ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. クラッシュ・バンディクーに登場する木の仮面に宿る精霊。本記事で解説する。
  2. 超劇場版ケロロ軍曹 誕生!究極ケロロ 奇跡の時空島であります!!」に登場する、悪戯好きの邪霊。⇒アクアク(ケロロ軍曹)

概要

CV:緒方賢一 (2、3、レーシング、カーニバル、4、ニトロカート、5、ブッとび3段もり!、新4)


アクアクとは、クラッシュ・バンディクーに登場するキャラクターであり、

クラッシュ達の住むタスマニア島を守っている精霊である。

初登場は1作目「クラッシュ・バンディクー」。「めざめのビーチ」でクラッシュと出会い、共にコルテックスの野望を食い止める。

本来は姿の見えない存在であり、我々が普段目にしている姿は、アクアクが乗り移った仮面である。

その仮面は、職人が作っていることが『3』のおまけムービーで分かるが、この設定は今も生かされているのかは不明。日本版スタッフの考えたジョークかもしれない。

仮面を取ると、一度だけクラッシュの身代わりになってくれる。3枚取ると無敵になる。


遠い昔には邪悪な精霊ウカウカを地下の牢獄に封印していたことから昔はそれなりの力があった

とされる。そのウカウカが『3』で復活してからは彼と対立し、ストーリーに深く関わるようになる。

その一方でアクアク自身の力も時系列が進むにつれ弱体化しており、『1』では暗いステージで灯りを照らすこともできたが、一定時間が過ぎると力が無くなり、消えてしまう。本人曰く昔はもっと長持ちしていたとのことだが、『2』ではさらに劣化して照らすことすらも出来なくなってしまう。さらに、『5』ではニトロ箱、爆弾箱で受けたダメージの身代わりができなくなり、無敵状態でもお構いなしにクラッシュが爆死してしまう程の弱体ぶりを見せている。完全新作である『マルチバース』では弱体化されておらず、多数のトラップがあり、敵の攻撃が激しいとされる本作では非常に頼りになる存在である。

もしかしたら、自らの力の衰えを重く見て、密かに己を鍛え直したのかもしれない。


性格は基本的に冷静な性格。的確なヒントを与えてくれるが、一度しか聞けないのが悩みどころ。「はつでんしつしんにゅう」でのセリフからコルテックスをそれなりに憎んでいるようで、『5』でもエビル・ツインズにコルテックスを差し出そうとするなど、彼に対しては容赦ない。一方で、2枚目になると「光ってカッコいいじゃろ」と発言するなどナルシストな側面が見られる。また、結構な調子者で、クラッシュへのアドバイスとともに寒いギャグが飛び出す。これは日本語版の担当声優である緒方賢一の影響もありそうだ。


名前は「アクアク」だが味方である。決してではない。

また、ウカウカとは性格は正反対ながら双子の兄弟である。彼らはアクウカ兄弟と公式で呼ばれている。


『1』でクラッシュと初めて会う際に魔術師と自称しているが、これは元々アクアクは魔法を扱う人間だったという設定の名残とされる。


空耳

アクアクは「登場時」と「消滅時」に謎の言葉を発することで有名である。

実際には言葉というより効果音に近い。


登場時

いろいろな空耳があるのだが、その代表な例として「オルテガ!」「ホンダか!」「トレダカ!」「オルダカ!」「ホントじゃ!」などがある。(日本語版のみだが実際アクアクはヒントをくれる)


消滅時

クラッシュが敵などに触れ、アクアクの死に際に発する断末魔のようなもの。

こちらもいろいろな空耳があるが、こちらの空耳のほうが有名。

その代表な例として、「パリパリゴリラ」、「バリバリゴリラ」、

「お前のせいじゃ」等がある。

なお『5』では消滅時の断末魔の発音がはっきりしている。


アクアクの入手方法

アクアクは以下の方法で入手できる。


アクアク箱

壊すことで仮面を通じて呼び出せる。

無印のみアクアク箱を壊した後、仮面を自分で取らなければならない。

また仮面が裸で置いてある場合、スピンアタックで吹き飛ばせる。


死にまくる

クラッシュが死にまくると再開時にアクアクがくっついてくる。

この方法で最大2枚分まで稼ぐことが出来る。


注意点

ただし、判定はチェックポイント毎に行われる。

全てのポイントのアクアクを2枚にするには、かなりの回数死ななければならない


まあそんなことする人は死亡モーションを見たい人ぐらいのものだろうが。


アクアクが消滅する条件

アクアクが消滅する条件をここに記す。


クラッシュがダメージを受ける

クラッシュがダメージを受けると、アクアクが身代わりになって消滅する。

ただし、身代わりできない攻撃もあるので注意(「3」のタイニータイガーの踏み付けなど)。

身代わりできない攻撃を受けると、クラッシュが死んだことになる(残機がひとつ減る)のでやり直しになる。


穴や川等に落ちる

落ちると当然クラッシュと共にアクアクも消滅する。たとえ無敵中であっても関係なし

そのときは断末魔(パリパリゴリラ)は聞こえない。


タイムアタック開始時

黄色いストップウォッチに触れただけで消滅する。

クラッシュがアクアクの保護の無い丸裸の状態にされてしまう。


一部のステージ開始時

一部アクアクを連れて行けないステージにアクアクを連れて行くとアクアクが消滅してしまう


「3」のラスボス戦において

シリーズを通してラスボス戦は、アクアクを連れていけないことが多い。

「1」はクラッシュと共にコルテックスに挑むため例外。

「2」においては特殊なバトルでクラッシュは無敵であるため問題ない


ところが、「3」においては事実上敵として襲われる。


というのもこの戦いは、狭い舞台の中でクラッシュVSコルテックス、

アクアクVSウカウカが同時進行で行われるのだが、

それ故にアクアクとウカウカの戦いに巻き込まれて死ぬ場合がある。

なんならコルテックスの攻撃に当たるよりも、この2体の戦いに巻き込まれることの方が多いといっていい。


アクアクとウカウカの戦いは以下の3通りがある。


  • レーザー光線
    • 互いに向き合ってレーザー光線を撃ち合いエリア中央でぶつかり合わせながら回転する。勿論アクアクが放つ方の光線を食らっても死ぬ。

  • スピンアタック
    • 厳密には取っ組み合い。この状態で8の字を描くように移動する。

  • 爆発
    • 距離を取った状態から急接近し取っ組み合いになった挙句、最後には爆発する。それもクラッシュの付近で
      • よく見るとクラッシュのいる方向へウカウカがワンテンポ早く動き始めてからアクアクが突っ込んで先回りしており、ウカウカが仕掛けたクラッシュへの直接攻撃をアクアクが阻止していることが分かる。リマスター版では描写がより明らかになっている。
      • 余談だが、この攻撃のみコルテックスの爆弾を誘爆させることができる。クラッシュ付近で発生することを利用して攻撃を誘導し意図的に除去することも可能。

あちらもあちらで全力で戦っているのだろうが、

正直、別の場所でやってくれというレベルである。

いつもは頼もしい味方であるが、この時ばかりは最大の敵といって良い。


関連タグ

クラッシュ・バンディクー パリパリゴリラ ウカウカ


つわはす実況者。アクアクのことを「所ジョージ」に似ているので、所と呼んでいる。

関連記事

親記事

クラッシュバンディクー くらっしゅばんでぃくー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 383978

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました