ピクシブ百科事典

ケルベロス(探偵学園Q)

けるべろすたんていがくえんきゅう

「探偵学園Q」の登場人物

概要

本名は「ケン・L・ベルローズ

犯罪組織「冥王星」に所属し、懐中時計で人間を廃人にする催眠術を操る犯罪者

演 - 鈴木一真(連続ドラマ)

「冥王星」幹部。年齢は26歳。催眠術を得意とし、人間心理や変装術にも長けている。
また、一度読んだ本の文章を丸暗記できるほど記憶力にも長ける。
プライドが高く、キング・ハデスに忠誠を誓っている。

13歳 - 14歳の一年間、かつてメグ が在籍していた国立能力開発研究所にいた過去を持つ。

名前の由来はギリシャ神話における冥界の番犬「ケルベロス」。

「冥王星」が完全に壊滅した後は天草寂を解放して姿を消すが、『プレミアム』のラストシーン直前でリーダーとして登場し活動を再開する事を仄めかす発言をしている。

読者からの人気は高く、番外編として「冥探偵ケルベロス」が描かれるほど。

「冥探偵ケルベロス」では、彼がまだ冥王星の新人であった3年前の出来事が描かれており、その際は鈴原賢一と名乗っていた。その中で依頼者が死んでしまう事態に見舞われたため、その犯人を突き止めるために探偵同様の活躍をしている。

ドラマでは小悪党的な性格付けがなされており、自ら事件に介入する、8話でキュウをマンション住民に催眠を掛けて殺そうとする、独断で行動するなど浅慮な行動が多い。最終話では七海光太郎に顔を殴られた挙句歯を折られ、捨て台詞を吐いて逃走。

なお原作では七海光太郎に司法取引を持ちかけられた際に、自分は殺人教唆だけで大した罪は犯していないと語っていたが、刑法では教唆犯も正犯と同等の刑を科するため、大罪である。
彼が脱獄する話は天樹、さとう両者が「好きな話」と語っている。
別れ際に英語交じりの言葉を言って消えるなど、

冥王星のメンバーの中でもっとも
前作 金田一少年の事件簿高遠遙一のキャラクター性を受け継いでいる。

関連タグ

探偵学園Q ケン・L・ベルローズ 七海光太郎

コメント