ピクシブ百科事典

ランキーコング

らんきーこんぐ

ランキーコングとは、「ドンキーコング」シリーズに登場するキャラクター。主体画像はイメージです。

概要

ドンキーコング64にて初登場。コングファミリーの一員で、ステージ2のアステカンウインドに囚われている。関西弁で話すマイペースな性格。担当する色は青色。

種族はオランウータン。自身の身長よりも長い腕が特徴で、反面脚は極端に短い。
移動する際も腕で身体を持ち上げるように歩くほか、通常攻撃で腕をゴムのように伸ばして攻撃したり、逆立ちして腕で歩く技を覚えるなど、とにかく長い腕を活かしたアクションをする。

専用武器は巨大なブドウの実を吹き矢のように発射する「グレープ・シューター」
専用楽器はトロンボーンで軽快な音楽を奏でる「トロンボーン・クラッシュ」
その他に、体に空気を入れて浮かび上がる「ランキーバルーン」、逆立ちで急斜面を登ることができる「ハンドウォーク」、ハンドウォークの姿勢で高速移動できる「ハンドスプリント」を覚える。

トロンボーン・クラッシュは通常仕様が制限されるボス戦で唯一使用できる楽器であり、最終決戦で照明を被った暗中模索なキングクルールを転倒させるときに利用する。
また、モーターボートでボス戦に挑む唯一のコングでもある。


64で登場して以降はしばらく音沙汰がなかったが、リメイク版の『スーパードンキーコング3』にて久しぶりのゲスト出演を果たす。
また、Wii用ソフト『ドンキーコングたるジェットレース』にてタイニーコングと共に8年ぶりにプレイアブルキャラクターとして復活した。登場に際して見た目にかなりの変更が加えられたタイニーに対し、ランキーは64当時のままのビジュアルである。


関連タグ

ドンキーコング ドンキーコング64 コングファミリー

pixivに投稿された作品 pixivで「ランキーコング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 542

コメント