ピクシブ百科事典

キングクルール

きんぐくるーる

キングクルールとは、スーパードンキーコングシリーズに登場する悪役である。
目次[非表示]

概要

クレムリン軍団のボス。だいたいのシリーズではラスボスとして登場している。
王冠と赤いマントを身につけている二足歩行をする大柄なワニ。
左目は血走っているが、アニメ版では左目は血走っていない。
スーパードンキーコング』では、手下をけしかけて倉庫番をしていたディディーコングを退け、コング達が持つバナナを盗み出した。
ドンキーコング64』では移動要塞ブラストマティックを用いてDKアイランドもろとも消し飛ばそうとしたものの、計画の直前で不慮の事故によって砲台が故障、修理の時間を稼ぐためにドンキー以外のコングを誘拐しゴールデンバナナを盗み出した。

特技は死んだフリと大食い。
その死んだフリだが、初出の『スーパードンキーコング』で早速披露しており
偽のスタッフクレジットまで仕込む徹底的な演出で、ガチで騙されたプレイヤーもいた。
当然ながらその後待っているのは不意打ちである。
一応、「…THE END?」といういかにも何かありそうな表示が最後にあるため、スタッフロールをしっかり見ていれば見破ることも可能。

だいたいのシリーズではコミカルな一面もみせていたが、『ドンキーコング64』では、ゲームオーバー時のムービーでブラストマティック砲を使いDKアイランドを消し飛ばそうとしたり、
「俺は失敗が嫌いだ」や「死ぬ前にリクエストは?」などと大ボスらしい凄みを見せたり、
計画のリーダーだったスナイドを信頼せずに解雇したり、逃げ帰ってきたアーミィ・ジローに激怒したり、
逃げ出したボディガードを刺客を放って粛清するなど、冷酷な面も際立っている。
ただし、最後はキャンディーコングの色仕掛けに嵌りそのままファンキーコングの兵器で吹っ飛ばされる等やはり詰めの甘さが目立ち、パーフェクトクリア時の撮影裏現場ではドンキーと仲良く遊んでいた。

攻撃手段は、突進したり王冠を投げつけたり、大ジャンプや大砲の弾を落下させたりと多彩。
64ではグローブとチャンピオンベルトを身に着け、ヒップドロップから衝撃波を放ったり、グローブをブーメランのように投げつけたり、リング中を目に見えない勢いで駆け回ったりと、より自由な戦いっぷりを見せた。

『スーパーマリオスタジアムファミリーベースボール』では、野球の試合中のみという条件は
あるものの、初めてドンキーたちに協力している。パワーは全キャラクター中1,2位を争うほどの
実力だが、スピードは全キャラクター中最も遅く、脅威のジャンプ力も全く生かしていない。
ちなみに、マリオシリーズのラスボスであるクッパとは相性が悪いようである(尤も当のクッパはガノンドロフアックームと他の悪役と基本的に相性が悪いのだが)。

アニメ版での声優は小杉十郎太が担当している。
こちらはゲーム版に輪をかけて詰めが甘くマヌケな面が強調されている。

レア社が生み出したキャラであるが、ディディーコング等と同様に現在は任天堂所属のキャラクターとなっている。

しかし、近年はザ・スノーマッズティキ族など新キャラたちに宿敵としての立場を奪われ、出番もほとんどなくなり、スマブラシリーズへの参戦も期待されていたが、せいぜいフィギュアの扱いに留まっていた。
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/Wii Uでは追加コンテンツとして、7月31日にキングクルールを模したMiiコスチュームが配信された。

そして…


2018年発売の大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALついに念願のファイターとして参戦
さらに彼の登場自体も『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』以来10年ぶりである。

対峙


PVでマリオクッパリンクゼルダガノンドロフカービィメタナイトフォックスファルコウルフサムスリドリーと言ったライバルたちが戦闘する描写が流れる中、ドンキーとディディーがいつものように家でくつろいでるところを襲撃しにきた(その前に彼に変装したデデデ大王をぶっ飛ばしたが)。最後には死んだフリからの不意打ちも再現。

初代スーパードンキーコングのデザインをそのまま3D化したような姿だが、腹の色、尾や鱗の有無等が異なっているため、一から作り直されている。
見た目通りのパワータイプで、腹での押し潰しや踏みつけ、64の様なグローブでのパンチの他、王冠投げや腹でのカウンターなどの変わった技、さらにはキャプテンクルールのラッパ銃やバロンクルールのコプターも使用する。最後の切りふだでは64で披露したブラストマティック砲を放ってDKアイランドを爆砕(本家では最後まで発射できなかったため、19年越しでの実現となった)。流石他のヴィランと肩を並べるだけあり、アクションは豪快かつ迫力満点である。

また、彼の参戦に伴って、固有戦闘BGM「キングクルールのふね」がアレンジし直された。今まではロック風のアレンジだったが、今作ではACE氏による、原曲よりアップテンポで勇壮なアレンジとなった。曲の後半はラップパートを交えた、新規アレンジパートで、早速youtubeなどで高い評価を集めている。

勝利時のジングルは、ドンキー・ディディーとは別の物が用意されている。

設定

デザインはレア社所属のデザイナーのGregg Mayles氏によるもので、名付け親でもある。名前の由来は「Cruel」(残酷な)から来ている。ドンキーコングたちを邪魔する残酷な王様と意味合いでつけられたらしく、本人曰く5分そこそこで考えた名前だそうだ。ちなみに名前に入っている"K"の文字には特に意味がないとのこと。

なお、日本名では繋げて書かれるものの、本来の英字表記は「King K. Rool」であるため、
彼の名前をより正確に表すならば「キング・ク・ルール」である。ちなみに英語圏の人々からは「キング・ケイ・ルール」と言った発音もされる。

余談

ゲーム本編やレア社の旧公式サイトではキャプテンクルールやバロンクルールと同一人物のように描写されている事が多く、特に英語版ドンキーコング64の説明書では「馬鹿馬鹿しい変装」ともあり、GBA版『スーパードンキーコング2』冒頭でも日本語英語両言語共にそう語られている。

『ドンキーコング64』に登場するクランジーは日本語版だとキングクルールの弟になっているが、英語版ではクレムリン団員の1人とされている。

大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズのフィギュア名鑑における説明文では、『DX』だと「キングクルールー」と名前が誤記され、次作『X』では名称表記が訂正されたが、今度はキャプテンクルールがキングクルールの兄として解説された。
このキャプテンがキングの兄だという記述は本編には見られないもので、これ以外でそう書かれた作品も無いため、本編の設定を鑑みた上での表記なのか、真偽は定かではない。

ちなみに初期の設定では「コマンダークルール(Kommander K. Rool)」であり、元々は王様ではなくて司令官だった。

関連イラスト

でふぉるめすまっしゅぶらざーず外伝:キングクルール
スーパードンキーコング20周年!!!


キングクルール
キングクルール


関連タグ

ドンキーコング スーパードンキーコング クレムリン軍団
悪役 ワニ ラスボス
キャプテンクルール バロンクルール
大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL スマブラヴィランズ

pixivに投稿された作品 pixivで「キングクルール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 251121

コメント