ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

タイニーコング

たいにーこんぐ

タイニーコングとは、「ドンキーコング」シリーズに登場するキャラクターである。
目次 [非表示]

声優


概要

金色に染めた2本のお下げが特徴のゴリラの女の子。

キャンディーコングと同様に常に直立二足歩行をする。また、会話時に腕を組む癖がある。性格はお転婆。

日本国外版の『ドンキーコング64』ではクランキーコングの親戚、ディクシーコングの妹という設定になっている。


各ゲームでの活躍

ドンキーコング64

コングファミリーTINY KONG

彼女の初登場作品。ディディーコングと大差ない体格で、身軽な動きができる。

他のコング達と違って二足歩行をしており移動速度が遅いが、スライディングが可能。回収するアイテムの色は紫色。

オープニングのモンキーラップでは、くるくるパラシュートやミクロコングを披露している。彼女が登場するパートで使用されている楽器はサックスホーン。彼女がゲーム中で使う楽器でもあり、タッグバレルでも使われている。

顔つきの花柄のオーバーオールを着用している。この花柄は彼女のトレードマークであり、後の作品でも彼女の持ち物に度々登場している。

内部データではタルを投げる力が弱めに設定されていて、タルを振りかぶってから投げるまでのモーションがやや長く投げた時の飛距離も短いがたまに画面端まで転がっていく事があり、バグを使って一部のボスと無理矢理対決した時に確認できる。


フェザー・ボウガン

ファンキーコングから購入できるウエポン。

他のウエポンとは違い、フルーツではなく鳥の羽を飛ばす。そのためか若干命中させにくく、威力が弱い。

ちなみにバレルジェット発動中に武器を標準装備しているディディーを除けば、ボス戦で唯一単体使用ができる武器である。ゾゾゾ〜キャッスルに入るとファンキーコングからスナイパー機能を購入することができるが、タイニーだけ使う場面が全くない。


くるくるパラシュート

クランキーコングの薬で習得可能なアクション。

ジャンプの最中にAボタンを押すと左右のおさげをプロペラのように回すことで滞空時間を延ばして遠くの足場まで移動することができる。このゲームで最高難易度を誇るマッド・ジャックを倒すのに使われる。

リンクリーがわざわざボスの攻略方法を教えてくれる(独特の操作が必要なパフトフ戦については何も言ってくれない。一応ドンキーに対してはアザラシとのボートレースへ促すアドバイスをしているが。)。


ミクロコング

クランキーコングの薬で習得可能なバレルアクション。

体を小さくして、通常では通れない場所を探索することができる。バレルアクションの中では最も使用する機会が多く、全てのステージで使用することになる。

タイニーのバレルは合計22か所設置されていて、3か所以上設置されているステージが4つある。巨大なバナナフェアリーや人魚姫のような人間に近い種族のキャラクターに出会ったり、スライディングビートルやレーシングカーと競争したり、ひるよるウッドで巨大なクモと戦ったりとイベントの種類が豊富。

キングクルール戦では、クルールがお尻を痛めている間に小さくなり、靴の穴に忍び込んで指をフェザー・ボウガンで攻撃する。

タイトル画面ではタイニーがマッドファクトリーでレーシングしている様子が流れる。スコークスには作中3回運んでもらうことになる。アステカウインドとひるよるウッドでこのギミックがある。通常サイズでスコークスを呼ぶと「重い」と言って帰っていくので、体重が軽くなっていることが分かる。

ミクロコング専用のステージがある。上記の場所以外にジャングルガーデンの巣穴やガリオンとうだいの沈没した潜水艦、ゾゾゾ~キャッスルのサイロがあり、この場所にいる時は小さくなったままである。そこに紫のクラップトラップが出現することが多く、こいつは通常攻撃が効かないので、オレンジばくだんを使って排除することになる。

全てのフェアリーを集めて、巨大なバナナフェアリーに会うとレア社のロゴが描かれた隠しゴールデンバナナがもらえる。


タイニーワープ

クランキーコングの薬で習得可能なパッドアクション。

タイニーの顔が描かれたパッドの上でZボタンを押すと、まだ行ったことがない場所でもワープできる。ちなみに数字が描かれたワープパッドは同じ数字を1組踏まないとワープできない。

習得できる同ステージでは地震の原因を潰すことに使われる。最後のステージであるハイドアウトのロビーの近くまでワープできる。習得が遅いが重要なイベントに使われる。設置個所は5か所とコングの中では最少である。


サックス・ハリケーン

キャンディーコングから購入する楽器。

楽器とメロディー以外は他のコングと性能が同じ。衝撃波はタイニーの胸にある花のマークの形になる。


ディディーコングレーシングDS

2007年に海外でのみ発売されたDS版『ディディーコングレーシング』では、版権の都合で出演できなかったバンジョーコンカーの代わりに、ディクシーコングと共にドライバーとして参戦。

しかし『ドンキーコング64』で登場した時とは別人のごとくデザインが大幅に変化した。頭身はキャンディーコングのようなリアルサイズに成長し、服装もヘソ出しスタイルのキャミソールとスウェットパンツといった露出度の高い姿となっている。

デザインが変更された理由はディクシーコングと性能が被るからと思われるが、もはやタイニー(Tiny=とても小さい)と呼べるのかとは突っ込んではいけない。

このデザインになってからもディクシーの妹設定は健在なのか不明。


ドンキーコングたるジェットレース

日本国内でも発売した作品としては初めて本作で上記の成長した姿が登場。加速とスピードが高い反面コーナリングが苦手。

クラッジと同様に1位ゴール時のポーズがキャラクター選択時と異なる。


マリオスタジアムファミリーベースボール

性能は守備能力が高め。人間に近い体型ではあるが、他のコング達と同様によじのぼりを特殊アクションとしている。

チャレンジモードではクッパJr.に球場ごと捕らえられてしまうが、試合に勝てば仲間入りを果たす。

ちなみに何故かキャサリンと相性が悪いという設定になっている。

さらにこの作品が現状タイニーにとっては最新の作品(後述のスマブラシリーズ以外では)となっている。


大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

スマブラシリーズではフィギュア等で出演。

『X』のフィギュアでは成長した姿、シールは『ドンキーコング64』のアートワークが使用されている。

Special』のスピリットでは『ドンキーコング64』のキービジュアルで登場している。


関連イラスト

お猿さんタイニーコング


関連タグ

ドンキーコングシリーズ ドンキーコング64

ドンキーコング ディディーコング ディクシーコング ランキーコング チャンキーコング コングファミリー

金髪ツインテール オーバーオール


64出身の任天堂の女の子たち

リボン64アドレーヌ星のカービィ64に登場。

ピンキーレサレサマリオストーリーに登場。

サリアルト姫時のオカリナに登場。

関連記事

親記事

コングファミリー こんぐふぁみりー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 251350

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました