ピクシブ百科事典

カミさま

かみさま

カミさまとは、ペーパーマリオオリガミキングに登場するキャラクターである(画像はカミさまの内の1柱、水ガミさま)
目次[非表示]

曖昧さ回避

他の作品の登場人物などについては、

などを参照してください。

概要

ペーパーマリオオリガミキングに登場するボスの一種で、「」「」「」「」を司る4柱の土地神的な存在の聖獣

古代キノピ王朝やてんくうスパーランドに関係する建物にも彼らの像が祭られている事から、長い時を生きていたと推測できる。
本作の世界では伝説上の存在として、各地に構えられた寺院や神殿などに祀られており、自分たちは一般人が認知していないそれらの奥地で静かに過ごしていた。

だが、その力を探し求め奪ったオリー王により、本編開始時点では巨大なオリガミに改造されて理性を失ってしまっており、等しく遺跡へやって来たマリオに襲いかかる。
その為、オリガミにされる前の姿がどういったものかは不明。

倒すと自身の折り方を記した書物になり、これをオリビアがマスターしてオリビア自身がカミ様に変身する事でマリオに力を貸せる様になり、専用の魔法陣を発動する事で力を発揮する。
戦闘においても、通常戦では魔法陣を持ったオリガミ兵を倒す事で次のターンで敵全体に大ダメージを与える他、ボス戦ではある場面で使用する事でボスの大技を封じたり隙を生じさせたりする。

なお、オリビアが変身したカミさまは、顔にオリビアの目が付き、頭にはオリビアの頭(一応姫なので多分王冠)を模した二本角が生えてくる。
オリー王も最終決戦でカミさまに変身でき、この時は体の色が紫になっており、頭にはオリー王の目や王冠、前髪が付いている。

カミ様一覧

土ガミさま

ピクニックロードの「土ガミ寺院」に祀られる、「」を司る最初のカミさま。モチーフは
硬い甲羅による防御力と、鋭い爪や大地を操る力による攻撃力から、非力なノコノコ達から信仰されており、寺院の各所に古代のノコノコが作ったレリーフが飾られている。
寺院なだけあって内部はアジア風な作りになっており、観光客向けに賽銭箱にコインを入れる事で土ガミさまの生態や弱点を解説してくれる。
しかし、奥の方では動く足場に針山、火を吹き出す「かいてんコウラ」が侵入者を阻む。中には即死トラップもあるため、一般人には危険すぎて立ち入りできない(そう考えると、手作りレリーフで道を塞いだ管理人の判断は正しく思える)。

最初のボスだけあってボス戦のチュートリアルも兼ねており、余程ひねくれ者なプレイヤーでなければ苦戦しない。

戦闘では、背中の硬い甲羅によりジャンプ攻撃があまり効かない(微弱だがダメージを与えられるので、ジャンプでゴリ押す事はできるが、オリビアの説明通りにやった方が消耗が少ないし、楽である)。
そのため、甲羅から露出している頭や手足、尻尾をハンマーで攻撃し、攻撃された部位はダメージ量に関係なく攻撃されると引っ込んでしまう。
攻撃手段は、頭が出ている時は口から砂を3回吐き出す『サンドブレス』を使ってくる。頭を引っ込ませると、手足が残っている場合は爪や地震で攻撃し、尻尾のみ残っていると『テイルアタック』で攻撃するが、どちらもサンドブレスに比べると威力が低い。そのため、サンドブレスを封じるために先に頭を引っ込ませるのも手である。

また、尻尾が弱点であり、ここを攻撃すると大ダメージで悲鳴をあげ、残った手足や頭を引っ込ませる事ができる。
短期戦を望むなら、オリビアのチュートリアルが終わったら真っ先に尻尾を叩くといい。

尻尾を叩いて甲羅に引っ込ませると、『ふきとばし』でマリオをステージ外周へ追い出し、力を溜める。この状態だとジャンプやハンマーが通用しなくなる上に数ターン後にステージ全体を攻撃する大技『だいじしん』を使ってくる。そのため、最後はカミの手でトドメを刺す必要がある。

オリビアが土ガミさまの力を使うと、地面を盛り上げたり、逆に盛り上がった地面を盛り下げる事ができる。
戦闘中ではマリオを土壁の上に立たせ、敵全体を『だいじしん』で攻撃する。更に、土壁に乗っているマリオには、敵からの(飛行タイプや一部の飛び道具、大ジャンプによる攻撃を除く)攻撃を無効化できる。ただし、だいじしんは地面属性故、飛んでいる相手には効果がない点に注意。

オリー王が変身した際は、初めから大技の体勢である事により、尻尾を叩いても止まらないため、氷ガミの能力で動きを止める必要がある。

アートギャラリーではナマズ髭を生やしたノコノコみたいな姿や、某大怪獣を彷彿とした姿のデザイン画が描かれている。

水ガミさま

モミジ山の「水ガミ神殿」に祀られる、「」を司るカミさま。モチーフはドラゴン
青い体に、背中に翼が生えたドラゴンの姿をしており、巨大な渦巻きを発生させたり、口から大量の水を吹き出す事ができる。
また、空を飛んでいるため、当然ながらハンマーや地震攻撃が効かない。カミの手すらもヒラリと避けてしまう。

水ガミ神殿は重要指定文化財になっており、中に入るには入り口の近くの地面にある2つのスイッチを同時に押さないといけない。そのため、神殿に入るにはボム平の協力が必要である(オリビアは浮いているのでスイッチを押せない)。
内部にはスライドパズルによる謎解きがあり、解けない場合はコインを払う事でヒントや答えを自動的にやってくれる、パズルが苦手な人には親切な仕様である(おまけにどの方法を使っても、パズルが完成すると大量のコインが貰える)。

戦闘では自身の周りにうずまきを召喚し、うずまきがある縦一列のパネルを『あらいながし』で掃除してしまう。そのため、必要なパネルはうずまきがある列に置かないこと。
ただし、これを逆に利用すれば、ルート設定に邪魔になるパネルも洗い流せる。どうしても狙ったルートを通れなさそうな時は、一計するのも手である。
体力が減ると渦の量が増えてルート決めが厄介になるが、システム上マリオの正面には決して渦が発生しないため、欲張らず必要最低限のパネルで直通ルートを組めば失敗は減らせる。

ただし、上述の通り水ガミさまは常に飛んでいるためハンマーや地震攻撃などが通用しないため、飛んでいる水ガミさまを地上へ踏み落とす必要がある。
行動回数増加パネルを利用すれば、踏み落とした水ガミさまに強烈な一撃を叩き込む事により、ダメージを重ねる事ができる。

水ガミさまは飛行時は『ひこうかみつき』、地上では『はねビンタ』で攻撃するが、ターン終了する度にステージ外の大渦から水を吸収して体を膨張させる(なお、どんなに膨張しても、飛んでる間はハンマーや地震攻撃は届かない)。
最大まで膨張すると、体内の水を一気に吐き出してステージ全体を津波で攻撃する大技『ビッグウェーブ』を繰り出してくる。その威力はガードしても50くらいのダメージを負うほど強力
しかし、ビッグウェーブを繰り出した後はぐったりして隙だらけになるため、土ガミの能力で高台に避難して津波をやり過ごす必要がある。
さもなくば、次からは『メガウェーブ』、『ギガウェーブ』と強力になっていき、ダメージが増えていくからである。

オリビアが水ガミさまの力を使うと、口から水を吐き出して干上がった川を元に戻したり、火を消す事ができる。
戦闘ではマリオを背中に乗せて飛び、ビッグウェーブで敵全体を攻撃し、燃えている敵を鎮火させる事ができる。だが、後のボス戦にハズレの魔法陣として置かれる事もあり、やや扱いが悪い。

オリー王が変身した際は、初めからギガウェーブの体勢であるため、水ガミさま戦と同じ方法で回避し、隙だらけなところを叩き込むべし。
また渦はオリー王の周囲を回って固定されておらず、マリオのルート決定と同時に直線状のパネルを『あらいながし』するので決定のタイミングは慎重に行わないといけない(タイミングが悪いと、マリオの正面のパネルまで流される)。

アートギャラリーではヨッシーの様な可愛らしい姿の他、マリオシリーズ(特にペーパーマリオシリーズ)には似つかわしくない姿のデザイン画が見られる。

火ガミさま

ヤケスナ大砂漠の「火ガミ洞窟」に祀られる、「」を司るカミさま。モチーフは鳥。
フェニックスそのものな姿をしており、空を飛んでいる上に体が燃えているため、普通のハンマーでは届かないし、普通のジャンプでは逆にこちらがダメージを負ってしまう。おまけに、この状態でカミの手を使うと、最初の一撃で手が燃えて失敗してしまう

火ガミ洞窟に入るには、6体の像が見守る中で「美しい声としなやかな体を持つ者」がキノピサンドリア宮殿の壁画に描かれた呪文と踊りを披露する必要がある。これだけ聞くと厳かな儀式と思えるが、実際は……。
なお、洞窟内は炎で覆われた灼熱地帯であり、所々に可燃性の石油が流れている。その仕掛けをハリボテ兵が利用する事があるが、彼らもなので、逆に利用すれば一撃で倒せる。また、炎を吐き出す火ガミ像や、表示されたルートに添って足場を渡る仕掛けもある。

戦闘では、口から火の玉を放つ『ファイアボール』の他、自身の体力を削ってステージ中に燃える羽を撒き散らす『フェザーストーム』を繰り出す。ご存じの通り、ペーパーマリオ達は紙なので火に弱く、直撃すると大ダメージは避けられない。
宝箱に自分の弱点になるパネルを隠す事があり、必要なパネルが無い時は宝箱を開ける必要がある。

また、火ガミさまを攻撃した時やフェザーストームで撒き散らされた羽に、移動中に当たると10ずつダメージを負う事になる。更に同じパネルに複数羽が刺さると、当然その分受けるダメージも大きく増して危険。
あまり長距離走るルートを設定するとじわじわとダメージを負ってしまう上に、放っておくとフェザーストームでステージ中が羽だらけになる。
水ガミの能力で火を消さない限り、移動も攻撃もままならない。火を消す事で弱体化して地上に落ち、触っても大丈夫になる。ただし2ターンほどで再び炎を纏って空を飛び、地面の羽の炎も戻るため回復は早めに。

しかし例え火を消しても、カミの手で倒しきれないと散らばった羽を回収することで体力を全回復してしまう。更には、4回火炎放射を繰り出す大技『ファイアブレス』を使ってくる。
そのため、通常攻撃で適度に体力を減らしつつ、タイミングを見てカミの手で一気にトドメを刺す必要がある(通常攻撃で地道に減らして倒すこともできるが、当然その分ダメージを負う事が多くなるため、オススメできない)。

体力は数値で与えられるダメージ量ではなく、抜け落ちた羽が火ガミさまの体力を表していると気づけば攻略は容易。
翼の羽を全て放つと大技のチャージを始めるが、その頃には火ガミさまの体力も虫の息なので一気にとどめをさそう。

因みにカミの手フィニッシュは相手の鶏冠を鷲掴み、思い切り引き抜くというかなりえげつないもの。全ての羽を失って力尽きる火ガミさまの姿に、どこか哀愁を感じずにはいられない……。

オリビアが火ガミさまに変身すると、燭台に火を灯せる他、氷を溶かす事もできる。また、ある場所にて薪木に火を点ける事もできる。
戦闘では水ガミさま同様にマリオを背中に乗せて飛び、ファイアブレスで敵全体を攻撃する。

オリー王が変身した際は、フェザーストームでステージを埋め尽くす勢いで羽を撒き散らす。しかし、その分体力も大きく減っているため、速攻で攻撃すれば本家火ガミさま戦より少々簡単である。


一方でキノピオタウンにあるバトル研究所の再戦では、カミさまの中で恐らく最も苦戦するであろう難敵と化す。
ステータスとアイテム固定。且つアクセサリーによる補助やコイン消費で時間延長&キノピオの応援が使えないため、完全な実力のみで戦わなければならない。
戦いが長引けば長引くほどパネルが燃える羽で埋め尽くされ、移動するだけでも大ダメージは免れない。移動は最小限にして早期に決着を付けるよう心がけよう。

氷ガミさま

大海原の海底にあるダイヤ島の氷ガミ山に祀られる、「」を司る最後のカミさま。モチーフは白熊。鋭い爪を生やした逞しい両腕が特徴。
最後のカミさまだけあってとても強く、氷の中に閉じ籠る事で敵からの攻撃を防御しつつ、そのまま攻撃してくる。また、マリオが一瞬で凍りついてしまうほどの冷気を操る。

氷ガミ山は床が凍っていて滑りやすい上に、氷のパネルを指定の位置に持っていくパズルもあるため、難解である。

最初は氷の中に閉じ籠って防御しつつ、転がりながら体当たりをする『アイスローリング』を繰り出す。火ガミの能力で氷を融かす事ができ、再び氷に閉じ籠る前にカミの手によるラッシュを繰り出す事で、目を回させて隙ができる(なお、ファイアフラワーでは火力不足である)。

氷を融かされてからは、『アイスひっかき』や『アイスブレス』でパネルを白く凍らせ、更には弱点のパネルの上に氷の塊を落としてしまう。白くなったところや氷の塊に触れるとマリオが凍ってしまい、無防備な状態でアイスローリングを食らう羽目になる。
氷の塊はスライドで壊す事ができるが、プレイヤーによってはここでボス戦でスライドできると漸く気付く者もいたりする(土ガミ戦のチュートリアルでスライドについて説明が無かったことと、リング操作でも攻略できる事が原因なのだが。もちろん早くからスライド操作に気付くプレイヤーもいる)。

体力が減ると、氷の迷路を作ってステージをシャッフルする『アイスメイズ』を繰り出してくる。道を間違えると凍りついて動けなくなり、そのままステージ全体を凍りつかせて攻撃する大技『アイスエイジ』を食らう羽目になる。
実はシャッフルの動きでわかることだが、リング操作のみで起動パネルを踏みつつ魔法陣にたどり着くルートを完成する事ができる。魔法陣に氷の塊が落ちない限り、下手にスライドせずに、焦らず慎重に揃えよう。

オリビアが氷ガミに変身すると、水を凍らせたり、穴に氷を詰めたりして道を作る事ができる。
バトルでは、背中にマリオを乗せて、アイスブレスで敵全体を攻撃する。これで敵を凍らせて、動きを止める事ができる。

オリー王が変身した際は、アイスメイズを繰り出した上に氷に閉じ籠ってしまう。

余談

  • アートギャラリーを見るに、構想の段階ではデフォルメな可愛らしいデザインと、ボスだけに禍々しくおぞましいデザインの両方が描かれている。
    • 最終的には子供向けのやわらかさを残しつつも、神らしく威厳を含んだ現在のデザインになったことが伺える。


  • 氷ガミ山に向かう前に、「4柱の神」、「ドラゴン」という事から、「最後のカミさまはではないか?」と予測したプレイヤーも少なからずいた。日本や中国などのアジア地域ならともかく、他の国ではその発想とは縁がないと思われるため、仕方がないのだろう。

  • 中盤の描写から推測するに、カミさま達は古代キノピ王朝やてんくうスパーランドのキノピオ達に崇められていたと思われる。
    • ただし、土ガミ寺院のレリーフは古代のノコノコが作ったものなので、古代においても、信仰しているのはキノピオだけではない事が確認できる。

  • 英語版表記はvellumental
Vellum(動物の皮から作った紙)とelemental(原素の精霊)のかばん語であり、中々上手い翻訳。

関連タグ

ペーパーマリオオリガミキング 折り紙


ディスクアニマル折神:こちらも動物がモチーフであり、主人公達の力になる存在。

関連記事

親記事

ペーパーマリオオリガミキング ぺーぱーまりおおりがみきんぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カミさま」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8309

コメント