ピクシブ百科事典

キャプテンクルール

きゃぷてんくるーる

ゲーム『スーパードンキーコング2』のキャラクターにして、最終ボス。
目次[非表示]

概要

前作キングクルール同様、本作でのクレムリン軍団の頭。

クレムリン軍団の中でも最も海賊という性格を強く持っており、海賊としての本拠地と思われる「クレムリン島」の山頂にあるクロコブルグという城を構えているほか、空飛ぶ戦艦デビルクルールを本拠地にしている。

ビーチで1人休んでいたドンキーを急襲し拉致、そして身柄と引き換えにコングたちのバナナ倉庫にある大量のバナナを要求した。しかしディディーディクシーに本拠地まで乗り込まれ、両者は激突。

何度も死んだフリをしながら巧みに戦いを進めていたが、そのさなか捕らえていたドンキーに自力で脱出され、モンキーパンチをまともに浴びた結果、本拠地の戦艦デビルクルールから吹っ飛ばされ、クレムリン島のふもとまで自由落下。何回か地面に激突しており、SFC版では三回ほど、GBA版では六回ほど激突した挙句、海に落下してサメの餌食となった(GBA版ではサメが現れない)。


しかしそれでも彼はどうにか生き延びており、地下のロストワールドにボロボロの状態で潜伏していたところをディディーとディクシーに乗り込まれ、両者は再戦。

しかし最後の力を振り絞って戦うも、銃を暴発させられた衝撃で吹っ飛ばされ、ロストワールド中央の火口に落下、そのショックで島ごと沈む。
しぶとく生き延びた彼は、海賊船に乗り込み、高笑いを上げながら去っていった。
ドンキーコング64』には彼の写真が登場する。

クレムコインに彫られているデザインのモデルも彼なのではないかと思われる。

戦闘

本作ではボスキャラクターを踏みつけて倒すことができない。そのため、見た目に反して彼を踏みつけることも不可能。

武器は見た目どおりラッパ銃を使い、発射する弾は多種多様。タルや砲弾はもちろんだが、状態異常を引き起こす煙や、投げ返せないトゲ砲弾などもある。
それだけでなく、単に相手を打ち据える得物として使用したり、掃除機のように相手を吸い込む機能もついている(本人も姿を消したり、ワープしてきたりする)。

しかしその機能が仇となり、吸い込み中に砲弾を投げ返されると弾を吸い込んでしまうため、銃が暴発して彼はダメージを受ける(ちなみに暴発の際は、火花が二回散ってから砲弾が発射される)。
こうして倒すのが基本的な攻略法になる。
ちなみに接近し過ぎると、ラッパ銃で殴られる。

同一人物説

あたかもキングクルールが衣装換えしただけかと思われ、GBA版『スーパードンキーコング2』(日本語版含む)や、英語版『ドンキーコング64』、旧レア英語公式サイトにも同一人物のような描写があった。 実際1のキングクルール戦で非常に特徴的だった得意技死んだふりを3回も使っている。

だが、後に発売された『大乱闘スマッシュブラザーズX』のキングクルールのフィギュアでのみ「キングクルールの」と解説されている。しかし「兄」設定はここで唐突に出てきたものであり、過去に『大乱闘スマッシュブラザーズDX』で「キングクルール」という誤植をやらかしていた件も顧みると記述自体が怪しいと言わざるを得ないと思われがちだが、実はSFC版『スーパードンキーコング2』の小学館出版の攻略本でも「キングクルールの兄」と解説されている。また、DXではクッパのフィギュアに「7人の子供がいる」と紹介されていたのに対しXでは設定変更を伴い「一人息子のクッパJr.」と紹介されている例があるため、同一人物から兄に変更された可能性もあるが、スマブラX発売後もキャプテンクルールが未登場なため設定変更かどうかは不明。もしくは本人が「兄」だと言い張って正体を隠している可能性もあるが、そのような描写も原作にはない。
余談だが、『2』で登場するクランポンは取扱説明書に『1』のクラップトラップの兄とする記述があり、これを取り違えた可能性もありうる。

その後、同シリーズの後継作『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』においてキングクルールが参戦した際には、キングクルール本人が仮装してラッパ銃やバロンクルールのコプターを使用している事が確認できる他、海外版の原作ではキングクルールが元海賊と言う裏設定があるため、やはり同一人物説の方が濃厚と思われる。
ちなみにこの同一人物設定は須藤ゆみこ原作の漫画版『ウホウホドンキーくん』でもネタにされており、ディディーとディクシーに尋問された挙句最終的には「うるさーい!そんなことは任天堂に聞けー!」と逆ギレしながらメタ発言をかましている。

関連タグ

スーパードンキーコング2 クレムリン軍団

タウナ・バンディクー…本場と日本版では明らかに食い違った設定のあるキャラ繋がり。ただし、ほんの一部の作品で日本版の設定が逆輸入されたあちらと違い、こちらは日本版での設定が一切逆輸入されていない。

関連記事

親記事

キングクルール きんぐくるーる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キャプテンクルール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32668

コメント