ピクシブ百科事典

さすがの猿飛

さすがのさるとび

忍者を題材としたギャグマンガおよびそれを元に作られたテレビアニメ。
目次[非表示]

細野不二彦作の漫画作品。忍者を題材にした学園ラブコメギャグである。

概要

増刊少年サンデーに1980年から4年間に渡って連載された。

フジテレビ系列(ただし一部系列局除く)ほかで1982年から2年間、テレビアニメが放送されているが、原作ストックの不足を理由にオリジナル展開やパロディぶっこみの展開が目立つ。また、原作では1話しか出てこなかったキャラクターである豚の忍豚が、猿飛家の「ペット」としてレギュラー出演者に昇格している。

月刊ヒーローズ2017年7月号より、33年ぶりの続編となる「さすがの猿飛G」の連載が開始された。

あらすじ

原作・アニメ共通

日本某所にある忍ノ者高校。そこは現代社会において人知れず活躍する忍者たちを養成する学校であった。同校で役職を務めるのは、いずれも名だたる忍者たちの子孫であり、通う生徒もほとんどが、その子弟たち。彼らは、いずれ世間に出て天下国家のために忍術を役立てるため、学問・常識と共に、その技術を磨くのである……が、その日、忍ノ者高校・校長の娘である霧賀魔子は朝っぱらから浮かれ回っていた。幼馴染にして恋人である猿飛肉丸が、ついに忍ノ者高校に転入してくるという知らせを聞いていたためだ。
魔子は忍ノ者高校でもスゴ腕のくノ一娘。その恋人とはいかなるイケメンであろうか……と思いきや、彼女の前に現れたのは超絶肥満に、女の子好きという、豚にも例えられるブサメン少年であった。周囲が呆れ果てる中、魔子は頓着する事無く、かの少年にデレデレ。当初は彼の実力に疑問を隠しきれない周囲であったが、やがて彼らは、肉丸の腕の冴えを、その超絶忍術と共に思い知っていく事になるのである。

アニメ版

その一方で忍ノ者高校が誇る諜報学校日本一の座を奪わんと暗躍する者たちがいた。彼らの名はスパイナー学園。彼らは忍術を駆使する忍ノ者を時代遅れでアナクロな存在と嫌い「メカは友達」を合言葉に謀略を繰り広げんとしていく……のだが、肉丸たちが繰り広げるドタバタに巻き込まれて、常にひどい目に遭うのであった。
やがて、その謀略の全てが明らかになり、スパイナーと忍ノ者の激突の時が迫っていく。ドタバタの裏で波乱の人間模様が繰り広げられていくのであった。

原作版

忍ノ者高校での学生生活の中、絆を深め仲間を得ていく肉丸と魔子だったが、魔子の母の帰還によって暗雲が立ち込めて行く。魔子の母は、ある理由から肉丸を嫌っていたのだ。彼女は、あらゆる策略を以て魔子と肉丸の仲を引き裂こうと企むが、最終的にはわだかまりを解く。しかし母が引き起こした騒動は魔子の心に深い傷を残してしまう。
魔子の母は肉丸への妨害工作によって、彼のポテンシャルを最大限に引き出してしまった。それはとりもなおさず、肉丸自身が「世界の平和のために才能を活かす事を目指しうる器」である事を顕在化させてしまい、自身がそのレベルまで到達しえぬ魔子に強烈なコンプレックスを与えてしまったのである。
そんな中、忍ノ者高校設立時の因縁が時を超えて顕在化し、魔子はそれにからめ捕られて洗脳され、肉丸に対する最凶の刺客へと変貌させられてしまう。
それは、忍ノ者高校の影たる妖ノ者高校の存在。妖ノ者に、その心を囚われた魔子を肉丸は救えるのか。彼の最期を覚悟した戦いの火蓋が切って落とされる。

登場人物


主題歌

OP

  • 「恋の呪文はスキトキメキトキス」
    • 歌:伊藤さやか / 作詞:康珍化 / 作曲・編曲:小林泉美

ED

  • 「恋のB級アクション」(第1話から第27話)
    • 歌:伊藤さやか / 作詞:康珍化 / 作曲・編曲:小林泉美
    「忍豚レゲエ」(第28話から第69話)

余談

  • 先述の通り、原作が月刊ペースでの掲載だったためストックが足りなくなった、故にアニメオリジナルやパロディ作品でお茶を濁さざるをえなくなったが、それもネタ切れになりかけたのか、何と同じ作者のギャグ漫画どっきりドクター」からネタを借りた事もあった。しかも遥か後にその作品もアニメ化されてしまった・・・・・・・・・。
  • フジテレビ系列でも、様々な事情から、山形テレビテレビ山口テレビ宮崎はネットを断念した。その一方で、TBS系列局約2局、テレビ朝日系列局約1局でも放送されており、しかもテレビ朝日系列局は、放送を断念したフジテレビ系列局の「尻ぬぐい」という形での放送だった。


外部リンク

『さすがの猿飛G』公式ホームページ

関連タグ

細野不二彦 忍者 神風の術 スキトキメキトキス

pixivに投稿された作品 pixivで「さすがの猿飛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88754

コメント