ピクシブ百科事典

メンタルマスター

めんたるますたー

光属性・サイキック族のモンスター。現在は禁止カードとなっている。通称「メンマス」。
目次[非表示]

概要

遊戯王5D's最初のパック「THE DUELIST GENESIS」で初登場したカード。
光属性・サイキック族であり、レベル1のチューナーでもある。
効果は800のライフコストを払い、自分フィールド上のサイキック族1体をリリースする事で、デッキから下級サイキック族1体を表側攻撃表示で特殊召喚するというもの。

効果はライフコストを必要とし、さらにサイキック族1体をリリースする必要もあるので、無効化されるとディスアドバンテージが激しい。
が、効果の発動に成功すれば下級サイキックを何でもリクルートできるので、特殊召喚したモンスターとシンクロするなり、展開したモンスターで殴るなりとできるため、【サイキック族】なら効果の汎用性は高いと言える。

しかし、このカードの効果は1ターンに何度でも発動出来た。それが、このカードの最大の強みであり、同時に禁止カードとなってしまう一因でもあった。

発売から約2年後に、テーマデッキの1つガスタが登場した。このガスタはサイキック族が大半を占めており、このカードもガスタでの活躍が期待された。
ところが、ガスタの登場後、まさかの無限ループが発覚してしまったのである。
手順は以下の通り。

1:メンタルマスターとガスタの静寂カーム脳開発研究所をフィールド上に揃える。
2:メンタルマスターの効果発動、コストでガスタの静寂カームをリリースし、デッキからサイキック族ガスタ1体を特殊召喚。
3:再びメンタルマスターの効果発動、リクルートしたサイキック族ガスタをリリースしてガスタの静寂カームをリクルート。
4:ガスタの静寂カームの効果発動、リリースされた2体のガスタを墓地に戻して1枚ドロー。
5:以上を繰り返す。

このように無限ドローが可能だったため、自身の効果も合わせて「いずれ規制は免れないだろう」と言われていた。
そして予想通り、2011年9月1日を持って禁止カードに指定された。
予想済みだったとはいえ、サイキック族にとってはかなりの痛手であり、これ以降サイキック族デッキの基本形は、いわゆる【次元サイキック】にシフトしていく事になる。

余談だが、このカードにはエラッタが出されている。(エラッタとは、いわゆる「テキストの書き換え」の事。)
エラッタが出される前のこのカードは自分をリリースして効果を発動できるようなテキストだった。
何故か自身をリリースする事は出来ない裁定だったが、ほぼ同じ効果のイレカエルは自身をリリースして効果を発動出来た。
このことに関して事務局に連絡したところ、以下のような答えが返ってきたという。

Q.このカードとイレカエルの違いは何ですか?
A.カードが違います。

カードの違いで全てを片付ける珍回答に、「とうとう『調整中』で済ますのも面倒臭くなったか」と呆れられながらも笑いの種にされ、現在でも「調整中」「お答えできません」「非公開です」と共に遊戯王OCG事務局4大迷解答として語り継がれている。
前述の通りエラッタがされたため、現在ではこの裁定は消滅している。

効果テキスト

チューナー(効果モンスター)(禁止カード)
星1/光属性/サイキック族/攻 100/守 200
800ライフポイントを払い、
自分フィールド上の「メンタルマスター」以外のサイキック族モンスター1体をリリースして発動する。
自分のデッキからレベル4以下のサイキック族モンスター1体を自分フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する。

エラッタ前

チューナー(効果モンスター)(禁止カード)
星1/光属性/サイキック族/攻 100/守 200
800ライフポイントを払い、
自分フィールド上のサイキック族モンスター1体をリリースして発動する。
自分のデッキからレベル4以下のサイキック族モンスター1体を自分フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する。

関連タグ

遊戯王OCG サイキック族 禁止カード

pixivに投稿された作品 pixivで「メンタルマスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30288

コメント