ピクシブ百科事典

さそり怪獣アンタレス

さそりかいじゅうあんたれす

別名「さそり怪獣」ともいわれるウルトラマンレオに登場する宇宙怪獣の一種。
目次[非表示]

データ

登場作品:『ウルトラマンレオ
第14話『必殺拳!嵐を呼ぶ少年』

  • 身長:1.4~56m(尻尾の全長は80m) 
  • 体重:170kg~3万t
  • 出身地:外宇宙
  • 人間態(演):川代家継

概要

あらゆる物に変身できる能力を持つとされる好戦的かつ高い知性を兼ね備えた宇宙怪獣の一種にして、拳法達人

のような姿をしており、両手両足、そして長い尻尾には、あらゆるものを引き裂くとされる鋭い切れ味のが付いている。尻尾には猛毒も含まれており、その一振りは富士山の五合目から上を斬り飛ばせる威力を持つとされ、火炎放射も可能。両目からは強力な破壊力を持ったショック光線を発射することが出来る。
頭もよく、相手の両腕を鋏で両足を踏みつけて抑え込んでから、目から発射するショック光線で相手をひるませた隙に、背後から尻尾で殴りつけて打ち倒す戦法を得意としている。ちなみにこの戦法は後述する尻尾を隠した人間態時の姿でも使用可能であり、猛スピードで繰り出されるその攻撃は並の動体視力では見ることが出来ない為、正体を悟られる事は無いようである。
また、撤退時にはを放出して姿を消す。

ウルトラマンレオを倒して名を上げるためレオに挑戦し、一度は彼を敗退させる。この時、尻尾による攻撃をダンに阻害されたが、それでもレオの肩に大きなダメージを与えた。
そして「完全に止めを刺すことが出来なかったため、このままではおちおちと暴れ回ることが出来ない」という理由から、自身の攻撃の対抗策を身に着ける前に完全に止めを刺そうと考え、空手少年の姿に化け城南スポーツセンターに道場破りを決行し、彼を抹殺しようと暗躍するが、丁度その時ゲンが不在だったため未遂に終わる。
その直後に怪獣形態で暴れ回り、MACの戦闘機を火炎放射攻撃で撃墜し、乗っていた隊員を殉職させた。

後日改めて再び少年の姿でスポーツセンターを訪れゲンを指名し対決するが、猛特訓の末に尻尾による必殺攻撃の対抗策を既に得ていたゲンに敗れてしまい、スポーツセンターから逃走し正体を曝して襲い掛かる。しかしもはや自身の最強必殺技の対抗策を編み出したレオの敵ではなく、完全に尻尾からの攻撃を見切られ、逆に尻尾を切断されてしまい、更にその尻尾で自身のをぶった切られる。
それでもその首を抱えてレオに迫るという執念を見せ付けるが、力尽きて爆死した。

人間の姿でも言葉を話さず、終始「エ゛ーイ」という(少年らしからぬ低音の)掛け声しか言わなかった。

内山まもる

『小学二年生』掲載版に登場。
実は友好的な怪獣であるが、「の仇」と思い込んでいたレオを抹殺しにかかる。実はこの「兄」はマグマ星人に殺されていたのだが、アンタレスは「兄」がレオと決闘(実はただの試合)を果たした日に謎のを遂げ、直後に母星にマグマ星人が進行を遂げたことから、レオとマグマ星人がグルであると思い込んでいたのである。
東京で巨大化しレオと戦っていた所を見たマグマ星人は好機とばかりにアンタレスの背後から襲いかかり、二人とも田楽刺しにしようとするが、レオがすんでのところで庇ったために、アンタレスは真相を知ることとなる。

「その通り! アンタレスの兄貴を殺したのはこのおれよ!!」

卑劣なマグマ星人は肩を負傷したレオにとどめを刺そうとするが、そこに割って入ったのはアンタレス。悔悟と反省を口にしながらも息も絶え絶えとなったアンタレスはサーベルを掴み、仇敵マグマ星人へと襲い掛かる。しかし傷は深く、マグマ星人には逃げられてしまった…。
物言わぬアンタレスのを抱え、レオは無限に広がる宇宙へと彼を弔うために向かうのだった。

関連イラスト

さそり怪獣 アンタレス



余談

着ぐるみはリットルに改造された。

関連タグ

ウルトラマンレオ ウルトラ怪獣  アンタレス 道場破り

pixivに投稿された作品 pixivで「さそり怪獣アンタレス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 585

コメント