ピクシブ百科事典

概要

スーパーマリオサンシャインにて初登場。60歳。声はマリオと同じチャールズ・マーティネー氏。
キノピオと同じキノコ族で大臣的な役割を担っているため、かつてスーパーマリオRPGマリオストーリーにいた「キノコ大臣」の存在をあっさりと消してしまった。
役割はほぼ同じだが、かつてのキノコ大臣は緑の水玉帽子なのに対し、キノじいは茶色の水玉帽子に眼鏡をしていると違いがある。
なお公式では彼らの設定について特に何も言われていないが、役割がほぼ同じポジションであることや、キノコ大臣はRPG→ストーリーの時点で髭が黒から白になって現在のキノじいに近い姿になっているため、実は同一人物ではないかとする説も存在する。名前が違う点も単純に肩書上の大臣職を降りてただの「じい」になっただけかもしれないし、キノコ族の笠の部分は帽子なので一応イメチェンも可能である。
一方で、英語版ではRPGの大臣が「Chanceller」、ストーリーの大臣が「Toad Minister」、そしてキノじいが「Toadsworth」と全て呼称が異なるため、3人全員が別人(もしくはパラレルワールド)説もある。

マリオ&ルイージRPG2では若い時の姿が登場。推定35歳ぐらいだが、口うるさいジイさん呼ばわりされる。

ひめとじい


ベビィたちと共にタイムスリップして未来のキノじいに出会い、ベビィピーチをあやそうとしていろいろな事をやり、それがブラザーアクションのネタとなると言う展開が続く。
その際にはお互いを「若いワシ」「古いワシ」と言い合っている(古いのは若い時の方のはずなのだが……)。
って言うかこのアクション、かなりめちゃくちゃな事をやっている気がするのだが……。

たびたび大胆な行動をとるピーチ姫に苦言を呈したりすることもあるが、やっぱり元はキノピオなのでどこか頼りない。
頭脳派であり、役満DSではシリーズラスボスのクッパを押しのけ、なんと最強の敵キャラクターとして君臨する。まだキャラを出していなくてもあのシルエットで「まさか…」と思った人はいるであろう。

頭脳派という点も、側近という点も、老けている点も、眼鏡と杖を身に着けている点も、更に仕えている者を幼い頃から面倒を見ているという点からもどことなく敵軍のこいつと似ているのは偶然というべきか。

見ての通りのご老体であるが、スポーツ系作品(スーパーマリオスタジアムミラクルベースボールファミリーベースボール等々。)ではそれを押しのけて参戦する。その辺りはどことなくクランキーコングに似ている。
マリオパーティ7では案内人を務め、DSで発売されたNewスーパーマリオブラザーズではマリオにアイテムを与えるなど活躍をしていたが、近年は出番が減りつつあり、外伝作品でもRPG4を最後に完全新作では本人が登場しない事態となってしまっている(リメイクを含めば3DXが最後)。
一応、大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALにてスピリッツで登場している。

ちなみにキノじいが登場する以前から、本山一城版スーパーマリオにて「じい」なるキャラクターが登場している。外見は年老いたキノピオで、「キノじい」と比べて老けている。ピーチ姫にコキ使われている苦労人。

関連タグ

マリオ ピーチ姫 キノコ王国 キノピオ キノピコ

関連記事

親記事

キノピオ きのぴお

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キノじい」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キノじい」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110025

コメント