ピクシブ百科事典

シャコモドキ

しゃこもどき

シャコモドキとは、『ピクミン』シリーズに登場する原生生物である。
目次[非表示]

生態

和名アメリケシャコガニ
分類アナジャコ科


概要

ピクミン2で初登場した原生生物。シャコ特有の眼と鎌からシャコの仲間と思われがちだが実はヤドカリの仲間。本来の貝殻の生活から掘った穴に生活の場を移した種らしい。鎌に見える前足も本来ハサミであったものがヒレ状に変化したもの。巣のそばを通りかかった小動物を引きずり込んで食べる。また、大きい個体と小さい個体が存在する。

赤い甲殻に包まれた上半身は極めて強固で、ダメージが一切通らない。逆に巣穴に隠れている下半身は甲殻が無く非常に柔らかい。巣の近くを通ると顔を出し、近くにいる相手に狙いを定めて飛び出してくる。動き回ると狙いを定めきれないのか、なかなか飛び出してこない。また、飛び出す直前になると前足の動きが速くなる。そこそこ離れた場所まで狙ってくるため、引き付けて突撃を躱し、巣に戻ろうとする所を叩くのが鉄則。

ピクミン3にも続投された他、近縁種だと思われるデメジャコが登場した。
生態は変わらないが上半身はリアルな甲殻類らしくなり、下半身も海老の剥き身のように赤みを帯びて美味しそうな外見に変化した。ピクミンを一度目の突進で捕食した時と失敗して再度の突進で捕食した時で鳴き声が異なり、後者の方が嬉しそうに聞こえるのが特徴。
なお3においては上半身にもダメージが通るようになった為、ピクミンが捕まってしまってもゴリ押しで救出できることも多い。

ルーイメモによると、形の小さいものをてんぷらにすると美味しく頂けるようだ。

余談

海外版ピクミン2のパッケージには「巨大なシャコモドキがキャプテン・オリマールーイ、ピクミンらに襲い掛かる光景」を描いた粘土ジオラマが採用された。
当初は本物のロブスターの甲殻を使ってシャコモドキを再現するつもりだったが、様々な店を巡ってもロブスターが手に入らず、ようやく入手したオマール海老を使ってジオラマを作り始めたところ、プロデューサーから「リアル過ぎてピクミン2の世界観に合わない」とダメ出しを食らって没となり、結局シャコモドキも粘土で製作する羽目になったという裏話が語られている。

関連項目

ピクミンシリーズ ピクミンシリーズの原生生物一覧

関連記事

親記事

ピクミンシリーズの原生生物一覧 ぴくみんしりーずのげんせいせいぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シャコモドキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 641

コメント