ピクシブ百科事典

タタンガ

うちゅうかいじんたたんが

ゲームボーイソフト・スーパーマリオランドに登場する悪役。
目次[非表示]

概要

マリオランドのタタンガ

ゲームボーイ初のマリオシリーズ『スーパーマリオランド』のラスボスとして初登場。
ピラプト王国、ミューダ王国、イーストン王国、チャイ王国の4つの国からなる「サラサ・ランド」に突如として襲来した宇宙怪人。
住民達に催眠をかけて国を乗っ取り、自らの妃とするべくデイジー姫を連れ去るなど悪行を重ねる。

催眠術による己の手を汚さない支配、機械仕掛けの敵によるマリオ迎撃だけでなく、戦闘機「パゴス」を自在に操る技巧派で、必殺技は巨大な弾を複数の小さな弾に分裂させて敵を襲わせる拡散波動砲
そんなタタンガだったが、洗脳した各地の王や戦士を打ち負かして攻め込んで来たマリオのスカイホップ号による射撃を25発もお見舞いされて基地・戦闘機共々に大爆発。さしもの宇宙怪人も、ついに撃ち滅ぼされたのだった。

続編でのタタンガ

大爆発の中で消え去ってしまったため、死んだように見えたタタンガだったが、続編の『スーパーマリオランド2 6つの金貨』では何とワリオの配下になって再登場。ある意味で赤マフラーである。
戦闘力をさらに増強させたタタンガは、宇宙船ネオ・パゴスを操りつつスペースゾーンに居座ってマリオを迎え撃つ。3発踏めば倒せるが、素早い動きなので凶悪さは磨きがかかっている。

なお、同作以降タタンガは出番がない。同じGBシリーズ出身のデイジー姫やワリオが後にマリオファミリーとして立派にレギュラー化していったのに対し、彼のゲーム出場はたった2作のみである。
児童書や攻略本でも「小心者」と描かれ、「今度はおいらがマリオを邪魔してやる」と小物臭芬々たる台詞を放ったりと扱いも悪い。決して弱い悪役ではないのだが、不遇かつ悲惨な扱いである。
一応、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』のスピリッツとしては久々に再登場している。

pixivでは「デイジー姫に惚れている」という設定からセットで描かれることが多い。

手下・仲間など

宇宙怪人と言うだけあって、催眠で操った諸国の指導者や機械兵器が多い。

  • キングトトメス:ピラプト王国の王で、巨大なスフィンクスとライオンが合体した姿。炎を吐きつつジャンプと言う、初期のクッパと同じ動きをする。



  • パオキントン:チャイ王国の王だが正体は不明。大の恥ずかしがり屋で雲に隠れており、攻撃手段はチッキンと言う戦闘用の鳥を次々に放つのみ。それでもタフなので倒すには時間がかかる。


  • メカポン:頭を投げるロボット。胴体を破壊しないと再生する。

  • チッキン:戦闘用に開発した鳥のモンスター。空中ステージの雑魚だが素早く厄介。

  • チカコ:チカチカ光るロボット。倒すのに手間がかかるので障害物に近い。

コミック版でのタタンガ

本山一城

「わしは宇宙帝王のタタンガさまだ! これよりサラサ・ランドを支配いたす」
コミックボンボン連載。一人称が「わし(わたし)」で、体格はかなりのチビ(マリオの頭に乗れるくらいのサイズ)。デイジーを口説く時の姿は悪役威厳たっぷりである。一方でトリオン(魚のモンスター)を焼き魚にして食べてしまい、ホーネン(アンデッド)にした経緯がコミカルに描かれる。
手始めに宇宙催眠という音波でサラサ・ランドの住民たちを洗脳して支配下に置く。そして詰め寄って来たデイジーが美少女であることから拉致して洗脳し、チャイ王国の山頂で結婚式を挙げようとする。
マリオはこれまでの道程で仲間が死亡したり、ピーチ姫や協力者の道士たちがピョンピーに噛まれてピョンピーになったりしており、悲壮な決意を胸にタタンガに勝負を挑むことになる。

最終決戦ではピーチや道士たちの犠牲によってマリオはスカイポップ号に乗り込み、式場へと突入。タタンガもまた戦闘用ロボット・パゴスに乗り込んで応戦する。そしてマリオも部下も構わずまとめて始末するべく拡散波動砲を撃ちまくるという暴挙に出る。被弾によって墜落しかけたスカイポップ号だが、仲間たちの声に気力を取り戻したマリオに呼応するように再び大空へと飛び立つ。
タタンガのパゴスは規格外の耐久力を誇っていたが、マリオは指から血が噴き出すほどのボタン連打により連続ミサイルを撃ち続け、見事パゴスを轟沈。こうして宇宙怪人の野望は潰えたのだった。

マリオに敗れてからは、なぜかデイジー姫の付き人のようになっており、「タタちゃん」と呼ばれている(マリオに負けて改心したとのこと)。

『6つの金貨』ではワリオから第一の子分になれと勧誘を受け、このままデイジーの下でペット同然の暮らしをするか、再び悪に返り咲くか悩んでしまう。しかし改良型パゴスを見せられたことで乗り込み、ワリオの配下となって再びマリオたちと敵対する(パゴスに乗り込むと人格が豹変するという設定が追加された)。
この話では彼が統治するタタンガ星も登場している。住民は平和を望む温和な性格だが、ワリオの悪のオーラによって悪に落ちた「ワルデイジー」によって洗脳されてしまう。デイジーが改心したことでタタンガ星人はもとに戻るが、ワリオにマインドコントロールされているタタンガは部下を見殺しにしてまでマリオを倒そうとする。しかし、マリオとヒポポンの合体技でスペースカッターを真剣白刃取りにされた挙句、跳ね返されて敗退した。

『6つの金貨』最終話では再び改心して、宇宙空間に投げ出されたマリオを救い出す。その後、デイジーのフラワーで変身したファイアマリオファイアルイージとの三位一体の技で、邪悪な意思に支配されてワリオの姿になったピーチ姫を倒し、正気に戻した。

スーパーマリオくん

3巻巻末のオマケ漫画に登場。クッパ悪友であり、この時は手下を有料で貸し出していた。

タタンガ「一匹百円! 全部で五千円!!」
クッパ「高い!! 五十円にしろ!!」

と、ものすごい値切り方をされていた(クッパは大金を出してレンタルしたと述べている)。
ちなみに写真でしか登場しないため物語には絡まない。
『六つの金貨編(マリオランド2編)』では、ゲームと同じくワリオの手先となって登場。最後の金貨を守っており、ヨッキー(人格を持った巨大なヨッシーのクッキー)を人質に取るなど卑怯な策を行った。もっともマリオは人質など無視してファイアーをかましてきたため、タタンガも「なんてやつじゃ……」と呆れていた。その後、ヨッキーが花火爆弾をチョコボールと勘違いして咥え込んだことで、マリオたちを宇宙から地上まで吹っ飛ばしてしまう。更に金貨もすべて奪い取っており「おまえらはもうワリオ城に入れない!」と勝ち誇る。
直後、サンタクロースに扮したクッパが現れ、ボロボロ黒焦げにされた挙句、金貨をすべて奪い取られてしまう。オチでは涙目で「六つの金貨持っていったのだれ!?」と困惑しながら物語から退場した。なお、数ある悪役キャラの中では珍しくマリオが負けたまま終わった相手である。

嵩瀬ひろし版

「久しぶりだね、マリオくん」
「地球制服のじゃまをする最大のテキは、やはりきみだったね」
「でも、サラサランドでやられたボクと、今のボクはちがうんだよお」
大長編にてウイルス達を部下に引き連れて地球征服を企む大ボス的な立ち位置で事件の黒幕及びラスボスとして登場している。大長編の敵と言うこともあってか高瀬版にしては珍しく本物の悪党として描写されている。
手始めにマリオ、クッパ、ワリオを争わせるべく「ピーチ姫を誘拐」「クッパ城に鉄球を落として破壊する」「ワリオが狙っていた財宝をかすめ取る」と言う悪事を働いた。ところが三人はマリオカートで勝負を始めたため狙い通りにいかず、円盤からボム兵を落としてまとめて始末しようとする。
その後、円盤に乗り込んだマリオ、チビヨッシー、クッパ、ワリオを排除するべくウイルスたちをけしかけた。そしてクッパとワリオを捕らえ、マリオとピーチ姫を氷漬けにしてしまう。だが二人の愛によって氷は解け、更にチビヨッシーが適当に操作パネルを弄ったことで自爆装置が入ってしまう。
混迷する事態の中、タタンガはマリオと対峙。タタンガはウイルスたちを地球征服に利用しただけで、用が済んだら円盤を爆破して始末するつもりだった。怒れるマリオだが、タタンガはパゴスの力で寄せ付けず追い詰めていく。しかしチビヨッシーが持ってきたスーパーこのはによりマリオはパワーアップ。空中戦に敗れたタタンガは、マリオのジャイアントスイングによって宇宙の彼方へと消え去ったのだった。

関連イラスト

タタデジつめあわせ



関連タグ

スーパーマリオランド マリオシリーズ
バツガルフ:タタンガと同じように、いきなり現れたクッパに倒されている。

関連外部リンク

タタンガとは - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

マリオシリーズ まりおしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「タタンガ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「タタンガ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 226560

コメント