ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

80年代に一世を風靡したえびはら武司原作のギャグ漫画
私立あらま学園の女性教師・麻衣マチコ先生と生徒たちが繰り広げる。その中ではスカートめくり、胸を触る(直接揉むシーンはない)など、現在では表現規制がかかってしまう描写がある。
主人公・マチコ先生の「まいっちんぐ」ポーズが流行し、テレビアニメ化、実写映画化されるなど人気を博した。
1980年から学習研究社(現在は学研ホールディングス)の少年漫画誌『少年チャレンジ』で連載。単行本は累計で280万部を売り上げた。

1982年2月にテレビアニメに対する抗議運動で『少年チャレンジ』が休刊し、その後は『アニメディア』、『中2コース』など他の学研の雑誌で連載が継続された。
しかし両誌とも作者の持ち味を出せる場ではなかったため連載終了となった。

その後はリバイバルブームということから執筆依頼を受け連載が再開され、数々の掲載紙を渡り歩きながら完結。青林堂からそれらをまとめたピンクボックス、ブラックボックス、ホワイトボックスの3冊が刊行されている(プラチナボックスも刊行予定だったが出版不評により未定となっている)。またホワイトボックスには、マチコ先生そっくりの「マイコ」が登場した。

小学生向け学習雑誌『科学と学習』では良識的な美人先生として学習記事の案内役を務め、児童に人気があった。

テレビアニメ

1981年10月8日から1983年7月21日まで、テレビ東京にて放送された。アニメーション製作はスタジオぴえろ

オープニングを含め乳房露出が繰り返されたことでPTAから抗議が殺到、1982年に京都で「マチコ先生に抗議する会」が結成されるほどとなった。関西地区では読売テレビからテレビ大阪と奈良テレビに放映権が移動し、滋賀県、京都府、和歌山県、兵庫県で事実上見られなくなる事態になった。
この抗議は学研が発行していたすべての学習誌の不買運動に発展、学研は『少年チャレンジ』の連載打ち切りを決めた。
講談社への移籍が検討されたものの、学研側の慰留により『アニメディア』『中2コース』で連載となる。
後番組は「キャプテン翼」第1シリーズ。

登場人物

麻衣マチコ
  • 第一話で私立あらま学園に赴任してくる23歳の新人教師。名前で「マチコ先生」と呼ばれる事が多い。好きな食べ物はカレーうどん、担当教科は理科。
  • スリーサイズは初期作品の設定では上から84cm、54cm、84cm、後の作品では94cm(E65)、54cm、90cmに変更。
池上ケン太
  • あらま学園生徒。いたずら者で勉強嫌い、しかもかなりのスケベという学園一の悪ガキ。
  • 原作では「まいっちんぐ」のフレーズとその時のポーズはケン太が発案し、それ以降やるようになったという設定がある(第一話)。
亀山タマ夫
  • あらま学園生徒。通称「カメ」。ケン太の子分のようなポジションで、よく一緒に行動している。
網走金三
  • あらま学園生徒。原作ではケン太のライバル的なキャラクターで登場の機会も多くない。
  • アニメでは設定が大きく変えられ、ケン太・カメと一緒に悪ガキ三人組として扱われ毎週のレギュラーに。
山形国男
  • あらま学園教師。28歳。マチコ先生のことが好き。「あかぱらち〜」が口癖。
  • 当初は普通の恋する青年だったがエッチな妄想を皮切りにストーカー行為などを重ね、作中屈指のヘンタイとなっていった(アニメでは第一話からヘンタイだった)。
  • ケン太とカメには軽蔑され、マチコ先生を守るためにひどい目に遭わされることも。


関連タグ

おっさんホイホイ セクハラ おねショタ 先生何やってんすか 学研 学研ホールディングス
とんでも先生みなもと太郎原作のキャラクター。学研誌・漫画で多く登場し、マチコと並ぶ学研の看板キャラクターとなった。

外部リンク

作品および作者・えびはら武司の公式サイト
まいっちんぐマチコ先生 - Wikipedia
実写版「初恋スケッチ〜まいっちんぐマチコ先生〜」のサイト
舞台版まいっちんぐマチコ先生(2017年版)のサイト

関連記事

親記事

えびはら武司 えびはらたけし

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「まいっちんぐマチコ先生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 951921

コメント