ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

かつてニコニコ動画で活動していたゲーム実況プレイヤー。
デビュー作は2008年8月に投稿した東方人形劇。(現在非公開)
当初は「つわはす参号機」というアカウント名を使用していたが、「星のカービィ」の実況から「つわはす」表記に変更された。
おっさんボイスと随所にネタを仕込むのに定評のある人である。
時々ドMロリコン疑惑が浮上する。
(ただし実際はお姉さんキャラ好き)
実況動画の投稿頻度が非常に早く、多いときは3シリーズを並行しつつほぼ毎日投稿していたこともあり、視聴者からは実況廃人とまで呼ばれていたほど。
彼の徐々に上達していくゲームプレイスキルとゲームのクリアはもちろん細かい収集・やりこみ要素までもやり込むことに定評があった。
の、だが…

2015年7月に起きたゲーム実況者顔写真流出騒動のきっかけを作ってしまい炎上。
その後、7月13日に投稿された「【実況】マリオカート8 武者修行の旅 part39」の投稿者コメントにて、ゲーム実況の活動と動画の投稿を終了する事を発表した。

「皆様には申し訳ございませんが、動画投稿を終了します。今まで応援してくださった皆さん本当にありがとうございました。自分が今まで投稿したものは、応援してくださった方々に少しでも喜んでいただけたらという思いで残しておこうかと思います。どうか他実況者の皆さんに自分の事について聞いたり他実況者さんの動画などに自分の名前を出したりしないでください。実況者のみんなやそれを見る皆さんが、これからもゲーム実況を楽しんでいけたらと思います。大変申し訳ございませんが、よろしくお願いします。」

同時にTwitterのアカウントも削除。
上記のコメント通り、投稿済みの動画は削除されていないが、全ての動画でコメント禁止となっている。

そして7月17日、つわはすのブロマガにて「皆様へ」というタイトルで投稿終了についての説明と謝罪の記事が更新された。未公開の個人情報の流出が主な理由と説明されている。→つわはすのブロマガ

ニコニコ大百科では、未だに彼の当該記事は編集不可となっており、書き込みもプレミアム規制がかかっている。

そして約5年後の2020年4月12日、YouTubeにて「ファイナルファンタジーVII リメイク」のゲーム実況動画を投稿。ゲーム実況の活動と動画の投稿を再開する。
同時に新たなTwitterのアカウントも作成された。

特に好きなゲームシリーズは「ロックマンエグゼ」シリーズであり、エグゼラーにしてフミコミ厨(※)を自認する。
2021年にはエグゼシリーズの続編である「流星のロックマン」シリーズにハマっており、流星のロックマン3の実況配信では、出会う確率がかなり低いダイヤ・アイスバーンΩに遭遇(結果は敗北だったが)したのを皮切りに、これまた発生率の低い金のミステリーウェーブから「スペード・マグネッツV2」を、イリーガルゲットデータでは「ピラニアキッス2」や「クラウン・サンダーV2」などの強カードを連続で入手する豪運を見せた(運を使った代償なのか、その後のイリーガルゲットデータは「ノイズのかけら」が続いたが)。

(※)エグゼシリーズに登場する敵に肉迫してソードを浴びせる「フミコミザン」を好んで使う人達の事。「流星のロックマン」シリーズには敵をロックオンして攻撃する「ウォーロックアタック」が導入され、擬似フミコミザンがやりやすくなった。

趣味は漫画とお笑い鑑賞。
好きな漫画は天体戦士サンレッド鬼滅の刃
好きな芸人は千鳥霜降り明星

ホラーゲームが苦手。

実況作品



コラボ作品

ニコニコサマーフェス2010をきっかけに他実況者との交流が活発になり、間もなくチームTAKOSが結成、ジャック・オ・蘭たんP-Pをはじめとする企画やコラボ動画の投稿も存在する。

つわはす・アブコジマ店員セピアとのコラボ実況の詳細はこちら→チームTAKOS

他にも、つわはす・P-Pレトルトキヨのコラボ実況がよく投稿されていた。
(4人の正式なグループ名は存在しないが、一部ファンからは平和組と呼ばれている)


好きなキャラ

嫌いなキャラ

好きなBGM

物真似レパートリー

命名したニックネーム


関連イラスト

5周年!
また描いてみた。



関連タグ

ニコニコ動画 YouTube
実況者 実況プレイ動画 実況プレイ

関連記事

親記事

チームTAKOS ちーむたこす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「つわはす」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「つわはす」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9273983

コメント