ピクシブ百科事典

バンジョーとカズーイの大冒険

ばんじょーとかずーいのだいぼうけん

『バンジョーとカズーイの大冒険』とは、1998年に任天堂が発売したNINTENDO64専用ゲームソフト、及びシリーズ作品である。
目次[非表示]

ここではシリーズ作品全体について説明する。

シリーズ概要

レア社が開発した3Dアクションゲーム及びそのシリーズ。略称は「バンカズ」。
NINTENDO64向けに『1』『2』が開発・販売されたが、レア社がマイクロソフトに買収された2002年以降はXbox系列のゲームソフトとして展開されている。

ストーリーと世界観


心優しいオスのクマの「バンジョー」と、お喋りなメスのトリの「カズーイ」が一心同体になってアクションを繰り広げる。

バンジョーとカズーイの大冒険(N64)

意地悪な魔女グランチルダから、バンジョーのチューティを取り返すために、グランチルダの砦を攻略する。最終戦では、砦の頂上で両者が激突。敗北したグランチルダは地表に落下し、その際に崩れた砦から落ちてきた巨大な岩の下敷きになってしまう。

バンジョーとカズーイの大冒険2(N64)

『1』でグランチルダが下敷きになった状態から2年が経過。しかしグランチルダの妹、ブラウベルダ&ミンジェラの魔法により、グランチルダは白骨の姿で復活する。復活後はバンジョーの自宅を急襲し、ボトルズの殺害にまで至る。
バンジョーはマジョアイランドを冒険し、最終戦では再び本拠地の頂上で激突。ドリル戦車に搭乗するグランチルダだが、最後は強力な魔法をバンジョーとカズーイの攻撃で落としてしまい、エンジンに引火して戦車ごと爆発する。

バンジョーとカズーイの大冒険 グランティの復讐(GBA/iモード)

日本ではiモードの配信のみであった作品。英語圏ではGBAにて発売。
『1』と『2』の中間の時系列にあたる物語で、岩の下敷きになったグランチルダを救うべく、部下のクランゴがグランチルダ型のロボットを開発。これに魂を移し変えることでグランチルダは機械のボディを得て復活、カズーイを連れ去って過去の世界へ逃亡してしまう
過去の世界で追い詰められたグランチルダは戦いの末にこの機械ボディを大破させられたため、魂は下敷きとなったままの肉体へ戻された。

バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦(Xbox360)

『2』から8年が経過した物語。グランチルダが再びバンジョーとカズーイに戦いを挑む。しかし『2』の最終戦以来、グランチルダは頭蓋骨しか残っておらず、バンジョーとカズーイも長年の平和ですっかり太ってしまい、両者共まともに戦える状態ではなかった。
そこに、「全てのゲームを作った存在」とされる「ログ」と呼ばれる謎の人物が出現。両者は異世界「ドタンバたうん」に連れていかれ、戦いに決着を付けさせようとする。勝利すれば元の世界に戻れるが、負ければ彼の元で一生働かされることになる。果たして勝負の行方は…?
ちなみにこれまでの作品と比較すると、キャラクターのデイティールが大きく変化している。

特徴

今作は、同じレア社が開発したスーパードンキーコングシリーズに引けを取らない、壮大なスケールのアクションが魅力である。

その難易度は(謎解きに関して特に)スーパードンキーコングをはるかに上回る。
第1作のパッケージからして「アクション&頭を使わないとクリアできない」とはっきり表記されているほど。最終決戦に挑むために「最重要アイテムの94%が必要」だったり、2作目では「特定のステージの入り方が分からない」という質問がそこかしこで頻出したりする辺りから容易に想像できよう。
ただ、謎解きを中心に割と自由度が高く設定されており、1つの謎解きに複数の解法を適用できる例は少なくない。また、今この場で使えるアクションでは歯が立たず、先のステージで強化してから戻ってくる事が定石となっているパターンも多い。

もともとスーパーファミコン時代に、スーパードンキーコングでも使用した3DCG技術をアクションRPGでも応用できないかと考えて製作していた「Project Dream」が、ハードの変遷およびスーパーマリオ64の影響を強く受けて3Dアクションに落ち着いたものであり、したがってこのジャンルにしては「キャラクターの強化要素」「複数種のアイテム管理要素」「複雑かつ自由な謎解き」という要素が強いのも道理と言える。

また、登場キャラクターは可愛らしいデザインとは裏腹に、グロテスクな描写があったり(※)、扱いがひどかったりと、レア社特有のブラックユーモアが炸裂しており、一部のプレイヤーにはトラウマを植えつけることとなった。

(※···第1作を例にとると、最初のステージでいきなり雑魚敵をバラバラにできる。第2作では日本語版の64版以外では『ジョリーのリゾート』のとあるキャラクターが『グランティさんぎょう』からの工場廃液の影響で腕が3本になっている。XBOX版のCERO指定は12歳以上推奨)

シリーズタイトル

メイン

  • 1998年-『バンジョーとカズーイの大冒険』(NINTENDO64
  • 2000年-『バンジョーとカズーイの大冒険2』(NINTENDO64)
  • 2003年-『バンジョーとカズーイの大冒険~グランティの復讐』(GBA)※日本未発売。日本では携帯アプリで販売
  • 2005年-『バンジョーパイロット』(GBA)※日本未発売
  • 2008年-『バンジョーとカズーイの大冒険 ガレージ大作戦』(Xbox360

客演


キャラクター

バンジョー
カズーイ / ドラゴンカズーイ
チューティ
ボトルズ / デビルボトルズ
ジャムジャー
マンボ・ジャンボ
ジンジョー
ミンジョー
チイト
フンバ・ウンバ
クランカー
グランチルダ
ブレンチルダ
ミンジェラ&ブラウベルダ
ディングポット
クランゴ
ミスターバイル
ジョリーロジャー(ジョリードジャー)
ポウノ
キャプテン・ブラックアイ
ミスターフィット
トロフィートーマス
ロックナッツ族
ブームボックス
キングコウル
ミスターパッチ
ウーハッハだいおう
テリー
ウェルダー
チリービリー / チリーウィリー
ミンジージョンゴ
ロード・オブ・ゲーム

その他

ジグソーピース
ハニカム
みつばちの巣箱
stop'n'swop

おかえり!


2019年6月12日、ニンテンドーダイレクトE3において、大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』における第3弾のDLCファイターとしてバンジョー&カズーイ名義での参戦が発表。任天堂タイトルに約19年ぶりの帰還を果たす。
詳細は該当記事参照。

関連動画

シリーズ全CM(本場・日本版どちらも含む)


関連イラスト

I LOVE バンカズ
バンジョーとカズーイの大冒険


バイバイ エアリー
バンカズ大珍道



スマブラ参戦

バンカズスマブラ参戦!
バンジョーとカズーイ参戦おめでとう🎊


那覇☆
Nintendo Direct E3 2019



関連タグ

バンジョーとカズーイの大冒険2 ガレージ大作戦
コンピュータゲーム レア社 任天堂 Microsoft
動物   魔女
メタ発言 ブラックジョーク

Yooka-Laylee(バンカズスタッフが集結して作られた精神的続編)

スマブラ スマブラSP 他社組 ファイターパス
スマブラガールズ:カズーイが該当
ドンキーコング ディディーコング キングクルール
ダックハント

仮面ライダービルドに登場する万丈龍我バンジョウリュウガ)と猿渡一海(サワタリカズミ)、スマブラ参戦に伴い、2人の名前が似ていた事でネタ絵が描かれたり、Twitterでもコラ画像が投下された。

万丈とカズーミ参戦!!!
バンカズ



関連リンク

バンジョーとカズーイの大冒険 - 任天堂公式サイト
バンジョーとカズーイの大冒険 - Wikipedia

Sonic & SEGA All-Stars Racing - セガ公式サイト(Xbox360版限定でバンジョーとカズーイがゲスト参戦)

関連記事

親記事

レア社 れあしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バンジョーとカズーイの大冒険」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1389160

コメント