ピクシブ百科事典

スーパーマリオランド3ワリオランド

すーぱーまりおらんどすりーわりおらんど

『スーパーマリオランド3ワリオランド』とは1994年1月21日に発売されたゲームボーイソフト。ワリオの初主役作。
目次[非表示]

概要

スーパーマリオランド』シリーズ第3作目。
タイトルは一応『スーパーマリオランド3』であるものの、主人公マリオに代わり前作『6つの金貨』でラスボスとして初登場したワリオが務める。

ワリオは大半のザコ敵に触れてもダメージを受けず逆にザコ敵を気絶させられたり、ザコ敵を持ち上げて投げつけたり、体当たりでブロックを破壊出来たり等マリオと性能が差別化されている。

パワーアップアイテムにニンニク・ブル・ジェット・ドラゴンの4つの壷がある。
ニンニクの壷はチビワリオで取ると普通のワリオ、ブルの壷はブルワリオ、ジェットの壷はジェットワリオ、ドラゴンの壷はドラゴンワリオに変身する。

なお『スーパーマリオランド』シリーズは本作で完結となり、以降はワリオが主役のワリオランドシリーズとして独立していく事となる。

2011年12月14日3DSバーチャルコンソール版が配信された。

ストーリー

前作『6つの金貨』にてマリオ城とマリオランドを乗っ取ったがマリオに懲らしめられそれらを奪還されてしまったワリオ。
どうしても自分の城が欲しく、別の方法を考えていたワリオはある日、キャプテン・シロップ率いる海賊ブラックシュガー団が黄金像を盗みそれをマリオが取り戻しに行った噂を知る。
ワリオは黄金像を含む宝を横取りして自分の城を建てようと企み、いつもの帽子を探検帽に変えて海賊がいるキッチン島へ出発した。

登場キャラクター

本作の主人公。キッチン島にある黄金像と財宝を求めて冒険にでる。なお、本作のみ帽子がただの黄色いキャップではなく探検家の帽子になっている。

一応マリオランドシリーズではあるが、説明書のストーリーやパッケージデザインにしか登場せず、ゲーム内でも最後の最後で美味しいとこを持っていくだけのかなりの端役になっている。

ブラックシュガー団

本作の悪役でキッチン島を根城とする海賊。ヤリクリガウガウなど多数の団員がいる。

ブラックシュガー団のボスの女海賊。本人は戦うことはなく、ランプの魔人デンプーを呼び出す。

ライスビーチのボス。ハンマーブロスのような見た目をしているが背中と頭にトゲが生えているボス。腹にはトゲがないのでそこを狙おう。

ティーポット山のボス。暴れる猛牛で溶岩の上でデスマッチを挑む。

シャーベッ島のボス。グローブをはめたペンギンで本作のボスとしては珍しく何度も対戦できる。

ストーブ谷のボス。巨大な顔面で、鼻から岩を飛ばしたり舌で地面を割って攻撃してくる。

ティーカップ号のボス。巨大な鳥でウォッチを生み出したり風を起こしたりしてくる。

パセリの森のボス。金好きの幽霊。

シロップ城の中ボス。鎧に身を包んだD.D.のようなキャラで、攻撃されるとやりを構えて突進してくる。

  • デンプー
シロップに呼び出されたランプの魔人。電撃攻撃やチビデンプーを生み出して攻撃してくる。金さえ払えばどんな願いでも聞くようで、シロップを倒したあとはワリオが集めた財宝で城を建てた。



キッチン島

本作の舞台となる島で海賊ブラックシュガー団の本拠地。
前作と違い7つのエリアを順番に攻略して行く。
詳細はキッチン島を参照。

ワリオ城

マルチエンディングとなっている本作では、ボス撃破後に手に入れた宝が換金され、今までに集めたコインの総額との合計で変化する。

コインの枚数結果備考
300〜9999鳥小屋最低ランク。見る方が難しいという声も。ちなみにお宝0はできるがコイン0枚クリアはできない
10000〜39999大木ハウスここまではバッドエンドでありWマークは付かない。Wマークが落下してワリオが落胆する
40000〜69999木造の一軒家これ以降はグッドエンドでWマークが付く。
70000〜89999戦国風の和城自分専用の城が欲しいという願いが叶った最低ラインがこれ。
90000〜立派な洋城恐らく正史。尚、宝が全て揃っていないとコイン99999枚でもこのランクになる。
99999+全宝惑星丸ごとパーフェクトゲーム。宝の合計は90000コインなので、自力で集めるコインは9999枚でよい。

余談

開発中において「怪力ワリオ」の仮題だった頃にはアンコウタイプのボスがいた。
結局は製品版には出てこなかったが、ゼルダの伝説 夢を見る島に外観は異なるがアンコウタイプのボスが出てくる。

おそらく本来はデバッグ用コマンドだと思われるが、ポーズをかけた時にある隠しコマンドを入力するとワリオの残り人数・コイン・ハート・タイムを自由自在に変える事が可能。さらに隠しコマンドが存在し、「ワリオ」「ブルワリオ」「ジェットワリオ」「ドラゴンワリオ」に段階的に変える事もできる。

漫画版

本作はコロコロコミック学年誌の『スーパーマリオくん』とコミックボンボン本山一城版スーパーマリオでワリオランド編としてコミカライズされている。

マリオくん版のワリオランド編はゲームではエンディングにチョイ役で登場していたマリオ、ゲームには登場しないヨッシー、さらに終盤からはルイージも同行し、ワリオと共闘するストーリーになっている。ただし主役はあくまでマリオであり、ワリオはチビワリオになる等散々な扱いを受けたり、逆に海賊に寝返ってしまうパターンが多かった。
結末も異なっておりコロコロ版では黄金像は実はタイムマシンであり、マリオ達はワリオと別れてクッパが支配する未来へタイムスリップして行った(そのままオリジナルストーリーの未来編、更に「ヨッシーアイランド」編に突入している)と言う形になっており、学年誌版ではブラックシュガー団は懲らしめたが黄金像を忘れて帰ったと言うオチで締めている。

本山版マリオのワリオランド編はマリオ、ルイージ、ワリオ、ピーチ姫が黄金像を取り戻すべくキッチン島へと乗り込む。そこでルイージと両想いになったクリクリが加わり、ゲーム通りに各地を攻略していくというストーリー。1巻ではワリオは目立っておりピーチからも好意を寄せられたが、2巻ではチビワリオのままマリオたちと離れ離れになってしまいメインから外されてしまった(ピーチの気持ちもマリオに戻ってしまった)。しかしチビワリオのままマリオを助けたり、デンプー戦ではマリオたちの協力によって強烈なキックでラストアタックを決めた。
終盤ではデンプーが敗れたことで自棄になったシロップが城の自爆スイッチを入れ道連れにしようとする。脱出するには10コインが必要だったが、シロップは事前にマリオたちの荷物を海に捨てておりどうにもならない状態だった。だがクリクリが瓦礫に潰されたことで10コインが生まれ、クリクリもそれを使って脱出してほしいと懇願しながら息絶える。ルイージが涙を呑んでクリクリの想いを果たしたことで全員が生還する。
クリクリの自己犠牲を前にシロップは改心し、後日談を描いたオリジナルストーリー「デビデビ大王編」ではマリオたちに同行する。

なお、「シロップが味方になる」という展開は後に発売されたワリオランドシェイクで描かれている。

この他エニックス(現・スクウェア・エニックス)から刊行されたスーパーマリオ4コママンガ劇場にも本作を題材にした4コマが掲載されている。

関連タグ

スーパーマリオランド ワリオランド ワリオ キャプテン・シロップ
バーチャルボーイワリオランド アワゾンの秘宝:システムなどが同じ直系の続編。バーチャルボーイが短命だったためかナンバリングには含まれないことが多い。
ワリオランド2 盗まれた財宝:ワリオランドのストーリー的な続編。

外部サイト

公式サイト
VC版公式サイト

関連記事

親記事

ワリオランド わりおらんど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スーパーマリオランド3ワリオランド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20782

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました