ピクシブ百科事典

キスティス・トゥリープ

きすてぃすとぅりーぷ

『ファイナルファンタジー8』の登場人物。
目次[非表示]

CV:沢城みゆきWOFFでの配役)

概要

年齢18歳 身長172cm 誕生日10月4日 A型
使用武器:鞭

現役のSeeDでありバラムガーデンの教官も勤める。
18歳という若さとは思えぬ知性と美貌から、ガーデン内では男女問わず人気があり「トゥリープFC」も結成されている。
(FF用語辞典 Wikiより一部引用)

ガーデン内では最年少で教員免許を取得し、教官の職についた才女。ストーリー序盤では教官としてスコールを指導していたが、スコールのSeeD試験終了後に教官を解任され、スコール達と同じSeeDとして活動していく。
発売前は女性教官という触れ込みだったが、実は本編中で教官だった期間はかなり短い。

一見すると完全無欠の強い女性のように思えるが、その実、精神的には年相応な部分もあり打たれ弱く、理想と現実のギャップの前にくじけそうになってしまうことも。
教官を解任されたことはキスティスにとって初めて味わう決定的な挫折で、SeeD就任パーティー直後にスコールにその悩みを打ち明けるが「壁とでも話してろよ」の名言とともに突き放されてしまう。美人であることには違いないが異性関係は割と不遇。
しかし最年少で教師になっただけあって作戦遂行能力は高く、チームリーダーとなったスコールを先輩としてしっかり支え、的確なアドバイスをしてくれる。

序盤からさりげなくスコールや問題児のサイファーのことを気にかけており、中盤で記憶を取り戻すまでは自分はスコールに恋をしていると「思っていた」(本人によればリノアが現れてキッパリ諦めたつもりだった)。が、のちにこの感情は過去の記憶の倒錯から来る思い違いであったことが発覚。それでもあっけらかんとそれを受け入れ、以後はスコールを導くのような存在として彼を見守るようになる。
終盤では他の仲間と共にスコールとリノアの恋を後押しする役割も担い、スコールがリノアの意志を尊重して彼女が魔女記念館へ封印されに行くことを止めなかったと聞くと、「何のために宇宙まで出て行ってリノアを助けたのか」と憤激。「バカ」の一言でスコールを奮い立たせ、彼に魔女となったリノアを救い、守っていく決心を固めさせた。

戦闘

を武器に戦う中距離アタッカー。
見た目がバリバリに『お姉様』のため、なんというか非常に堂に入っている
彼女の武器の強化用の材料は、アイテムを落とす敵の強さゆえに入手難易度が高いものが多く、最終装備に到達するまで一苦労する。

特殊技は「青魔法」。敵から入手した特定のアイテムを使用することによって技を覚える。
攻撃では目からビーム、全身から超音波などは序の口。何処からともなくミサイルを発射させ、腕から火炎を出す。挙句の果てには「臭い息」で敵パーティーを状態異常に陥れたり、核爆発を発生させて一撃のダメージ上限(9999)を軽くオーバーさせたりする。さすが教官。回復技である「ホワイトウィンド」も実用性が高く、セルフィの「フルケア」よりもお手軽にパーティー全体を回復させる手段として終盤でも役立つ。
このスキルを十二分に扱えるようになると“脱ベンチ”となり、とくにアイテムやまほうを封印する縛りプレイでは、この青魔法を有効に使えるかがカギとなる。

関連イラスト

FF8【蔵出し】
キスティス
キスティス・トゥリープ先生
語弊がある



関連タグ

ファイナルファンタジー8
ワールドオブファイナルファンタジー

外部リンク

FF用語辞典内【キスティス・トゥリープ】/FF8

pixivに投稿された作品 pixivで「キスティス・トゥリープ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147157

コメント