ピクシブ百科事典

母(あたしンち)

あたしんちのはは

母(あたしンち)とは、『あたしンち』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:渡辺久美子

あたしンち』の主要人物の1人。名称不明。
髪型はパーマ。体脂肪率は50%。みかんユズヒコの母。の妻。通称:お母さん。よく「情熱の赤いバラ」を歌っている。
年齢は43歳くらい。

明るく、元気な性格。自称「明るい働き者」。どこか愛嬌がある。
しかし言動、行動共に世間とズレており、一般常識に疎い。おまけに自己中心的であり、しばしばみかんと衝突する。ユズヒコが欲しがっていたダンベルを「重りを買っても意味ない」と一蹴しておきながら、特に必要とされていないものを「面白そうだったから」と購入したことも。

経済的な無駄を嫌っているが、時として節約ではなくただのケチとしか捉えようがない行動もあり、成長期を迎えたために制服のズボン、靴、眼鏡の度が合わなくなってきたユズヒコに対し「どうせすぐぴったりになる」などの理由でデカすぎてサイズが合わない新品を押し付けたり、成長期だからしょうがないという反論に対しても「なんでそんなすぐに成長するのよ!」などと理不尽極まりない言動をしたことも。
眼鏡の件でとうとうユズヒコには「いい加減にしてくれよっ!」とキレられても結局「ただの反抗期」で済ませてしまった。

容姿は半魚人と例えられることがあり、面識が無かった頃の水島さんや番組スペシャルでコラボした野原しんのすけは母を半魚人だと思い込んでいた

最大の特徴として、「人間の食べ物じゃない」と評されるほど料理が下手。基本的に料理本などを信じず自己流にアレンジするのが原因。しかも明らかに他人が食べても微妙な反応をする自らの料理に対し「まあまあね」などと判断する。更に手抜きであり、おかずがちくわや缶詰一個などは珍しくなく、父の給料日前日などは特に悲惨になる。
ただし、回によっては家族から大絶賛されるほどのご馳走を振る舞ったり、料理本通りに作ることもある。つまりレシピ通りに忠実に作りさえすれば上手いのだと思われる。

五家宝やバナナ、伊達巻やプリンなどが大好物(また、アニメでは父同様レバーが好きな描写もある)。若い頃に野良犬に追いかけられたことがあるため、犬が苦手。ついでに雨や蛇も苦手。
初期は上記の自己中な言動や、怒ると火を吹くなどヒステリックな面が目立っていたが、後期(原作第15巻以降、アニメ第2期)になるにつれ徐々に性格が(体とともに)丸くなっていった。
原作第21巻のおまけでは、ガラケーからスマホに替えている。また、水島さんの勧めでTwitterも始めている。
前述の通りいい加減かつ昔の人間(みかん曰く「原始人」)のため、みかんとケンカすることが多いが、決して不仲ということはなく、似たもの親子という面もあり気が合うこともある。
ユズヒコに甘く、多少過保護気味。
父とはお見合い結婚だが、夫婦仲は良好でよく旅行やお出掛けをする。
九州の出身で、故郷には両親(みかんとユズヒコの祖父母)、親族に3人の甥っ子がいる。

母の奇天烈な行動がピックアップされる回では家族や周囲を振り回しているが、根は家族思いのお母さんである。劇場版や立花家全体にスポットを当てた回やアニメオリジナルエピソードでは普段の破天荒が嘘のような大活躍を見せている。

本来の主人公であるみかんを差し置いて目立つエピソードが多々あり、アニメではトップクレジット(つまり主演扱い)になっている。

余談

母の声を演じた渡辺久美子は当初、みかん役でオーディションを受けていたが母役の声が欲しいと言われ受けたら母役で受かった。

関連イラスト

あたしンち
あたしンちの母(4)



関連タグ

あたしンち 立花みかん 立花ユズヒコ 
水島さん 戸山さん 三角さん ホホエミさん・・・仲良し
ハンギョドン コッペ様・・・カップ焼きそば現象

関連記事

親記事

あたしンち あたしんち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「母(あたしンち)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43553

コメント