を消去する部署・メモリー・ポリス(M・P)に所属する男性。

M・Pの最高責任者である首藤沙耶チーフに仕え、彼女の右腕として行動することが多い。


初登場回のEpisode.11では、斎田リコの検査結果が異様な数値を示した(彼女の肉体が既に死亡していた、あるいは彼女がデュナミスト適性を持っていた)事を首藤に報告したほか、首藤が孤門を気遣ってリコの住所を教えた際には、彼女の立場を案じる様子を見せた。


また、Episode.13やEpisode.16では溝呂木眞也の策略で戦意を失った主人公・孤門一輝を尾行し、彼がTLTから離反する事態に備えて監視していた。しかし、溝呂木の闇の力や根来甚蔵の奇策に翻弄されて孤門を取り逃してしまっている。


劇中で三沢のプライベートな部分は全く描かれておらず、視聴者からの印象は良く言えば「寡黙で職務に忠実な典型的TLT隊員」といったところ。ただし、(職務上致し方ない事だが)高圧的な態度を取ることが多く、何故か孤門に対しては嫌味な言葉を吐くことがあった為、悪役のように感じた視聴者もいた模様。


他のM・P隊員と比べても、冷徹な態度を保ちつつも要所で優しさや葛藤を垣間見せる首藤、千樹憐編におけるヒロインとして登場した野々宮瑞生に比べて個性的な人物とは言い難く、悪く言えばM・Pの冷徹さと横暴さ・胡散臭さを強調するためのモブキャラとしか言いようがない人物だったのだが……












以下、Episode.32以降のネタバレ注意










「三沢です。機関室にて、逃亡中のターゲットを確認。これより追跡します。」













「お前は...うわあああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!














「溝呂木眞也……そいつの役目は終わった。これからは、俺が奴に代わって、この世界を闇に塗りこめる!」


実は彼もデュナミストの素質を持っていたようで、Episode.32冒頭にて牢獄から脱走した溝呂木を追跡しようとしたところ、唐突にアンノウンハンドの襲撃を受け、強大な闇の力で洗脳を施されてしまう。


アンノウンハンドの傀儡と化した三沢は、用済みになった溝呂木を背後から狙撃。自身が溝呂木に代わって世界を闇に染める事を宣言すると、ダークエボルバーの力で第三の闇の巨人ダークメフィスト・ツヴァイへと変身し、その場にいた孤門、瑞生、西条凪を襲撃した。


駆け付けた千樹憐ウルトラマンネクサスに変身して応戦したものの、ツヴァイはメフィストクローを駆使した圧倒的な戦闘能力を披露。撃墜したジュネッスブルーから光の力を吸収し、より強大な力を得ようと目論む。


しかし、溝呂木が光の力でダークメフィストに変身するという奇跡を起こしたことで戦況は一変。闇の力を得る以前から戦闘経験豊富だった溝呂木に対し、民間人相手の任務が多かった三沢は戦闘経験が乏しかったせいか、格闘戦で圧倒されてしまう。


窮地に陥ったツヴァイは卑劣にも、変身前に狙撃で傷つけた部位を攻撃してメフィストの動きを封じ、その隙にメフィストクローを相手の腹部に突き刺して致命傷を与えたが、メフィストは自らの身体に突き刺されたクローを利用してツヴァイを拘束。再起したジュネッスブルーに対し、自分諸共ツヴァイを倒すよう要請する。憐は思わぬ申し出に戸惑ったが、溝呂木の決意を信じてアローレイ・シュトロームを発射。羽交い絞めにされたツヴァイはかわす事も出来ずに身体を射抜かれ、大爆発を遂げた。


戦闘後、溝呂木は変身を解除され、愛する凪に看取られて息絶えた。その一方、三沢は人間の姿に戻る事も出来ずに消滅。(放送短縮の影響で尺が無かったせいか)首藤や瑞生からその死を悼まれることもないまま物語から退場した。


溝呂木の遺言によると、三沢もまたアンノウンハンドに操られた犠牲者であり、洗脳後の傲慢かつ卑劣な言動も心の闇を利用された影響だったらしい。実際、黒幕からは計画のための駒として当初から目をつけられていたようで、Episode.32ラストシーンでは謎の男が三沢と溝呂木のデータを抹消し、ほくそ笑む様子も描かれている。彼にとっては用済みの溝呂木を消す目的に加え、手駒を増やしつつネクサスに負けても己の復活の糧になる光の力を強化する経験値になるという非常に都合の良い存在であった。

そう考えると、誰からも省みられなかった三沢の最期は、他の暗黒適能者たちよりも悲劇的だったと言えるかもしれない。


余談

演じた竹内義人は石堀光彦役のオーディションにも参加していた。


番組開始当初のシナリオにダークメフィスト・ツヴァイの登場予定はなく、路線変更の末に登場が決定し、同時に急遽三沢が変身者として抜擢されたという噂がある。悪役とはいえ、考えようによってはモブキャラからの大出世とも考えられなくはない。


Episode.32は「三沢が唐突にアンノウンハンドに洗脳され、ダークメフィスト・ツヴァイに変身するも、たった一話で敗北・退場する」という駆け足気味な展開になったが、溝呂木役の俊藤光利氏はインタビューで「(Episode.32は)絶対収まらないのを分かってバンバン撮っていた」、「是非ディレクターズカット版を出してほしい」と語っているので、本来は三沢の死に対する首藤や瑞生の反応も撮影されていたのかもしれない。


椎名高志によるコミカライズ版・第10話では、全ての適能者、暗黒適能者が集結して孤門を激励するシーンがあるが、コミカライズ版にダークメフィスト・ツヴァイは登場していない為、当然ながら三沢も登場することは出来なかった。そもそも三沢自身も描かれていないので、巻末の主要キャラが勢ぞろいしたイラストでもハブられている。


2021年の後半頃から三沢広之の素材を使った動画がニコニコ動画等で投稿されるようになった。

関連項目

ナイトレイダー デュナミスト

ダークメフィスト・ツヴァイ アンノウンハンド

工藤ヒロユキウルトラシリーズの名前繋がり

関連記事

親記事

メモリーポリス めもりーぽりす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4122

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました