ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

超魔界村

ちょうまかいむら

1991年10月4日にカプコンから制作・発売されたスーパーファミコン用アクションゲームソフト。
目次 [非表示]

1991年10月4日にカプコンから制作・発売されたスーパーファミコン用アクションゲームソフト。


同社から発売された『大魔界村』(1988年)の続編で、前作と同じく豊富な武器と魔法が使える。評価が高かったグラフィック、サウンド等も格段に進化した。

初代『魔界村』より難易度が低いがそれでも難しい。シリーズお決まりの2周目をクリアしなけければ真のEDを見ることができない。


2002年にはGBAカートリッジ『超魔界村R』が発売された。

SFC版を忠実に移植したオリジナルモードと、新ステージやオリジナルボスを追加したアレンジモードを収録。


ステージ構成

ラスボスステージと合わせて全部で8つあり、GBAのアレンジステージも含めて魔界村シリーズで一番長い。


ステージ1 呪われた墓場~暗黒の密林

前半は墓場地帯を進む。地形が変化するほか、頭蓋骨が流れ落ちる無数のタワーがある。後半は茨で覆われた密林地帯を進んでいく。


出現モンスター

ゾンビ:初代魔界村とは違い棺の中から現れる。また空中に浮いて出てくるのもいる。

ワードック:魔界の気によって狂暴化した狼。

スカルフラワー:炎を纏った骸骨。

シェール:貝殻の姿をした魔物。

ローズバット:イボのような不気味な果実。

ベリアル:骸骨の荷車。


ボス:コッカトリス

体が強力な羽毛で覆われた巨大な怪鳥。首を長く伸ばすことができるほか、口から卵を吐いてくる。卵から生まれる雛鳥はミニウィングと呼ばれ、コッカトリスを守るために戦う。


ステージ2 幽霊船~狂気の海

魔界村シリーズ初水上ステージ。前半は古びた幽霊船が舞台で、進んでいくと徐々に沈んでいく。後半はイカダを乗り継いで荒れる海の上を進んでいく。


出現モンスター

ゴースト:悪霊と化した亡霊。無限に湧き出て次々と襲ってくる。

ギロチン:船に括り付けられた鎌状の刃。

ミミック:宝箱に化けている魔物。しかしデザインが前作の物のため見分けがつく。

フライングキラー:狂暴な魚の魔物。アーサー目掛けて襲ってくる。

ハンニバル:珊瑚柱に付いているイソギンチャクの魔物。

セイレン:半魚人の姿をした魔物。遠くから波と共に現れる。


ボス:ストームチェザリス

巨大なフジツボのような魔物。口から巻貝のミサイルを放つ。


ステージ3 溶鉱炉~溶鉱の塔

前半はマグマの洞窟を突き進む。後半は高くそびえ立つ巨大な塔の外部を進んでいく。


出現モンスター

ファイアーキラー:ブルーキラーの亜種だが、色が違うだけでほぼ一緒。

グリリアン:炎のような体を持つ熊の魔物。

レッドアリーマーエース:前作のレッドアリーマーキングよりさらに強力で、種族の中でも上級レベルである。体当たり攻撃がさらに早く、ブルーキラーも召喚してくる。

コウモリ:左右から飛んでくる。

ガーゴイルの像:塔に飾られている悪魔の石像。

プチゴブリン:塔の上から降りてくる小鬼。


ボス:デスクローラー

巨大な芋虫のような魔物。アーサーの周りを回転し、口から玉を吐いてくる。


ステージ4 魔物の腹

屍と化した巨大なドラゴンのような魔物の体内を進む。前半は地形が途中で変化したりとかなりトリッキーなステージと化している。後半は強制スクロールとなっており、周りから毒ガスが吹いている。


出現モンスター

イーグラー:生前の魔物に食べられても生きながらえた魔物だが、その設定に反してステージ6にも登場する。

スカルフラワーマルチ:ステージ1の亜種だが、天井や壁にも生えている。

ブルーキラー:初代魔界村より再び登場。あげくレッドアリーマーエースの使い魔となった。

消滅細胞:魔物の体内の細胞だが、ほぼローズバットと同じ。


ボス:ヒュードラ

門を守護する三つ首の龍。すべての頭部を倒さないと死なない。また竜人の姿にもなる。


ステージ5 永久凍土の森~氷壁地帯

魔界村シリーズ初雪原ステージ。後半には雪崩が巻き起こる。


出現モンスター

ウー:雪原地帯に住む熊の魔物。雪崩と共に現れる。

フラ・ワラワス:花の姿をした魔物。

アイシング:触手のような氷の塊。

フライングナイト:初代魔界村より再び登場した騎士の亡霊。

レッドアリーマーエース

マッドドッグ:雪原地帯に生息する狼。


ボス:ベールアロケン

氷の邪神像のような魔人。腕をブーメランのように投げつける。


ステージ6 魔帝の城

サマエルの住む城。このステージからは中間地点が存在しないがこのステージは結構短い。


出現モンスター

レッドアリーマーエース

コッカトリスの首:ステージ1のボスの頭と首だけが壁から生えている。

イーグラー


ボス:大魔王アスタロト

かつてアーサーに敗れたがサマエルによって復活した魔王。


ステージ7 妖魔回廊

サマエルの居る部屋へと続く廊下。このステージは少し長いのと敵が多いため、残り時間との戦いになる。


出現モンスター

ブルーキラー

コッカトリスの首

レッドアリーマーエース

ゴースト

ミミック


ボス:大魔王アスタロト

   超魔王ネビロス

サマエルへの玉座を守る最後のガーディアン。アスタロトをも圧倒するほどのパワーを持っている。


ステージ8 魔帝サマエルの部屋


ラスボス:魔帝サマエル

ルシファーに成り代わって登場した新たなる魔界の帝王。アスタロトやネビロスなど、最上級の悪魔を従え、魔界の全勢力を集結しアーサーを迎え撃つ。

弱点は顔だが、巨大なため攻撃が届かない。だがサマエルも律儀に足場を用意してくる。


超魔界村Rアレンジモード

ゲームボーイアドバンスにて発売された超魔界村Rのアレンジモードは鎧の状態によって行ける場所が変わり、ステージ1クリアした先から三つに枝分かれしている。下の段はスーパーファミコン版と同じルート、中段はゲームボーイアドバンスにて新たに追加されたステージのルート、上段はスーパーファミコン版のステージの難易度が高く、敵やトラップの配置が変わっていたり増えていたりするルートとなっている。


アレンジモードの新規のステージ

新たに追加されたステージは四つで、その内の三つは初代魔界村や大魔界村の代表的なステージをリメイクしたものとなっている。


ステージ2B 腐食した村・再び

大魔界村のステージ2のリメイク。滅ぼされ朽ち果てた村が舞台で前半は大魔界村と一緒だが後半も朽ち果てた風車が舞台で燃え盛る回転羽をよけて進んでいき、大量の頭蓋骨の山がボス戦の舞台となっている。


出現モンスター

岩亀:人の顔のような大きな岩の甲羅を背負った亀。ジャンプして跳ねてくる。

アリジゴク:相手を引きずり込む虫。穴に落ちたら鎧状態でもミスになる。

鬼カゲロウ:アリジゴクの成虫で、左右から飛んでいく。

ファイアーキラー


ボス:レッドアリーマージョーカー

レッドアリーマー族を束ねる長。腕を組んでおり、レッドアリーマーエースを召喚してくる。


ステージ3B 紅蓮の谷

魔界村のステージ4のリメイク。前半は動くリフトを進んでいき、後半は炎の上に架かった吊り橋を渡っていく。


出現モンスター

ローズバット

レッドアリーマーエース

ブルーキラー


ボス:ドラゴン

かつて魔界村のステージ3・4にて登場したボス。空を飛びながら体当たりと炎で攻撃し、胴体を失っても頭だけで生きていられるが動きが以前よりかなり鈍っている。


ステージ4B 魔月の墓場

魔界村のステージ1のリメイク。夜空の月に照らされた墓場を進んでいく。後半は木が多い茂った沼地を進んでいく。


出現モンスター

ゾンビ

ワードック

レッドアリーマーエース

フライングナイト

ウッディ:魔界村に出てきたのとは違い石化しているが、アーサーが乗ると実体化して襲い掛かる。一部体が崩れて完全に死んでいるのもいる。

コウモリ


ボス:一角獣

かつて魔界村のステージ1・2に登場した角が生えた一つ目の巨人。ものすごいジャンプ力とスピードを持っており、火の玉を放ってくる。


ステージ5B 魔海の洞窟

追加されたステージの中で完全新規のステージ。浸水した洞窟の中を進んでいく。


出現モンスター

コウモリ

ファイアーキラー

フライングナイト


ボス:バルバロ

巨大なエビのような魔物。ステージ5B道中から度々姿を現し、上下を崩したり床を破壊しながら襲い掛かる。


余談

同じカプコンのロックマン7シェードマンステージを選択する際に隠しコマンドでシェードマンステージのBGMが魔界村アレンジに変わるのだが、実は超魔界村のアレンジである。

同じくカプコンより発売されたミッキーのマジカルアドベンチャーとはゲームデザインが類似している。


関連動画


外部リンク

超魔界村 - Wikipedia

関連記事

親記事

魔界村 まかいむら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33541

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました