ピクシブ百科事典

アクアク(ケロロ軍曹)

あくあく

『超劇場版ケロロ軍曹 誕生!!究極ケロロ!!奇跡の時空島であります!!』で登場したイタズラ好きの邪霊。
目次[非表示]

概要

CV:千葉繁

イースター島に古くからいる邪霊で、モアイ像の下に封印されている。
モアイ像を倒すとアクアクが大量に出てきて、イタズラをする。
基本はイタズラ好きの性格で、イオラナに言わせると、「暴れん坊」「欲張り」らしい。

映画のメインヴィランとして登場したアクアクは、通常のアクアクの中で一番力が強く、一番邪悪な心を持っているらしい。
日本派遣の灰汁博士の調査チームによって封印が解かれた。

他のアクアクの体長が推定50〜60cmほどに対して、こちらは約4〜6mとかなり大きい。
封印も海中の大きなモアイだったりマナたちにもその力は認められている。

容姿

通常形態

最凶の邪霊


「アクアクーッ!!」

本来の姿は赤紫色の体に関節の2つある脚が三本で、赤い大きな目が一つといった異形の姿をしている。目の周りの模様も通常の目として機能しているらしい。
この形態では「アクアクー!」といった鳴き声しか発する事ができない。

強化形態

AKAK!!


「黒いヤツのパワーと赤いヤツの銃撃戦、青いヤツの技、そして黄色いヤツの知恵を我が物とした今、やるべき事はただ一つ。究極のイタズラ……『侵略』だ!!」

アクアクがケロロを除く小隊メンバーから力を奪い取った姿。
劇中ではクルルタママドロロギロロの順に力を奪って短時間の内に何度も姿を変え続けた結果、ギロロと同じ赤色がベースのケロン人に悪魔のような角が生えた姿「アクアクギロロ」となった。

能力・弱点

大口を開き飲み込んだ相手の力を奪うことができ、同時に一番最後に力を奪った相手に似た姿になる。
元々言語を話す能力はなかったが、上記の通り一番最初にクルルの力を奪い取った事で膨大な知識を得て、言語能力の獲得に至った。

弱点
かけられると湯気が上がり、小説版には「水で焼かれ」などが書いてあり、恐らくアクアクにとっては温度関係無しに水は熱湯並みに熱いのかもしれない。
しかし、時には怒らせるだけのことがあり、水だけでは倒せない。が、顔面にかけられた時には見事な絶叫をしている。

劇中での動向

海底のモアイ像が動かされた事で封印から解放され、イースター島へと向かっていたケロロと冬樹を襲撃する。
後に闇の者の気配を感じて駆け付けたアリサや強大なエネルギー反応をキャッチした小隊メンバーと交戦するも、通常の姿でも十分過ぎる強さでアリサ達を圧倒。
さらにはクルルの知恵、タママのパワー、ドロロのアサシンスキル、ギロロの戦闘力といった小隊メンバーの力を奪い取ってケロン人と同じ姿を取り、「究極のイタズラ」として侵略を行うと宣言。
強大なパワーで宇宙空間に亀裂を生じさせ、さらにそこから無数のモアイ像を模して作られた隕石をイースター島に降り注がせて島にある全てのモアイ像を破壊しようとする。

勝負を挑んだケロロまでをも圧倒的な攻撃で消し去ってしまうが、消し飛ばされる直前にイオの力で小さなモアイ像に魂を宿らせるという形で完全に死なずに済んだケロロが、ラナから助言を受けた冬樹の手で地面に埋められた事でマケマケの力を一時的に手に入れた究極ケロロとして復活を果たす。
そして超強化を果たしたケロロとの激戦の末に力負けし、アクアクを封じる力を島中から集めた光を一点に受けて敗北、元の丸い姿に戻って力も弱体化してしまう。

それでもなお悪あがきとばかりにケロロの力を奪おうとしたが、そこへ現れたアリサに捕らえられた末にネブラに喰われるという最期を迎えた。

関連タグ

ケロロ軍曹 超劇場版ケロロ軍曹5 アクアク

関連記事

親記事

超劇場版ケロロ軍曹5 ちょうげきじょうばんけろろぐんそうご

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アクアク(ケロロ軍曹)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 771

コメント