ピクシブ百科事典

柴田勝頼

しばたかつより

柴田勝頼は日本の男性プロレスラー、総合格闘家

1979年11月17日生まれ
熊本県生まれ、三重県桑名市出身。
(母の郷里である熊本県で生まれた。父親〈下記参照〉は三重県桑名市出身。)

父親は大相撲力士出身のプロレスラー(東京プロレス⇒日本プロレス新日本プロレスに在籍)、レフェリーであった柴田勝久(1943年 - 2010年)

中学時代は、バスケットボール部に所属。高等学校時代は、「体を鍛えたい」という一心で、柔道レスリングのどちらかを始めようとした結果、レスリング部に入部。
この時の同級生に後藤洋央紀がいた。
1997年の全国高校生グレコローマン選手権81kg級に出場、2回戦で中邑真輔に敗れている。
高校の恩師が永田裕志の後輩で、四日市で新日本の試合がある時に石澤常光(現:ケンドー・カシン)と一緒にレスリングの練習を見に来てくれるなど、プロレスラーと接触する機会が多く傾倒していく

レスリングの推薦で進学が決まっていた謝罪して取り消し新日本プロレスの入門テストを受け入門。

1999年7月の札幌大会で当日に突然「オマエら靴(リングシューズ)持ってるか?」と聞かれ、急いでホテルに取りに行って、何とか間に合ってそのままプレデビュー戦に挑んだ。
10月10日、井上亘戦で正式デビュー。ヤングライオン時代はその井上と共にジュニアヘビー級の路線に割って入り、IWGPジュニアタッグ王座に挑戦している。
またシングルでも当時ケンドー・カシンが保持するIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦している。
2003年より魔界倶楽部入りし、魔界4号 として活動、ファイトスタイルは蹴りを主体としたスタイルへと変貌し、以後はヘビー級レスラーとして活動をしていく。
この時期天田ヒロミとK-1ルールで対戦。2004年K-1戦士・武蔵とも異種格闘技ルールで対決して共にKO負けしている。
2004年初め頃から会社側の意向で、柴田・中邑・棚橋弘至の3人が「新・闘魂三銃士」と呼ばれるようになるが、3人共にこのプランにあまり前向きではない反応を示し、特に柴田は「俺を新三銃士で括るな」と頑なに拒絶。

2005年1月、新日本プロレスと3度の契約更改交渉を行うも決裂、1月31日付で退団、翌週に元新日のフロントだった上井文彦の興行会社ビッグマウスと契約を結んだ。
2005年8月、ビッグマウスとは7月末に契約を満了し、8月からは関連会社で村上和成が代表を務めるビッグマウス・ラウドに移籍をしたと発表。
2006年8月20日をもって、ビッグマウス・ラウドを退団、フリーランスの形態(柴田曰く「これから全て責任を取る」)で他団体に参戦していく意向を明らかにした。
その後プロレスリング・ノアで1回参戦。
2007年3月1日、本格的に総合格闘大会HERO'Sへの参戦を表明。また船木誠勝とともにチームARMSを発足させた。
2011年12月31日、DREAM&IGFの合同興行「FIGHT FOR JAPAN ~元気ですか!!大晦日2011!!」に桜庭和志と共に参戦し、5年ぶりにプロレスルールで試合。

2012年8月、新日本プロレスが主催するG1 CLIMAX最終戦、両国国技館大会にスーツ姿で登場。お面を被った桜庭と共に新日本に対して「ケンカ、売りにきました。」と宣戦布告とも言えるマイクアピールを行った。
2013年9月、WRESTLE-1の旗揚げ戦に参戦。
同年12月7日、7年ぶりにプロレスリング・ノアに参戦。
2014年、自身が新日本に回帰したことに対して猛反発の姿勢を見せていた棚橋と抗争を開始。
7月から開幕したG1にて棚橋、中邑から勝利。
DESTRUCTION in KOBEにて再び棚橋と対戦しハイフライフローに敗れた。試合後に棚橋の許へ歩み寄り、額と額を合わせると、「新日本を守ってくれてありがとう」と握手を交わして電撃和解を果たした。
以降は新日本プロレスの巡業にフル参戦する。
2017年4月9日、柴田はSAKURA GENESIS 2017にてオカダ・カズチカと対戦し、38分を超える壮絶な打撃戦の末にオカダのレインメーカーに敗れた。試合後、柴田はふらつく足取りでバックステージに退場し、コメントブースに向かう途中で倒れ込んでしまい救急車で都内の病院に搬送された。検査の結果、柴田は急性硬膜下血腫と診断され、10日未明に処置のための手術をうけた。

pixivに投稿された作品 pixivで「柴田勝頼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3640

コメント