2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

オノレンジャー

おのれんじゃー

オノレンジャーとは任天堂とスクウェアが共同で作り出したスーパーファミコン専用ソフト『スーパーマリオRPG』に登場するボスキャラクター。
目次[非表示]

レッド「この世の悪を 守るため!」
ブラック「人々の心に、にくしみと悲しみを もたらし、」
グリーン「こんとんとした はめつの世界を 作るのよ。」
ピンク「それが、私達のはかなくも美しい りそうきょう。」
イエロー「我等、カジオー せんたい!」
「「「「「オノ レンジャー!!」」」」」

説明

通称『鍛冶王戦隊オノレンジャー』。

カジオー軍団の一員で、レッド、グリーン、ピンク、ブラック、イエローのメンバーの悪の戦隊。「バーレル火山」でカイザードラゴン(ドラゴンゾンビ)を倒してスターピースを手に入れようとしたところにスターピースを横取りする形で現れ、追いかけっこの末、火山の頂上で戦うことになる。頂上まで追いかける前に、ヒノマートで回復とアイテム調整をしておくといい。

後述のつまらない理由で戦線離脱するため、常にまとまりがない。そのため、グリーンの内心から戦隊解散の危機に陥っていることが解る。

他の軍団の一員の例に漏れず、ラストダンジョン「武器世界」では量産型が登場する。ただし、オリジナルと比べて体力が低く、5人揃って戦える機会が無い。なお、オノフォースは量産型として登場しない。

レッド

チームのリーダーで熱血漢。しかし、ポーズや立ち位置をよく間違えるドジな一面もある。他のメンバーが2人戦線離脱すると、「きはくアップ」で攻撃力を上げるため、メンバーの中でも意外と仲間想いかもしれない。倒された時の戦線離脱の理由が目が回った。
際立った弱点がなく全体的に能力が高い。量産型は「こんじょうアップ」も使う。
弱点の属性は量産型と共に氷属性。

ブラック

チームのサブリーダーで、ニヒリスト。サングラスをかけているが、レッド曰く安物らしい。倒された時の戦線離脱の理由がサングラスが割れたこと。
1ターンに2度行動で攻めてくる上に、スペシャル技を喰らったときは「ばくだんゴロゴロ」でカウンターをとって来る厄介な特性を持つ。この為迂闊に全体攻撃をするとピンチになりかねない。
弱点の属性は量産型と共に雷属性で、魔法防御力は40とメンバーの中では低め。

ピンク

チームの紅一点。回復魔法や全体攻撃「さくらふぶき」を使う。厚化粧だったらしく、倒された時は化粧が崩れたという理由で戦線離脱した。量産型は色を塗ってくれないことに不満を抱いていた。
HPはメンバーの中でも最低だが、ヒーラー担当のため真っ先に倒したい。
弱点の属性は量産型と共に炎属性。

グリーン

オカマっぽい口調をしたノッポな頭脳派。運動不足らしく、倒された時は貧血を理由に戦線離脱した。とはいえ、目眩がするのは生まれつきらしい。
こころなしか、メンバーの中では攻撃力と防御力が最低で、HPはワースト2。全体攻撃の特殊攻撃を使うほか、「かなしいうた」で沈黙状態にして来る。
量産型は「キラリりゅうせいぐん」以外の特殊攻撃は使わなくなった代わりに、「フレイムストーン」を使ってくる。
弱点の属性は量産型と共に氷属性だが、魔法防御力は120とやや高め。

イエロー

語尾に「ゴワス」を付ける巨漢の食いしん坊。割と天然。倒された時は空腹を理由に戦線離脱した(レッド曰く、その割には戦闘前にカレーを食っていた)。
体力自慢で自分に物理攻撃してくる相手に対してタックルでカウンターする。HPも高めの典型的な戦士タイプ。
ジャンプが弱点であり、魔法防御力も60と比較的低め(何故か量産型は20に下がっている)。

オノフォース

カジオー戦隊オノレンジャー


(イラスト後方の巨大メカ)
斧の形をした飛空艇。戦闘で対峙するのは頭部部分のみ。
強力な全体攻撃技「ジャスティスブレイカー」(技の文字数制限のため、『ジャスティスブレイカ』表記)を使えるがエネルギー充填で2ターンに1回しか攻撃できないのが欠点。最初から使ってもらえなかったことが不満らしい。
何故かいつも待ち合わせに遅れて来て、ヤリドヴィッヒとオノレンジャーを困らせた。
弱点の属性は雷属性。

なにかんがえてるの

レッド「しまった! さっきポーズまちがえた!」
ブラック「レッドのポーズがちがってたよなあ、いいんかい?」
グリーン「そろそろ かいさんか、、、、。」
ピンク「レッドの立ち位置、おかしいわねえ。」
イエロー「みんなひとつにまとまっていて、いいカンジでごわス。」

オノフォース「最初から、おれを使えよ・・・・。」
戦隊モノ最悪の禁忌。

量産型レッド「この世の悪を 守るのだ」
量産型ブラック「まだ、チームのメンバーが決まってねぇよ!」
量産型ピンク「色ぐらい ぬってほしいわ!」
量産型グリーン「めまいがするわ。 これは生まれつきよ。」
量産型イエロー「はらへったでゴワス」
…量産型もまとまりが無かった。

最期

追い詰められたレッドは「こうなったら、最後のしゅだんだ!!」とお約束の負けフラグを立てながらオノフォース本体を起動。しかし本体まで倒されたことでオノフォースが落下を始め、爆発四散。こうして悪の戦隊は壊滅した。

余談

スーパーマリオRPG』が発売された当時のスーパー戦隊シリーズは『激走戦隊カーレンジャー』で、後に劇中で「暴走戦隊ゾクレンジャー」という悪の戦隊ヒーローがでてきた。また、とある攻略本では、鍛冶王戦隊オノレンジャーのロゴが『超力戦隊オーレンジャー』っぽい感じになっていた。

もっとも、当時のスクウェアではSFCの半熟英雄に「完熟戦隊ハードマン」という敵側の戦隊がいたわけだが…。

関連イラスト

「みん」「な」「そ」「ろっ」「て」!!
無題



関連タグ

スーパーマリオRPG カジオー軍団
悪の戦隊

関連記事

親記事

カジオー軍団 かじおーぐんだん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「オノレンジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34461

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました