ピクシブ百科事典

カジオー

かじおー

カジオーとは、『スーパーマリオRPG』に登場するラスボスである。
目次[非表示]

概要

マリオワールドの征服を狙う新たな敵であり、本作のラストボスである。
名前の通り、ハンマーを持った鍛冶屋と王侯貴族を組み合わせたロボットのような姿をしており、最後のスターピースをお腹に貼り付けている。

鍛冶打ちの様な仕草でモンスターを生み出す。名前はオープニングより登場するが、最終決戦まで姿やセリフが一切登場しない。

「来い! オマエらも、タタき直してやる!!」

戦闘では、「メガトンハンマー」「ミルキりゅうせいぐん」「ライトサーベル」といったスペシャル攻撃を使い、容赦のない全体攻撃をお見舞いして来る。一緒にいるようこうろが生存していると、できたてヘイパーを生み出してくる。
特にミルキりゅうせいぐんは、あのダークスターに次ぐ威力を誇り、それでいて全体攻撃しかも軽減不可能な無属性攻撃なので、純粋に魔法防御を固めておかないと軽く死ねる(だいたい圧倒的物理の殴り合いと引き換えに魔法面が犠牲になったクッパか、速攻アタッカー気質故に純粋に打たれ弱いジーノあたりが被害を被りがち)。
更にできたてヘイパーも強力なスペシャル技を使ってくるので、生み出されたらはやめに倒さないとカジオーとの連携で大ピンチになる。早めに「ミンナカタクナール」やジーノの「ジーノウェーヴ」などで守りを固めておこう(この状態変化は第2形態にも引き継がれる)。

第1形態を撃破すると怒り、激昂のあまりハンマーで床を叩き過ぎて床が抜けてしまい(戦う前日に突貫工事で出来たばかりのため地盤が安定していないため)、その下にある別の世界で真の姿を見せての戦いとなる。

カジオー第2形態

変身好きなカジオー



「グオオオオォォォ!!!! かかってこい! こわっぱども!!!!」

マリオたちに追い詰められたカジオーが進化を遂げた姿。
最終戦前に上記のような自信溢れる発言をするが、「なにかんがえてるの」を使うと「むうう、やるじゃねえか。まずい。まずいぞ。」と内心は焦っている。
進化前より体が少し大きい他、髭は無くなっており、表情はやや不気味になっている。手に持ってるハンマーで自身の顔を叩いて練成させて頭部を色々な姿に変身させる。その姿は以下の通りである。

通常

通常形態となる頭だが、これにダメージを与えられるのは最初だけ。これ以降は顔を変形させるたびに一瞬だけこの姿になる。
攻撃の動作自体しないのに、無駄に高い攻撃力を設定されているのはさしづめプラウド・クラッドの装甲部分のジャマーアーマーに通じるモノがある。
一説によれば、マリオRPG自体未完成のまま世に出たといううわさ(没になった雪山生息と思しきモンスターの存在などが根拠?)もあるので、もしかすると本来はこの姿でも攻撃する予定だった名残だったのだろうか?

戦車

攻撃力が高く、キラーを撃ち、更に一撃死のマグナムを撃ってくる。
「なにかんがえてるの」によると、本人曰く精密機械らしく弱点が雷系ということは本人も認めているらしい。
ここでマロを育てているかどうかでカジオー撃破の難易度を大きく左右されると断言してもいい。

魔法使い

グラフィックと色合いの都合上、ミイラのように見えなくもないそんな姿。
「がんせきガラガラ」「ミルキりゅうせいぐん」「ダークスター」等の強力な魔法攻撃を使用してくるうえ、魔法防御力も高い。しかし、防御力はかなり低い。これもマロによって暴露される。
前述の戦車にかみなりドッカンでダメージを稼ぐか、こいつを狙ってクッパとジーノでウェーブからの物理の暴力でダメージを稼ぐか…
この場合基本FPに頼らない通常攻撃主体である以上、細かいことを考えずに攻められる、そういう意味ではある意味初心者にもわかりやすい戦法と言える。ただし、これをやる場合とりあえず大量のリフレッシュオールか、バッジ(きょうふふせぎを最優先で、後述する宝箱形態で恐怖状態にされるとダメージを与えにくくなる)による対策は欠かせないことは覚えておこう。
ちなみに、「レインソード」「レインアロー」「レインスピア」などといった「レイン」がつく攻撃にある武器名は部下の3体のボスの武器と同じである。

棺桶

魔法攻撃も通常攻撃も殆ど効かないほど防御力が高く、能力上昇を消す「ひっぺがし」や回復系の技も使う。
ダメージを与える攻撃はしない(体は普通に攻撃する)ので、「なにかんがえてるの」では「おれに弱点なし、今の内に回復だ!」と言うが、実は冷気属性に弱い
ただしユキやこんこんは威力40とやや物足りなめで、魔法防御に阻まれあまりダメージを稼げない可能性もある。そのため、ここは魔法防御無視の固定ダメージを与えるこおりだまで稼ごう(これは魔法に頼らないクッパを投入する上で使えるメリットでもある)。

宝箱

ランダムで相手全体に毒、カカシ等のステータス異常の攻撃を行う。ダメージはなく、それらの状態異常は「あんしんバッジ」や「セーフティリング」で防げるのでそれほど脅威ではない。
この形態の攻撃演出はプレイヤーの目によろしくない
宝箱=木ということで火にすこぶる弱いので、ここはマリオ専用のフルボッコタイムとでもいうべきか。
もちろんマリオ以外で魔法を使わないと割り切り、クッパとジーノを気兼ねなく投入できると考えられるかどうかも、またプレイヤーのセンスに委ねられることになるだろう

カジオー最終形態の胴体部分。
頭とは独立した意識を持っているらしく、「なにかんがえてるの」によると頭が重いらしい。HPは1000と設定されているが、そのHPをゼロにしても数ターン後に復活してしまう。

スーパーマリオくん

原作と同じくラストバトルに登場。ラストダンジョンに乗り込んで来たマリオたちと相見え、メガトンハンマーと言った大技で圧倒する。しかし仲間たちのパワーをもらったマリオに逆転され追いつめられると真の姿を現して様々な変身攻撃を披露した。なお、真の姿はゲームと比べるとずんぐりむっくりした三等身であり、コミカルな感じとなっている。
マリオをあと一歩のところまで追いつめるも、ジーノの奇策によって大砲に変身させられたマリオの「マリオフラッシュ」によって消滅した。

関連タグ

スーパーマリオRPG カジオー軍団 ラスボス

関連記事

親記事

カジオー軍団 かじおーぐんだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カジオー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123339

コメント