ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「纏うは水! 紺碧の海!!」



概要編集

ウルトラマンギンガの力が宿ったルーブクリスタル

初めてルーブジャイロを手にいれた時からタロウクリスタルとともに兄弟が所有している。


これをルーブジャイロにセットすることでブルアクアロッソアクアに変身することができる。


またルーブスラッガーにセットすることで、ロッソなら「クロススパークシュート」、ブルなら「ギャラクシーセイバー」が使用できる。







圧倒的違和感編集

ウルトラマンR/B』の情報が出回って来てから散々ツッコまれたことではあるが……。


他の属性(電気など)は持っているものの、水の技を持たず水中戦も行ったことがないギンガがなぜ水属性なのかとはおそらく誰もが疑問に思うことだろう。


もっとも、他のタロウ、ティガ、ビクトリーのクリスタルも本人たちの使用技の属性を持っているかといわれるとそうでもなく、タロウはウルトラダイナマイト、ファイヤーダッシュ、光の国が凍結された際に最後の光を残す際に体に炎を纏った程度、ビクトリーも地底世界出身なだけで土系の技は使っていないし、ティガはクリスタルのマルチタイプではなくスカイタイプの要素が反映されるなど、「ぶっちゃけただの属性でもできたし歴代要素いらなくね?」という声も存在するが、それでもある程度はこじつけができるのに対し、ギンガクリスタルの場合はこじつけもできないレベルである。


、ルーブクリスタルナビではギンガクリスタル以外のクリスタルにはきちんと「〇(属性)の力が宿ったクリスタル」と言った趣旨の解説があるのに対して、ギンガのクリスタルの場合はそれを使えばアクアの形態に変身できるとしか言及されなかった。そのため、ギンガクリスタルだけ特異性が余計に目立つ。


おそらく子供の認知度対となるタロウと関連があるのが選ばれた理由と思われる(一応銀“河”や“水”晶、『ギンガ』の放送日が「水」曜日だったからという要素もある)。また現状本編での使用が確認されているルーブクリスタルに描かれたウルトラ戦士がクレナイ・ガイが所有しているウルトラフュージョンカードのものと一致しているため、その中からギンガが選ばれた可能性もある。



そうだとしても海のウルトラマンであるウルトラマンアグルの方が間違いなく(「紺碧の海」という口上への対応も含めて)しっくりくるし、アグルの認知度上げの目的でアグルを選ぶべきだったと考えるファンもいる(ルーブのさきがけといえるオーブの外伝作品でもアグルは登場しているし、しかも「紺碧の海」というフレーズから『R/B』放送直前のオーブクロニクル最終回でもアグルが堂々と紹介されており、ますます納得しがたい状態になっている)。


なにしろ、『R/B』放送年の2018年は『ウルトラマンガイア』20周年でもあるし、『R/B』という作品の設定にもガイアやアグルを彷彿とさせるものもあるし……。


「サブトラマンだから単体だと扱いにくい」といった声も存在するが、前作のジードではメビウスが未登場ながらヒカリの力が使われており、ただでさえ出番の少ないアグルを知ってもらうという意味でも適任だとする声も存在する。



ギンガが今後水属性の技を使えばとりあえず納得するという意見もあるが、既に主役の役目を終えたギンガが今さら新属性技を編み出すという可能性はかなり少なめと言えるため、現状は違和感がありまくりの属性と言える。とはいえ、近年では『ウルトラギャラクシーファイトシリーズ』で新たな技を披露する戦士もおり、ギンガの出番も多いため、可能性はゼロではない。


余談編集

なお、ギンガの全身の発光体の名称も「ギンガクリスタル」である。


因みに偶然ではあるが、ギンガの声を担当した杉田智和別の作品湊みおの父親役で出演している。


関連記事編集

ウルトラマンR/B

ブルアクア ロッソアクア

関連記事

親記事

ルーブクリスタル るーぶくりすたる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4924

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました