ピクシブ百科事典

ノアの神

のあのかみ

ノアの神とは、第7話「バラージの青い石」で登場した石像。ウルトラマンそっくりの姿をしているが…。
目次[非表示]

概要

中近東にあるバラージ王国のチャータムの王宮に安置されていた石像で、5000年前に王国がアントラーの出現により壊滅の危機に瀕した際に出現、アントラーを撃退し、王国を救ったとされる。その際にアントラーの弱点である「青い石」が納められ、これは後にアントラーが再び出現した際に使用され、アントラー撃破に大きく貢献することとなった。

ウルトラマン』とは違う世界が舞台の『ウルトラマンマックス』でもその存在と青い石に関する言及がなされている。

正体について

その正体については最後まで明かされることはなかったため不明。
初代ウルトラマンとそっくりな姿をしていたことから、少なくともウルトラ戦士であったことは間違いないと思われるが、それが誰だったのかについては諸説ある。

ゾフィー

もう誰にもヘタレなんて言わせない


宇宙警備隊隊長のゾフィーであるとする説。実際、真船一雄氏の漫画『ウルトラマンSTORY0』ではこの設定が採用され、かつて地球を訪れ、アントラー撃破のために奮戦したゾフィーの姿を元にしていることが示唆されている。
この作品自体はテレビシリーズとはやや設定が異なる部分があるパラレルの世界を舞台にしている為、確定的な説であるとは言えないものの、宇宙警備隊が今から3万年前に設立されたことを踏まえると、(ゾフィーであったかどうかはともかくとして)初代マン以前にも何らかの理由で地球を訪れていた宇宙警備隊員がいたとしてもなんら不思議な話ではない。ゾフィーやジャックなどの例を見るに、初代マンとそっくりな容姿をしている戦士は他にも大勢いるようなので猶更である。実際、『ウルトラマン80』でも今からおよそ3000年前にも80そっくりの戦士が地球を訪れ、怪獣タブラを封印したことが語られている。

初代ウルトラマン本人説

「もう大丈夫、来てくれたよ」


先述した通り、ウルトラ戦士は過去に幾度か地球を訪れており、最終回でゼットンに敗れたウルトラマンは「私はもう2万年も生きた」と語っているので、初代マン本人が地球でアントラーと戦っていた(が、昔すぎてうろ覚えになり、自分が遺した青い球の存在を忘れていた)と言うことも十分考えられる。実際、学年誌では「タロウを引率して大昔の地球に遠足に来たので、現代に久々に地球に来た時には変わりように驚いた」などと書かれている。


ウルトラマンノア

絆・・・nexus


ごく最近になって提唱されるようになったもので、全宇宙を守護するウルトラマンノアであったとする説。
ノアは時空を超越する能力を持っていることから、『ウルトラマン』と『マックス』の両方の世界でその存在が語り継がれていたとしても不自然ではない。ノアの超絶的な戦闘力をもってすれば、アントラーを倒すこともさほど難しくはなかったであろう。
ただ、ノアの神の顔とウルトラマンノアの顔を比較すると最早別人とも言えるほどの差異がある上、ノアの神にはウルトラマンノアのノアイージスに相当する部分が見当たらない(これは現実、例えば歴史上の人物の像や絵についても、よくあることではあるが)。また、ノアはよほどのことがない限り事態に干渉しないというスタンスを取っている為、地球という一介の惑星で怪獣が暴れていた程度で手を貸したかと言われるとやや疑問が残るところではある。
メタ的な話をするとすれば、ウルトラマンノアというキャラクターを創造する際に、このノアの神がモチーフの1つになった可能性はあるだろう。実際、『ベリアル銀河帝国』では世界を救う秘宝"バラージの盾"と共に伝説の存在として語り継がれており、バラージ神殿にノアを象った像が祭られているという、「バラージの青い石」へのオマージュとも言える描写がある。

関連項目

ウルトラマン バラージ アントラー

pixivに投稿された作品 pixivで「ノアの神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105

コメント