ピクシブ百科事典

マリオファミリー

まりおふぁみりー

【キャラ一覧あり】マリオシリーズ及びその派生シリーズで活躍するキャラクターたちのこと。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. マリオシリーズのキャラクターたち。
  2. ジャガーコンピュータミシンと接続してマリオシリーズのキャラクターの刺繍ができるソフト。通販限定販売。


本項では1について記述する。

概要

主にマリオと関わってきたキャラのこと。あるコンビでは非常に仲が良いことがあれば、あるコンビではライバル関係であることもある。それでも、ファミリー内では仲が良いことが当たり前であり、結束の強さが分かることもある。

主なキャラクター


固有のキャラクター

マリオ

赤のヒーロー


声:古谷徹(90年代初期までのアニメ作品やCMなど)
  チャールズ・マーティネー 

もはや説明不要の、僕らのヒーロー。M。ミスター・ビデオゲーム。別名ジャンプマン。陽気な性格であり、彼の高いアクション力でクッパをはじめとした悪い人たちをやっつける(とはいえ、一度だけ悪役を演じたことがある)。ピーチ(かつてはポリーン)とは恋仲で、クッパとは永遠のライバル。
マリオカートなどにおけるイメージマークは「M」、イメージカラーは赤(アーケード版マリオブラザーズなど一部の作品では青)。

ルイージ

緑のヒゲ


声:水島裕(劇場アニメ)
  ジュリアン・バーダコフ(日本版マリオカート64、マリオパーティ1・2、マリオカートアドバンス)
  チャールズ・マーティネー

マリオの、双子の弟。L。穏やかな性格で怖がり。影が薄く一部のキノピオなどからはひどく言われているが、彼だってやるときはやるんです。デイジーとは恋仲。
イメージマークは「L」、イメージカラーは緑(マリオパーティ3~6では青)。

ピーチ

ランタッタ平地


声:山瀬まみ(劇場アニメ)
  春花亜少子(日本版マリオカート64、マリオパーティ1・2、マリオカートアドバンス)
  レズリー・スワン(スーパーマリオ64、海外版マリオカート64、スーパーペーパーマリオ)
  ジェン・テイラー(スーパーマリオサンシャインなど)
  ニコール・ミルズ(マリオ&ルイージRPG2など)
  サマンサ・ケリー(一部を除く、マリオパーティ8以降の全作品)

よくクッパにさらわれるお姫様。おっとりな性格をしていて、マリオとは恋仲。
イメージマークは王冠、イメージカラーはピンク。

デイジー

デイジー姫とファイアーフラワー


声:ケイト・フレミング(マリオテニス64)
  ジェン・テイラー(マリオパーティ3~5)
  ディアナ・マスタード

サラサ・ランドのお姫様。お転婆な性格。「スーパーマリオランド」でマリオに助けられるが、「マリオオープンゴルフ」からルイージの相方および恋仲として登場。
ピーチとはライバル友達。人間キャラの増加のためも含めてマリオパーティシリーズなどでよく登場するが、彼女を主題としたゲームが無いのが惜しいところ。
イメージマークは花、イメージカラーはオレンジまたは黄色。

ワリオ

おたからハンター☆


声:大塚周夫(『ワリオランドシェイク』までのCM)
  トーマス・スピンドラー(日本版マリオカート64、マリオパーティ1・2、マリオカートアドバンス)
  チャールズ・マーティネー

自称「マリオのライバル」。W。かつてマリオの作った城を奪ったことがあるが(スーパーマリオランド2)、マリオに奪い返されたのがきっかけでマリオを敵視にしている。
金儲けとトレジャーハントが趣味。強欲で下品だが、他のみんなに比べて非常にハッキリとしたキャラ設定を持ち、また意外と規則正しい生活を送っている
イメージマークは「W」、イメージカラーは黄色または紫。

ワルイージ

Γ


声:チャールズ・マーティネー

自称「ルイージのライバル」。Γ(ガンマ、または鉤括弧)。実は「マリオテニス64」で、ワリオ及びルイージの関連キャラが欲しいという目的で生まれ出した。ずる賢い性格ではあるが苦労人。ちなみにワリオとは兄弟ではない。また、デイジーと同じく関連作品がないのも惜しいところ。
イメージマークは「Γ」、イメージカラーは青紫または黒。

クッパ

大魔王


声:和田アキ子(劇場アニメ)
  サウンドエフェクト(64作品、大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ、マリオパーティ4・5など)
  スコット・バーンズ(スーパーマリオサンシャインなど)
  エリック・ニューサム(スーパーペーパーマリオ)
  ケニー・ジェームズ(一部を除く、スーパーマリオギャラクシー以降の全作品)

マリオの永遠のライバル。マリオとルイージとのライバル理由は、かつてカメックからこの双子がクッパ軍団を脅かすといわれ(ヨッシーアイランド)、それの阻止のために誘拐したのだが敗北したのが理由。
よく王族であり魔法が使えるピーチをさらう。横暴な性格だが、時としては部下想い・ツンデレなところもあり、更には彼の一番格好いいところが見られることも。
イメージマークはクッパの顔、イメージカラーは黒+赤やオレンジ、深緑など。

クッパJr.

修理中~


声:ドロレス・ロジャース(スーパーマリオサンシャインなど)
  ケーティー・サゴイアン(一部を除く、スーパーマリオギャラクシー以降の全作品)

スーパーマリオサンシャインからの参加。クッパの幼い息子。いたずらが好きで、打倒・マリオを目指している。
なお、かつてスーパーマリオブラザーズ3からクッパの子供達として登場していたはずのコクッパ7人衆との関係は不明で、後に公式では彼らを子供たちから手下扱いにしてしまった。
上記のコクッパや、マリオパーティに登場したクッパの分身であるミニクッパ、クッパ自身の幼少期のベビィクッパ等と混同されることもある。
NewスーパーマリオブラザーズWii以降、Jr.とコクッパ達は共演することが多くなり、具体的な関係は不明ながらも8人の関係は非常に良好なようである。
イメージマークはクッパJr.の顔、イメージカラーは黒+赤や緑+黄色など。

ドンキーコング(2代目ドンキーコング)

ドンキーコング


声:サウンドエフェクト(64作品、マリオパーティ4~7、大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)
  山寺宏一(アニメ版吹き替え、一部のCM)
  Grant Kirkhope(ドンキーコング64など一部作品)
  長嶝高士(一部を除く、ドンキーコング ジャングルビート以降の全作品)

今のドンキーは2代目。初代はクランキーコングで、「ドンキーコング」でマリオと知り合っていた。また、クランキーはドンキーの祖父。ワリオなどとは違ってマリオとの直接の描写は少ないが、それでも仲が良いと言われている。ただし、勘違いなどが原因でポリーンを誘拐してマリオと対立することもある。
イメージマークは「DK」、イメージカラーは茶色(マリオカートシリーズの一部作品では黄色)。

ディディーコング

DD


声:Chris Sutherland(マリオカート ダブルダッシュ!!まで)
  林原めぐみ(アニメ版吹き替え)
  鈴木勝美(一部を除く、マリオテニスGC以降の全作品)
  サウンドエフェクト(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ)

ドンキーの相棒。元々はレア社によって開発されたキャラクターだが、版権が任天堂に移ったことにより、以後マリオシリーズにも登場するようになった。重量級のドンキーとは正反対の軽量級キャラクター。
イメージマークはシャツに描かれている星、イメージカラーは茶色(ドンキーコング トロピカルフリーズでは青)。

ポリーン

ポリーン市長


声:ジュディ・ストレンジ(海外アニメ)
  不明(マリオvs.ドンキーコング 突撃!ミニランド)
  ケイト・ヒギンズ(スーパーマリオ オデッセイ)

マリオの親友の女性(元彼女)。アーケード版のドンキーコングから登場している古参のキャラクター。当時は現在のクランキーコングに誘拐されていた。その後ピーチ姫が登場してからは完全新作での出番が無かったが、2007年に発売された『マリオvs.ドンキーコング2 ミニミニ大行進!』に久々に登場。マリオが経営しているマリオ・トイ・カンパニーで働いているが、事あるごとに2代目ドンキーコングに誘拐される。
スーパーマリオオデッセイで初めてドンキーコングシリーズ以外に登場。ニュードンク・シティの市長に就任しており、劇中曲の「Jump Up, Super Star!」と「Break Free (Lead the Way)」のボーカルを担当している。

オヤ・マー博士

オヤマー博士


声:戸高一生

ルイージマンションからの参加。テレサに捕まったマリオを助けるために立ち上がるルイージをサポートした。そのあともマリオ兄弟に専用武器を与え、「マリオパーティ6」ではルイージに対して専用セリフを言うなど、ルイージのパートナーのような一面を持つ。
また、オヤ・マー・サイエンス社の代表及びマメーリア王国のカフェのオーナーをつとめる。操作キャラとしては登場してはいないが、モブキャラとしてはそこそこ多く登場している。
イメージマークは博士の顔をモチーフとしている。

ロゼッタ

銀河のママ


声:メルセーディス・ローズ(スーパーマリオギャラクシー1・2、マリオカートWii)
  ケリー・ケイン(マリオカート7、大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS/Wii Uなど)
  ローラ・フェイ・スミス(一部を除く、マリオカート8以降の全作品)

スーパーマリオギャラクシーから登場。ほうき星の天文台の主で、クッパに奪われたグランドスターを取り戻すように頼んだ。身長はルイージより高いピーチよりもさらに高い。穏やかな性格だが、本編以外では一変して荒ぶり出す
ワリオとは逆の意味で設定が濃く、また、ロゼッタ→ローズ(バラ科)とピーチ→桃(バラ科)との関連及び彼女のセリフから、じつはマリオとピーチの娘(未来人?)ではないかとささやかれている(詳細は「マリロゼ」参照。ワリオはギャグっぽさがあるが、彼女はどちらかと言うとシリアスめ)。
イメージマークはグランドスター(スーパーマリオギャラクシーに出た、大きなスター)、イメージカラーは薄い青緑。

種族としてのキャラクター

ヨッシー

「お願い、乗って…!!」  ~おいてかないでっていう…~


声:サウンドエフェクト(マリオカート64まで、マリオパーティ1~3、New スーパーマリオブラザーズシリーズなど)
  戸高一生(一部を除く、ヨッシーストーリー以降の全作品)

マリオたちとよく関わっているのは、「ヨッシーアイランド」で知り合ったヨッシーで緑色。種族としてのヨッシーは、色が様々で、主にヨースター島に住んでいる。
イメージマークは卵、イメージカラーは黄緑や個体ごとの色(マリオカート7では青緑)。

キャサリン

wenk


声:日出郎(スーパーマリオUSAのCM)
  ジェシカ・チザム(マリオテニス64)
  ジェン・テイラー(スーパーマリオアドバンス)
  戸高一生(マリオゴルフ ファミリーツアー以降の全作品)

オカマの恐竜(近年は本物の雌になっている)。元々はマリオ達の敵として登場していたが、近年は敵として登場することは無くなり、現在はマリオパーティシリーズなどに登場する。ヨッシーとは恋仲。
イメージマークはリボン、イメージカラーは赤紫。

キノピオ

仕事の合間のひとやすみ


声:江森浩子山本百合子(劇場アニメ)
  丸野智子(日本版マリオカート64、マリオパーティ1~3、マリオカートアドバンス)
  アイザック・マーシャル(海外版マリオカート64)
  ジェン・テイラー(スーパーマリオサンシャインなど)
  サマンサ・ケリー(一部を除く、マリオパーティ8以降の全作品)

キノコ王国の住民の一部であり、ピーチ城に仕える者もいる。操作キャラなどとしては、頭が白+赤で、他にも色の組み合わせがある。メスは髪の毛が生えていることが多い。最近のアクションゲームでは青キノピオが操作キャラとして登場することが多くなった。
固有キャラとして「キノじい」や、後述の「キノピコ」などがいる。
イメージマークはキノコ、イメージカラーは青や斑点の色。

キノピコ

キノピコ


声:ジェン・テイラー(マリオパーティ7まで)
  サマンサ・ケリー(マリオパーティ8以降の全作品)

「マリオカート ダブルダッシュ!!」から登場。ピーチ姫を尊敬しており、キノピオ達にとってアイドル的存在。マリオに好意を抱く意外な一面も。マリオカート、マリオパーティシリーズでは隠しキャラとして多く出演。「ペーパーマリオRPG」などマリオシリーズ本編にもそれなりに出番がある。全く出番がない時期があったが、「マリオカート8」で復帰し、「進め!キノピオ隊長」ではメインヒロインを務めた。イメージマークはピンク色のキノコ、イメージカラーはピンク。

ノコノコ

カメ組!


声:サウンドエフェクト

カメ族のなかの一部。クッパ軍団の兵士として働いているものがいれば、一般市民として生きているものもいる。派生にパタパタがいる。操作キャラとしては甲羅の色がノコノコは緑、パタパタは赤になっている場合が多い。
イメージマークは甲羅、イメージカラーは黄緑や甲羅の色。

クリボー

クリボー


声:サウンドエフェクト(マリオパーティシリーズ、スーパーマリオスタジアムシリーズ)

雑魚キャラに定評のある一族。戦闘力が低いが、ペーパーマリオシリーズの件から頭脳派であることが伺える。こちらも、クッパ軍団の兵士と一般市民のクリボーが混在している。ちなみに、マリオカート・テニスではプレイヤーキャラとしては登場していない(野球ゲームである「スーパーマリオスタジアム」では登場)。

テレサ

テレサトリオ


声:サウンドエフェクト(マリオゴルフ ファミリーツアーまで、マリオパーティ5~7など)
  須崎早苗(一部を除く、マリオテニスGC以降の全作品)

愛嬌のある照れ屋なオバケ。敵としての登場がほとんどだが、マリオRPG、マリオパーティシリーズではアイテムの販売をするなど友好的な個体も存在する。マリオパーティシリーズではプレイヤブルキャラとしても活躍。マリオカートシリーズではアイテムとして登場する他、一部作品ではルイージマンションに登場したボス、キングテレサが使用可能。イメージカラーは白や灰色。

ヘイホー

Shyguy


声:Nate Bihldorff
  サウンドエフェクト(マリオパーティ1~7)

初登場は夢工場ドキドキパニックでリメイクされたスーパーマリオUSAに登場して以降マリオシリーズのザコ敵として登場するようになる。敵キャラらしくバリュエーションも豊富。無邪気な性格もいれば金に非常など作品によって様々なキャラ付けがされている。マリオカートシリーズなどプレイヤブルキャラとしても活躍することが多い。イメージカラーは白や個体ごとの色。


関連イラスト

マリオスポーツミックス
スーパーマリオギャラクシー3周年



関連タグ

スーパーマリオ キノコ王国
クッパ軍団:その他雑魚キャラについてはこちらから

pixivに投稿された作品 pixivで「マリオファミリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25082

コメント