ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ケルベロス(ラストオリジン)

けるべろす

ケルベロスとは、韓国発のターン制SRPG『ラストオリジン』に登場する婦警型バイオロイド(生体アンドロイド)である。
目次 [非表示]

図鑑データ

所属シティガード
No113
等級A
タイプ軽装型
役割保護機
身長153cm
体重45㎏
身体年齢16歳
CV原由実
絵師SIMA

「司令官、えへへっ!お帰りなさい!一緒にあそびましょう!」


概要

韓国発のターン制SRPGラストオリジン』に登場するバイオロイド


PECS製の治安維持用婦警型バイオロイドで、シティガード所属。

暴徒鎮圧用のスタンロッドが武器。元々は対人用に出力を抑えていたが、鉄虫との戦いにあたって強化されている。

ラスオリプレイヤーが良く使うピョンテ!」(韓国語で変態の意)は韓国語版で彼女にセクハラを働いた際の台詞が元。その語感の妙な可愛らしさもあってか、ある種このゲームのキャッチフレーズのようになっている。


容姿

ツインテールにしたオレンジに近い亜麻色の髪とてっぺんに生えているアホ毛、童顔に右目の下の泣きぼくろ八重歯が特徴。泣きぼくろは忘れている絵師も多いので、イラストを描く際はご注意願いたい。

また、ゲーム序盤では貴重なタンク役だけあって、その胸にも立派なタンクを2つ備えている。キャラデザ担当のSIMA氏曰く「ケルベロスなので頭と同じくらいのサイズのものを並べて3つにした」そうだ。

日本版公式のキャラクター診断でも「巨乳」を代表する枠に置かれてしまったほど。

そんなケルベロスだが、2021年11月24日よりFANZAGAMESよりリリースされた『ラストオリジンR』では、課金スキン『儀仗隊ケルベロス』でピンクの縞パンを履いているのが判明。

センシティブな作品


性格

「みんなの友達」を自称する、愛玩犬のように明るく人懐っこい性格。地獄の番犬を意味するおっかない名前のイメージからはやや遠い。

メインストーリーの第8章では名前のみ登場だが、雪原を元気よく走り回っており、マングースチームの面々に「本当に犬の遺伝子が入っていないのか?」と疑われた。まさに「犬は喜び庭駆け回り」を地でいっている。

人類滅亡前はT-14ミホはシティガードを嫌っていたが、現在はケルベロスを始め仲良くやれている模様。(メインストーリー第8章ではシティガードとマングースが共同で解体者アザズの捕縛作戦を実行した)

明るくワンワン系なケルベロスは、バイオロイドだけでなく動物にも好かれるようで、コンスタンツァS2の愛犬・ボリと一緒に走り回っている。

パトロールを兼ねた散歩が趣味だそうで、オルカ内部を300周はするという。


性能

序盤から入手しやすく性能的にも扱いやすい、初心者司令官御用達のタンク系婦警さん。

パッシブスキル『護衛支援』は序盤では貴重な対象を選ばない指定保護スキル。最初は保護範囲が背後1マスのみと狭いがスキルレベルの上昇に応じて広がっていき、レベル10に達するとケルベロス1人で自分の周囲8マスを全てカバーできるようになる。防御バフがついているので耐久性能も及第点。

またアクティブスキル1『スタンロッド』は雷属性攻撃であるため敵の防御力を無視でき、さらに『護衛支援』に攻撃支援もオマケでついてくるので手数が多く保護機の割にそこそこ火力が出る。

同じく序盤の主力となるアタッカーのミホとは性能面で噛み合う部分が多く、ここにもう1人ミホの攻撃支援を引き出せる保護機(有力候補はCT66ランパートCSペロあたり)を並べた編成はお手軽に組める割に強力であることから、多くの初心者に愛用されている。


とはいえスペックはAランク機なりのものであるため戦力が揃ってくるとどうしてもお払い箱になってしまいがち……なのだが、彼女はそこで終わらない。

S〜SSランクの2段階の昇級をこなし、強力な専用装備『チョップメーカーⅡ』を持たせることで性能が全体的に大きく向上し、タンクとしてもアタッカーとしてもSSランクの機体にも見劣りしない非常に優秀なキャラに化けるのだ。

フル強化を果たしたケルベロスは攻撃支援・再攻撃・反撃の全てを併せ持ち、攻撃機一歩手前くらいの火力を発揮する雷属性攻撃を仕掛けられ、さらに軽装保護機としてはそこそこ高水準の耐久性能とほぼ完璧な火・雷属性耐性を誇ると攻守両面においてほとんどスキがなく、雷属性攻撃やシティーガードのメンバーを主体とした編成を組む場合は、まず間違いなくお呼びがかかるほどに高性能。

手数の多さと反撃を持つ点から面倒なギミックを持つ敵の多くに刺さるというのも強みで、高難易度ステージにおけるキーパーツの一つにもなりうるほどのポテンシャルを秘めている。

愛を持って育ててあげれば、序盤から終盤まで末長く活躍してくれることだろう。


欠点は伸び代が大きい分育成にもかなり手間とコストがかかること。フルスペックを発揮させるためにはSSランクまでの昇級と専用装備の確保・強化が必須になるのでなかなか骨が折れる。

育成方針に関しては序盤は一般的な耐久型タンク同様防御極振りまたは防御・HPに適度に振り分ける形で問題ない。

一方昇級後は攻撃機に見劣りしないくらいの火力を出せるようになるので必要命中・クリティカル100%を確保した上で残りを攻撃に全振りというアタッカー寄りの振り方をするのも手。

どちらがいいかは正直なところ場面によるので、適宜振り直してあげるとよい。

フルリンク(他のゲームでいう完凸)ボーナスは射程+1がおすすめ。『スタンロッド』はデフォルトの射程が2しかないため前列に立たせても敵中列までしか届かず、そのままだとせっかくの反撃や攻撃支援も活かしにくくなってしまう。


関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品センシティブな作品


関連項目

ラストオリジン バイオロイド

婦警 ツインテール 八重歯 爆乳 アホ毛 泣きぼくろ 縞パン 茶髪巨乳 ピョンテ


켈베로스:ハングル表記


関連リンク

ラストオリジン公式サイト


公式動画

関連記事

親記事

シティガード してぃがーど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1490708

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました