ピクシブ百科事典

ワリオワールド

わりおわーるど

『ワリオワールド』 (WARIO WORLD) は、2004年5月27日に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ用パワフルアクションゲームである。
目次[非表示]

概要

ワリオランドシリーズの流れを汲む作品で、シリーズでは初の3Dゲームとなった。日本版パッケージは金塊を模したデザインになっている。

アクションゲームの通算6作目にあたる。トレジャー開発で任天堂発売のゲームとしては『罪と罰 〜地球の継承者〜』に続き2つ目となる。
フィールドやキャラクターはすべて3Dで作られているが、ステージの構成は『スーパーマリオ64』のような箱庭的なものではなく、従来のワリオランドシリーズのような一本道の横スクロールアクションに近いものとなっている。
ステージは全部で4つのみでクリアするだけなら短時間で一通りプレイできるが、エンディングの変化などのやり込み要素をコンプしようとすればかなりのボリュームとなってくる。

おまけ要素としてGBAケーブルを使ったジョイキャリーに対応しており、特定の条件を満たした上でゲームボーイアドバンスを接続すると初代『メイド イン ワリオ』の体験版をダウンロードして遊ぶことができる。

あらすじ

その昔、黒い宝石という名の魔物が人々を困らせ苦しめていたが、永い年月の末に、森の妖精達により封印された。
そして、何年もの月日が流れた。
一方、世界中を旅して手に入れた財宝で念願の城を建てたワリオ。自分の豪邸とも言える城で寛いでいた。
しかし、その中に紛れ込んでいた呪われた黒い宝石が財宝を食い荒らしてモンスターを生み出していた。
剰え城に呪いをかけ自分の住みやすい世界へと変貌させてしまう追い討ちをかけた。
盗まれた城宝物を取り戻すためにワリオはパワフルな身体を武器に冒険に出る。

キャラクター

ワリオ
主人公。集めた宝の中に黒い宝石が紛れ込んでいた為に、財宝が魔物に変貌しワリオ城も不思議な世界に変えられるという憂き目に遭う。
本作は回転技を多用する。

ネッコロ
かつて黒い宝石を封印していた妖精達で、黒い宝石の復活に伴って捕らえられた。本件はワリオの強欲が招いた自業自得とも言える案件だが、彼らは救出されると文句をほとんど言わずワリオに助力してくれる。
全ステージで合計40人が捕らえられており、助けた数によってエンディングが変化する。

黒い宝石
文明一つを滅ぼせる程の力を有している呪われた宝石で、本作の黒幕。
過去にネッコロ達に封印されていたが、ワリオがいつの間に回収していたが為に復活、彼の集めた財宝を食らい尽くして魔物を生み出し、さらにワリオ城を異世界へと変えてしまう。
普段は暗い紫色のダイヤモンド状の形をしているが、元の姿は巨大化したダイヤモンドに大きな一つ目とタコのような触手が付いた化け物。

関連記事

親記事

ワリオランド わりおらんど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ワリオワールド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 527

コメント