ピクシブ百科事典

ゾンビキャリア

ぞんびきゃりあ

ゾンビキャリアとは遊戯王OCGに登場するアンデット族のチューナーモンスター。
目次[非表示]

カードテキスト

チューナー(効果モンスター)
星2/闇属性/アンデット族/攻 400/守 200
手札を1枚デッキの一番上に戻して発動する。
墓地に存在するこのカードを自分フィールド上に特殊召喚する。
この効果で特殊召喚されたこのカードは、
フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。

概要

アンデット族チューナーモンスター
ゴブリンゾンビゾンビ・マスターといったアンデット族の強力なサーチや蘇生手段に対応しており、自身も自己再生効果を持っている。
この事からアンデット族でチューナー以外のモンスター共々何度も特殊召喚してシンクロ召喚に繋げる【シンクロアンデット】と呼ばれるデッキが猛威を振るい、終末の騎士ダーク・グレファーなどに対応し自己再生能力を持っていることからこのカード単体で他のデッキコンセプトのデッキに組み込まれる形でも活躍した。
手札を1枚デッキの上に戻すというコストも基本的には次のターンのドローが封じられたも同然になるため大きなデメリットとなるが、通常魔法を戻してD-HEROダイヤモンドガイの効果に繋げたりライトロード・ビーストウォルフを戻して他のライトロードモンスター等で墓地に落とすといった形で逆に利用することもできる。
特にライトロードの場合特別なコンボを考えなくてもデッキトップを墓地に落としやすいため自己再生効果のコストによるドローロックを破ることができ、このカードが持つ自己再生効果もその強力な墓地肥やしと相性が良い。
ゲームから除外される効果は自己再生した後フィールドを離れる時に発動するのであり、自己再生効果が発動する時には関係無いので王宮の鉄壁を使う事で除外されずに再び墓地に送られるようになり自己再生効果を再利用できる。
また、このカードをエクシーズモンスターの素材にした場合にもゲームから除外される制約が解除される。特にこのカードが場にいれば墓地からノーコストで蘇生でき、自己再生時にこのカードと同様のデメリットを負うボルト・ヘッジホッグと共に使用することでランク2のエクシーズモンスターの素材として過労死させることも可能である。
もちろん、単純に自己再生効果を1度きりと割り切って使ったり、除外されたモンスターを帰還させるカードと併用するのもデッキ次第では充分強力であった。
生還の宝札が使用可能だった頃はこのカードのコストで戻したカードをドローすることで実質ノーコストでの自己再生が可能だった。

シンクロモンスター全盛期の環境において専用デッキでも出張でも大きく猛威を振るったためかこのカードは2009年3月に制限カードに指定されることとなる。
アンデット族のシンクロモンスターはいずれもこのカードをシンクロ素材として指定しているため、非常に召喚が難しくなってしまった。
後にその事に対する救済策のためか、このカードと同じカード名を持つモンスターとして扱う効果や、他のアンデット族モンスターのレベルを2にしてアンデット族シンクロモンスターの素材にしやすくする代わりにアンデット族以外のシンクロモンスターの素材には使用できなくする効果を持つペインペインターが登場している。
また、このカードと同じく自己再生効果を持つグローアップ・バルブスポーアも後に禁止制限カードの指定を経験しており、自己再生効果を別にしてもアンデット族の展開力に対応するチューナーモンスターを出すのは危険と判断されていたのかOCGではこのカードの登場以降、アンデット族のチューナーはこのカード以外には上記のペインペインターぐらいしか存在しない、という時期が長く続いていた。
ただし、そうした時期に発売されたタッグフォース6ではオリジナルカードとして遊戯王5D'sアンチノミーが使用したテックジーナスの一体であるTGギア・ゾンビが登場している。
その後、エクシーズモンスターの台頭などによりこのカードが以前ほど広く暴れまわることは少なくなったためか、2014年2月に準制限カードになり、同年の7月に制限解除された。また、このカード以外のアンデット族チューナーもそれなりに種類が増えている。

専用のシンクロモンスター一覧


関連項目

遊戯王OCG
アンデット族 チューナーモンスター

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾンビキャリア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22249

コメント