ピクシブ百科事典

ゼブラロード

ぜぶらろーど

ゼブラロードとは、仮面ライダーアギトに登場するシマウマの姿をした超越生命体の名称である。 ※メインイラストはエクウス・ノクティス
目次[非表示]

CV/柴本浩行

概要

仮面ライダーアギト』第11話「繋がる過去」、第12話「湖の激突!」に登場するシマウマに酷似した姿を持つ超越生命体

人間を突き刺す事でその人物の体液を一瞬にして蒸発させ、干乾びさせてミイラにしてしまう能力を持っており、この能力を駆使して アギトの力を持つ人間たちを次々にその手に掛け、“人間をミイラ化させる”という不可能犯罪を決行していた。なお、この個体の行動からターゲットは赤ん坊にまで及ぶことを視聴者に知らしめる事となった。

各個体について

エクウス・ノクティス

シマウマに似た姿の超越生命体。

“夜のシマウマ”という意味の個体名が示すようにシマウマというよりは黒馬に近い姿をしており、前述のミイラ化能力の他に、で武装している為に高い防御力を有している。

これまでに登場したロード怪人たち同様にアギトの力に覚醒する可能性を持った人間たちを襲っていたが、最初のターゲットが天涯孤独の身であった為に警察は次の被害者になるであろう人物が特定できずに途方に暮れていた。しかし、氷川誠被害者男性が姓名判断のから次の被害者がもうすぐ生まれる彼の子供であると気付く。

その後、氷川の読み通りその子供を狙って彼のの前に出現するが、事前に警備にあたっていた警察の妨害を受けてしまい、ターゲットが保護されているパトカーの上にテレポートして乗り込み襲い掛かるが、アンノウンの気配を察知して駆けつけた仮面ライダーアギトと交戦。

激しい攻防戦の末に『ライダーキック』を受けて爆死した。

エクウス・ディエス

ゼブラロード エクウス・ノクティス


昼のシマウマという個体名を冠するシマウマに酷似した超越生命体。

その為にノクティスと違ってモチーフとなったシマウマに近い姿をしており、ゼブラロード共通の人間をミイラ化して殺害する能力を有してはいるが、主に同種族の補佐的な役割を担う立場にある。

アギトとの交戦中のノクティスが不利に陥った際に出現し、ノクティスをすかさず補佐するが、生身の状態の氷川が行った『GX-01 スコーピオン』による援護射撃を受けたために怯みその場から撤退する。

その後、ノクティスと別行動を取り、あかつき号の生存者の1人である篠原佐恵子を山王湖で襲撃し、ノクティスと同時刻に出現する事でアギトの介入を受ける事無く無事に使命を達成するが、偶々彼女を訪ねて来ていた葦原涼仮面ライダーギルスが駆けつけた為、彼と交戦する事となり、最後は怒りの『ギルスヒールクロウ』を受け爆死した。

関連項目

アンノウン(仮面ライダーアギト) ロード怪人 シマウマ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼブラロード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46

コメント