ピクシブ百科事典

キングクルール

きんぐくるーる

キングクルールとは、スーパードンキーコングシリーズに登場する悪役である。
目次[非表示]

概要

クレムリン軍団のボス。だいたいのシリーズではラスボスとして登場している。
王冠と赤いマントを身につけている二足歩行をする大柄なワニ。
左目は血走っているが、アニメ版では左目は血走っていない。
スーパードンキーコング』では、手下をけしかけて倉庫番をしていたディディーコングを退け、コング達が持つバナナを盗み出した。
ドンキーコング64』では移動要塞ブラストマティックを用いてDKアイランドもろとも消し飛ばそうとしたものの、計画の直前で不慮の事故によって砲台が故障、修理の時間を稼ぐためにドンキー以外のコングを誘拐しゴールデンバナナを盗み出した。

特技は死んだフリと大食い。
その死んだフリだが、初出の『スーパードンキーコング』で早速披露しており
偽のスタッフクレジットまで仕込む徹底的な演出で、ガチで騙されたプレイヤーもいた。
当然ながらその後待っているのは不意打ちである。
一応、「THE END?」といういかにも何かありそうな表示が最後にあるため、スタッフロールをしっかり見ていれば見破ることも可能。

また、ドンキーコング64ボクシング形式の最終決戦を仕掛けたり、スマブラSPでは相撲を意識した動作をするなど格闘技が好きな所も垣間見える。

だいたいのシリーズではコミカルな一面もみせていたが、『ドンキーコング64』では、ゲームオーバー時のムービーでブラストマティック砲を使いDKアイランドを消し飛ばそうとしたり、
「俺は失敗が嫌いだ」や「死ぬ前にリクエストはあるか?」などと大ボスらしい凄みを見せたり、
計画のリーダーだったスナイドを信頼せずに解雇したり、逃げ帰ってきたアーミィ・ジローに激怒したり、監視員を放ってブラストマティック砲を強制労働同然で修理させたり、
逃げ出したボディガードを刺客を放って粛清するなど、冷酷な面も際立っている。
ただし、コングクルーがハイドアウトにたどり着いたことを感じとったのか部屋上部にとめてあるバトルクルーザーに乗り込み逃亡し解放されたクランジーに弄ばれ墜落、最後はワニのくせに異種であるキャンディーコングの色仕掛けに嵌り背後からそのままファンキーコングの兵器で吹っ飛ばされる等やはり詰めの甘さが目立ち、パーフェクトクリア時の撮影裏現場ではドンキーと仲良く遊んでいた。
スマブラSPのバンジョー&カズーイ参戦ムービーにおいてもドンキーの家で仲良く昼寝するなど、プライベートではマリオがクッパと仲が良いように、こちらもプライベートでは仲が良いようである。

攻撃手段は、突進したり王冠を投げつけたり、大ジャンプや大砲の弾を落下させたりと多彩。
64ではグローブとチャンピオンベルトを身に着け、ヒップドロップから衝撃波を放ったり、グローブをブーメランのように投げつけたり、リング中を目に見えない勢いで駆け回ったりと、より自由な戦いっぷりを見せた。しかし、大砲から体当たりされたり照明を落とされたりそして暗中模索ななかバナナの皮で転んだり靴に入り込まれ足指へ羽を撃ち込まれたりメガトロンパンチで殴られたりとコングクルーから容赦ない攻撃を受けている。

『スーパーマリオスタジアムファミリーベースボール』では、野球の試合中のみという条件は
あるものの、初めてドンキーたちに協力している。パワーは全キャラクター中1,2位を争うほどの
実力だが、スピードは全キャラクター中最も遅く、脅威のジャンプ力も全く生かしていない。
ちなみに、マリオシリーズのラスボスであるクッパや、星のカービィシリーズのデデデ大王とは相性が悪いようである(尤も当のクッパはガノンドロフアックームといった他の悪役相手との相性自体が基本的に悪い)。

アニメ版での声優は小杉十郎太が担当している。
こちらはゲーム版に輪をかけて詰めが甘くマヌケな面が強調されている。

レア社が生み出したキャラであるが、ディディーコング等と同様に現在は任天堂所属のキャラクターとなっている。

しかし、近年はザ・スノーマッズティキ族など新キャラたちに宿敵としての立場を奪われ、出番もほとんどなくなっていた

2018年、彼は帰ってきた

ドンキーコングの宿敵であることからスマブラシリーズへの参戦も期待されていたが、上記のように出番が少ないせいか、せいぜいフィギュアの扱いに留まっていた。
大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/Wii Uでは追加コンテンツとして、7月31日にキングクルールを模したMiiコスチュームが配信された。そして…



2018年発売の大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALついに念願のファイターとして参戦
さらに彼の登場自体も『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』以来10年ぶりである。

対峙


PVでマリオクッパリンクゼルダガノンドロフカービィメタナイトフォックスファルコウルフサムスリドリーと言ったライバルたちが戦闘する描写が流れる中、ドンキーとディディーがいつものように家でくつろいでるところを襲撃しにきた(その前に彼に変装したデデデ大王をぶっ飛ばしてもいる)。最後には死んだフリからの不意打ちも再現。

初代スーパードンキーコングのデザインをそのまま3D化したような姿だが、腹の色、尾や鱗の有無等が異なっているため、一から作り直されている。
見た目通りのパワータイプで、腹での押し潰しや踏みつけ、64の様なグローブでのパンチの他、王冠投げや腹でのカウンターなどの変わった技、さらにはキャプテンクルールのラッパ銃やバロンクルールのコプターも使用する。最後の切りふだでは64で披露したブラストマティック砲を放ってDKアイランドを爆砕(本家では最後まで発射できなかったため、19年越しでの実現となった)。流石他のヴィランと肩を並べるだけあり、アクションは豪快かつ迫力満点である。

お腹の装甲によって横強攻撃など一部の攻撃にはお腹が向いている方向にスーパーアーマーが付き、多少殴られても強引に攻撃を通すことができる。しかし、お腹は攻撃される度にヒビが入り、最大まで攻撃を受けるとお腹が割れてシールドブレイクのような気絶状態になってしまい、大きなスキを晒してしまう。お腹は時間経過で修復するため、クルールで戦っている際に大きなヒビが見えたら注意しよう。

必殺技は飛び道具を2種も揃えている。
通常必殺の「パイレーツキャノン」はラッパ銃で鉄球を打ち出す技。Bを押し続けているとファイターや打ち出した鉄球を吸い込むモードになり、吸い込んだ後はデフォルトでは前斜め上、方向キーで上や後ろ方向にも打ち出せる。鉄球の威力も高く、ファイターを吸い込んだ後に打ち出す攻撃でも撃墜が狙えるので強力だが、銃を撃つのもしまうのも隙は大きい。崖際での復帰妨害に使用するのが強かったが、Ver2.0でボタン長押し時の吸い込みの持続時間が短縮されてしまった。ちなみに、吸い込み中はすり抜け床を降りることが可能。

横必殺技の「クラウンスロー」は自分の頭に被っている王冠をブーメランのように投げる技。近距離にいる相手にはクラウンの行きと帰りとで2回ダメージを与えることも可能。潰されにくい優秀な飛び道具だが、戻ってくる王冠をキャッチできないと王冠はアイテムとして地面に落ちてしまい、再び拾うまで使用することができない(拾うのは触れるだけでOK)。落ちた王冠は他のファイターも拾うことができるので、素早いファイターに拾われてしまうと動きの遅いクルールでは取り返すまで苦労するかも…。

ネコピーチ「1つしか無いならもうちょっと大切にしなさいよ~」(ネコマリオタイム第133回より)
…ごもっともです。
なお、場外に落ちると少し間を置いてクルールの近くに出現する。

上必殺技の「フライングバックパック」は背中にプロペラ装置を展開して上昇する技。マントを突き抜けてるが気にしてはいけない。プロペラ部分での攻撃も可能で、上からの復帰妨害にも対処できる。上方向への復帰に優れるが、横方向への移動距離はあまり長くなく、横からの妨害にも弱い。上昇しきった後は手を鳥のようにパタパタさせながら落ちるコミカルな仕草が見られる。Ver2.0でプロペラの判定が狭まってしまったので、上からの復帰妨害阻止も過信は禁物。基本復帰か浮遊するスマッシュボールを割りたい時ぐらいしか使わないだろう。

下必殺技の「ボディカウンター」はお腹を光らせ、受けた攻撃に対してお腹を膨らませて衝撃波と共に反撃する技。飛び道具の反射も可能な優れものだが、外した際の隙が大きく、背中側の攻撃には無力。ちなみに、反射時にスティックを逆向きに入れると後ろにも攻撃ができる。乱用は禁物だが、上手く読んで相手にプレッシャーを与えていこう。

また、彼の参戦に伴って、固有戦闘BGM「キングクルールのふね」がアレンジし直された。今まではロック風のアレンジだったが、今作ではACE氏による、原曲よりアップテンポで勇壮なアレンジとなった。曲の後半はラップパートを交えた、新規アレンジパートで、早速youtubeなどで高い評価を集めている。

勝利時のジングルは、ドンキー・ディディーとは別の物が用意されている。

勝ち上がり乱闘「ヘビー級のキケンなヤツら」では重量級かつパワフルな肉弾戦を繰り出すファイターが登場する。このテーマにふさわしいファイターがいるが、ライバルの赤いアイツを意識したテーマとなっているので、2番目に重いキングクルールが抜擢されたと思われる。ボスはガレオム。なお、本人もパワータイプかつタイマン戦ばかりなので勝ち上がり乱闘の中でも最終難易度9.9が狙いやすいファイターでもある。
軽量級のファイターが出るピチューとはテーマが真逆である。
バンジョー&カズーイの参戦PVでは上の通りドンキー達とくつろいでおり、二人の参戦に大喜びしていた。が、最後の切りふだであるジンジョーネーターを食らって原作のグランチルダ同様に大岩の下敷きにされた。まあクルールなら大丈夫そうではあるが。

設定

デザインはレア社所属のデザイナーのGregg Mayles氏によるもので、名付け親でもある。名前の由来は「Cruel」(残酷な)から来ている。ドンキーコングたちを邪魔する残酷な王様と意味合いでつけられたらしく、本人曰く5分そこそこで考えた名前だそうだ。ちなみに名前に入っている"K"の文字には特に意味がないとのこと。

なお、日本名では繋げて書かれるものの、本来の英字表記は「King K. Rool」であるため、
彼の名前をより正確に表すならば「キング・ク・ルール」である。ちなみに英語圏の人々からは「キング・ケイ・ルール」と言った発音もされる。

余談

ゲーム本編やレア社の旧公式サイトではキャプテンクルールやバロンクルールと同一人物のように描写されている事が多く、特に英語版ドンキーコング64の説明書では「馬鹿馬鹿しい変装」ともあり、GBA版『スーパードンキーコング2』冒頭でも日本語英語両言語共にそう語られている。

『ドンキーコング64』に登場するクランジー(K. Lumsy)は日本語版だとキングクルールの弟と明言されている(参照)が、英語版ではクレムリン団員の1人とされ、特に血縁関係は語られていない。ただし、日本版の設定を受けて現在では英語圏のファンの間でも弟設定が浸透している模様。

大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズのフィギュア名鑑における説明文では、『DX』だと「キングクルールー」と名前が誤記され、次作『X』では名称表記が訂正されたが、今度はキャプテンクルールがキングクルールの兄として解説されていた。
しかし、このキャプテンがキングの兄だという記述は『スマブラX』以外では一切見られず(他はせいぜいSFC版スーパードンキーコング2の一部の攻略本で書かれていた程度)、ドンキーコングシリーズ本編内では日本版・英語版ともに基本的に同一人物のように扱われているため、前述の名前の誤記の件も合わせるとフィギュア解説の方が誤っている可能性が高いと思われる。もしくは、単に正体を隠すために「キングの兄」と名乗ってるだけかも知れない。

64においても『キング・クラッシャークルール』と名乗り、衣装替えしているが、王冠を被ったままなうえ、名前に『キング』とある時点で正体を隠していない。こちらはむしろ変装と言うより勝負服と言った所だろうか。

ちなみに初期の設定では「コマンダークルール(Kommander K. Rool)」であり、元々は王様ではなくて司令官だった。

関連イラスト

でふぉるめすまっしゅぶらざーず外伝:キングクルール
スーパードンキーコング20周年!!!


キングクルール
キングクルール


関連タグ

ドンキーコング スーパードンキーコング クレムリン軍団
悪役 ワニ ラスボス
キャプテンクルール バロンクルール
大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL スマブラヴィランズ

外部リンク

スマブラSP紹介映像
https://www.youtube.com/watch?v=xZcQStB9iQo

関連記事

親記事

クレムリン軍団 くれむりんぐんだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キングクルール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 476567

コメント