ピクシブ百科事典

ルクー

るくー

ルクーとは、ウルトラマンガイアに登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

身長52m
体重4万8千t
別名守護獣
出身地ウクバール


概要

ウルトラマンガイア第29話「遠い町・ウクバール」に登場。
正式名称は「ルクーリオン」で、架空の街である空中都市「ウクバール」の頂点に立っている守護神のような存在とされる。
頭部にはが無い代わりに不思議な音を立てて回転する球体が存在しており、シンバルのような足音を立てて歩く。

何の変哲もない穏やかな性格をした配送業の中年男性、永田。彼は武蔵野出身にも関わらずおとぎ話のような街ウクバールが故郷だと自称する。
ルクーは廃墟となった彼の生家に飾られているカレンダーに描かれた架空の生物と同じ外見をしている。

「ルクーが迎えに来る夢を見た。俺、ウクバールに帰るんだ。」と嬉しそうに語る永田に応えるかのように不思議なの音と共に出現。
攻撃性は無いが怪力の持ち主で、V2になったウルトラマンガイアの制止をものともせずに永田の元へ向かおうとする。
ウルトラマンガイアのクァンタムストリームを受ける直前にウクバールのサイレンが鳴った(永田には空に浮かぶウクバールの姿が見えていた)ため、「ウクバールではサイレンが鳴るとみんな家路につく」という永田の言葉通り静かに消滅し、それと同時に永田も忽然と姿を消した。

ウクバールが本当に存在したのか、ルクーの正体は何だったのか、そして永田がどこへ消えたのかは不明である。ただし、XIGの吉田隊員は、永田は本当にウクバールの住人で、ルクーに連れられて帰って行ったのかもしれない…と考察している。

なお、戦闘機のビームの直撃を受けてもダメージを一切負わないどころか何の反応も示さなかったり、町中を平然と歩いているのになぜか町が破壊されている様子が一切無かったり、ルクーが映るカットのみ、映像が幻想のようにぼやけている演出が施されているなど、実体の存在しない幻のような存在であることを示唆する描写もあるが、真相は不明。

リアル志向の強い作風のウルトラマンガイアの中でも、この第29話は異彩を放っており、『ウルトラQ』のような、「日常に垣間見える奇妙な非現実」を描いた少し不思議なお話となっている。

ウクバール

永田が語っていた空中都市で、永田の家のカレンダーに描かれていた空に浮かんでいる都市。
永田曰く

  1. 何時もが吹いており、空には大きな風車が並んでおり、風が吹くたびにカラカラ音を立てて回っている。
  2. 階段がなく、塔に出入りするときは梯子を使う必要がある。
  3. 楽団があり、太鼓の音がする。
  4. の中に入ってしまうときがある。
  5. 西風が吹くとサーカスがやってくる。
  6. 時計がなく、夕方5時になるとサイレンが鳴る。すると大人は仕事を止め、子供は遊ぶのを止めて家路につく。
といった街らしい。
ちなみに、イラクアルジェリアにも同名の都市が存在する。

余談

  • 脚本を担当した太田愛は当初はブリキの玩具のような外見を想像していたらしい。
  • 着ぐるみは後にΣズイグルに改造された。
  • 永田の家にあったウクバールのカレンダーは、1966年…そう、ウルトラマンが放送された年である。今でも多くの人々にを与えているウルトラシリーズ、そして永田が夢見るきっかけとなったのは1966年のカレンダーといった繋がりがあるのだ。
  • 前述の通りルクー登場回はガイアらしからぬストーリーだったがこの回の脚本を担当したのは実相寺昭雄氏ではない。


ウルトラ怪獣擬人化計画

ルクーリオンちゃん


『ウルトラマンガイア』のBlu-ray BOXの発売を記念して擬人化され、サタンビゾーと共に発表された。
正確には「ルクーリオンさん」。ちゃんと正式名称で呼称されている。

デザインを手がけたのは、ペギラ異次元列車のデザインも手がけた今泉昭彦氏。

発表された立ち絵では、小さくデフォルメされたウクバールにちょこんと座っており、街のトレードマークである風車を手に持って、ぼーっとどこかを眺めている様子が描かれている。全体的に幼い姿にデザインされていることもあり、その様子は見ていると実に和む。

関連タグ

ウルトラマンガイア ウルトラ怪獣 玩具 守護神

pixivに投稿された作品 pixivで「ルクー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5259

コメント