ピクシブ百科事典

チューナーモンスター

ちゅーなーもんすたー

「遊戯王 オフィシャルカードゲーム」に登場する、「チューナー」の能力を持ったモンスターカードのこと。シンクロ召喚を行う際は、このカードが必要となる。
目次[非表示]

チューナーモンスターは、『遊戯王5D's』に登場する、シンクロ召喚に必要なモンスターの総称である。
チューナー」とも呼ばれる。

戦士族です



概要

シンクロモンスターを召喚するための素材となるモンスター。
カードに「○○族・チューナー」と書かれているものが該当する。
OCGにおけるシンクロ召喚には必ずチューナー1体、それ以外は基本的にチューナー以外のモンスターが1体以上必要となる。
多くのシンクロモンスターの素材の関係上、一度のシンクロ召喚に使えるチューナーは1体のみ。
ただし、例外的にチューナーを2体使えるものやチューナーのみでシンクロ召喚が可能なシンクロモンスターも存在する。

シンクロ召喚に使った2体以上のモンスターのレベルを合計することで、召喚できるシンクロモンスターのレベルが決定するため、チューナーにはレベル4以下のモンスターが多い。

また、チューナーは効果モンスターが多く、通常モンスターは数えるほどしかいない。
中にはシンクロモンスターかつチューナーというモンスターも存在し、「シンクロチューナー」と呼ばれる。

なお、『遊戯王5D's』の作中ではチューナーを使い、鮮やかにシンクロ召喚されているが、
実際にデュエルをやってみると、手札や場にチューナーがいないからシンクロ召喚できない、
逆にチューナーしかないからシンクロ召喚できない、と言った事態も起こりうる。
シンクロ召喚主体のデッキでは、チューナーとそれ以外のモンスターのバランスが重要である。

チューナーが初登場してから5年以上経つ今でも、単体でもアタッカーや除去要員として活用できるチューナーが数えるほどしか存在しないのも問題で、特殊召喚メタモンスターや召喚回数を制限するカードの発動を一度でも許すと非常に厳しい。

OCGでは第9期からペンデュラムモンスターかつチューナーというモンスターも存在し、「ペンデュラムチューナー」と呼ばれる。

チューナー」の名の如く、音楽に関連したモンスターが多い。

チューニング

アニメや漫画では、「レベル○の(モンスター名)に、レベル○の(チューナー名)をチューニング」という言い回しを使う。
例:レベル2のボルト・ヘッジホッグにレベル3のジャンク・シンクロンをチューニング!
その後、シンクロモンスターごとの口上がある。
例の場合だと、「集いし星が新たな力を呼び起こす。光り差す道となれ! シンクロ召喚! 出でよ、ジャンク・ウォリアー!」など。

ダークチューナー

アニメ5D'sに登場したダークシンクロ召喚を行うためのチューナー。
カード名に「DT」という表記がある。

レベルが8や10など高レベルなのが特徴で、アドバンス召喚や特殊召喚が必要となる。
これはダークシンクロ召喚が、チューナー以外のモンスターからダークチューナーのレベルを引き、レベルをマイナスの値にするため。

しかし、ダークシンクロモンスターが通常のシンクロモンスターとしてカード化されたため、ダークチューナーは市販されていない。
ゲーム作品の『タッグフォース』シリーズの『4』『5』『6』には登場している。

漫画版「遊戯王5D's」では同じ能力を持つ『マイナスチューナー』と呼ばれるモンスターが登場している。

シンクロチューナー

チューナーを持つシンクロモンスターの総称。初出はアニメ5D's
同作ではアクセルシンクロを行うために必要なチューナーモンスターとして登場した。

記事のあるチューナーモンスターの一覧

レベル1


レベル2


レベル3


レベル4


レベル5


レベル8


記事のあるシンクロチューナーの一覧

レベル2


レベル5


レベル8


関連イラスト

サイ・ガール
オモチャで決闘!そのさん


ラヴァルのようじょ
エフェクト・ヴェーラー



関連タグ

遊戯王5D's 遊戯王OCG チューナー
シンクロモンスター ダークチューナー
通常モンスター 効果モンスター 儀式モンスター
エクストラデッキ

外部リンク

遊戯王カードWiki - チューナー

関連記事

親記事

シンクロモンスター しんくろもんすたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チューナーモンスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35701

コメント