ピクシブ百科事典

しげるビンタ

しげるびんた

水木しげるの漫画作品に登場する、特徴的なビンタの表現。

概要

ゲゲゲの鬼太郎』などの作品で知られる妖怪漫画家水木しげるの漫画作品のあちこちに登場する、特徴的なビンタ平手打ち)の表現のこと。「水木ビンタ」などとも呼ばれる。

おおむね、以下のような特徴がある。

  • 片手で繰り出される。振り下ろされた手が連続写真のように分裂し、一振りのビンタで往復ビンタが表現されている。
  • 擬音は「ビビビビン」「ビビビビビ」など。
  • ビンタを見舞う側・食らう側ともに、興奮や痛みの表現として鼻息を噴いていることが多い。

水木がこのビンタ表現を多用したのは、彼が太平洋戦争中に陸軍の下級兵士としてラバウル戦線に送られ、持ち前のマイペースな性格が災いして上官や古兵に目をつけられ、しょっちゅう往復ビンタを食らっていた経験が背景にある。その上、所属部隊が壊滅し、敵軍の機銃掃射や現地住民の日本兵狩りをくぐり抜け、九死に一生を得て別部隊に合流しても、上官からは「なぜ玉砕しなかったか」と言い捨てられ、マラリアの高熱で死の淵をさまよった上に、負傷から左腕を麻酔なしで切断するという目に遭っている。

戦後、漫画家になった水木は戦争漫画も数多く手がけているが、こうした経験を元に徹底した反戦主義者であった。もちろん、それらの作品には数多くのしげるビンタが登場する。

なお、「しげるビンタ」という呼び方の初出は、小川雅史の漫画『速攻生徒会』に登場する女子高生漫画家・酒井綾が用いていた同名の必殺技(明らかに水木しげるのビンタ表現をオマージュしたものだった)ではないかと思われる。

関連イラスト

ねずみ男vs鬼太郎
軍人精神注入ビンタ


夢の東方タッグ編967「全員の意地」
ゲゲゲの一家~お父ちゃんの親切編~おまけ

pixivに投稿された作品 pixivで「しげるビンタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16346

コメント