ピクシブ百科事典

ジャンク・ウォリアー

じゃんくうぉりあー

ジャンク・ウォリアーとは、アニメ・漫画・ゲーム『遊戯王5D's』及びコナミのカードゲーム『遊戯王 オフィシャルカードゲーム』に登場する、闇属性・戦士族のシンクロモンスターである。「ジャンク・シンクロン」+チューナー以外のモンスター1体以上でシンクロ召喚できる。
目次[非表示]

ジャンク・ウォリアーとは、遊戯王5D'sに登場する、また遊戯王OCGに存在するモンスターである。

集いし星が新たな力を呼び起こす!光さす道となれ!シンクロ召喚!
いでよ、ジャンク・ウォリアー!

叩き込め、ジャンク・ウォリアー!! スクラップ・フィスト!!

遊戯王5D's主人公、不動遊星の操る、遊戯王5D's初期を支えた戦士族シンクロモンスター・切り札。
自身の名の「ジャンク」とはがらくたという意味である。
レベル5・攻撃力2300のモンスターだが、シンクロ召喚成功時、フィールド上に存在するレベル2以下のモンスターの攻撃力分自身の攻撃力を上げる効果、パワー・オブ・フェローズ(仲間達の力)を持っている。
その効果から、「不要なカードなどない」「仲間との絆が未来を切り開く」を信条としている遊星に相応しいモンスターであり、ジャンク・シンクロンからの速攻召喚、及びその効果によって、何度も遊星のピンチを救ってきた。

OCGでも2300という攻撃力は同レベルのシンクロモンスターと比較するとTGハイパー・ライブラリアンには負けるが凶悪な破壊効果を持つA・O・Jカタストルを戦闘破壊できる攻撃力を持ち、ローレベルデッキならアニメで遊星がやったように自身の効果で攻撃力をさらに上乗せするため決して低くはない。
「自分フィールド上に表側表示で存在するレベル2以下のモンスターの攻撃力の合計」という上昇値も一見するとあまり高くは無さそうに見えるが、低レベルモンスターの攻撃力を上げるカードには墓地に存在するワイトやその関連モンスターの数だけ攻撃力が上がるワイトキングや相手モンスターの攻撃力を自分の攻撃力にできるモノマネ幻想師サクリファイス、1200ポイントもの全体強化ができる湿地草原のように、元のステータスが低い分上がる時にはかなりの上昇値が期待できるカードも多い。
そうやってかなり上昇した攻撃力をこのカードに集約できれば1ターンキルを狙えるほどの攻撃力になることもある。

ちなみに、このモンスター専用のサポートカードにして技名でもある速攻魔法「スクラップ・フィスト」も登場した。

アニメ初期以降の活躍

スターダスト・ドラゴン復帰後

ジャック・アトラスから遊星の元にスターダスト・ドラゴンが戻った後は、彼(彼女?)の活躍は減少していくこととなる。
スターダスト・ドラゴンのシンクロ素材とされることもあれば、相手の強力モンスターからのやられ役となることも増え、途中からはそれまで自身が務めていた、CM前後のアイキャッチもスターダスト・ドラゴンにその役目を譲った。
第5番目のOP映像では、ジャンク・ウォリアーがストーリーのラスボスであるZ-ONEに攻撃を仕掛ける姿が描かれており、活躍が期待されたが、実際にその役割を担ったのはシューティング・クェーサー・ドラゴン及びスターダスト・ドラゴンであり、ジャンク・ウォリアーは召喚されることもなかった。これまで主人公を支えてきたジャンク・ウォリアーは不遇のまま終わる…こう思った視聴者も多かったであろう。

絆の力

…しかし、このように考えていた視聴者、そして恐らくジャンク・ウォリアー本人が一番驚いたであろうまさかの展開が、最終話である遊戯王5D's第154話にて発生する。
自身の未来を見つけるための遊星とジャックの決闘において、シューティング・スター・ドラゴンとスカーレッド・ノヴァ・ドラゴンが相打ちとなった後、自身の象徴であるレッド・デーモンズ・ドラゴンを召喚したジャックに対し、遊星が召喚したのはなんと…そう、ジャンク・ウォリアーであった。
しかも自身の効果により、攻撃力を5500まで上昇させ、レッド・デーモンズ・ドラゴンを粉砕、遊星に勝利をもたらした。
遊星が信じてきた仲間達との絆の強さを、まざまざと見せ付ける結果となった。
出番すら与えられず、第5番目、現行のOP映像を再現することができなかったジャンク・ウォリアーが、ここにきてまさかの第1期OPを再現することになるとは…やはり主役は最後に登場するものなのだろうか。
 ここで遊星はジャンク・デストロイヤー、ジャンク・アーチャーを召喚することもでき、この場合でもジャックに勝利できていた可能性が高いが、遊星のたどり着いたひとつの「答え」として、ジャンク・ウォリアーが召喚されたと考えられる。
 更に言えば対戦相手のジャックのデッキには直接攻撃を止めるバトルフェーダーが投入されているため、それが手札にあれば(但し実際にはバイス・ドラゴンとSp-ジ・エンド・オブ・ストームだったがそんなことを遊星は知るはずもない)直接攻撃を行えば止められる可能性もあったため、それを読んだ上でも正しいため戦略的にも間違ってはおらず、ジャンクウォリアー以外にも3体のモンスターを壁としておくことができたためあの状況で他の3体を召喚せずにこのカードを召喚したのは正しい判断といえる。
おまけに、遊戯王5D'sにおいて紹介されてきた「今日の最強カード」において、放送終了後の提供画面で遊星が手にしていたのはスターダスト・ドラゴンであったが、アニメ公式サイトでの「今日の最強カード」に登場したのはジャンク・ウォリアーであった。
これにより、遊戯王5D'sの「今日の最強カード」は、その最初と最後をジャンク・ウォリアーが飾ったこととなる。
またこの時、ジャンク・ウォリアーに力を与えたモンスターは、(攻撃力を400ずつ上昇させた)「ロードランナー」、「ボルト・ヘッジホッグ」、そして「スピード・ウォリアー」。
いずれもジャンク・ウォリアーと共に、サテライト時代から遊星と共に闘ってきたモンスター達であり、スタッフの憎いほどの粋なお膳立てが感じられる。

ちなみにこの決闘でのジャンク・ウォリアーの活躍と比べ、一番涙目だったのはシューティング・スター・ドラゴンの効果でデッキからめくられることで登場はしたものの、他のシンクロモンスター達が専用チューナーによってシンクロ召喚された中、自身はクイック・シンクロンによって代用されたニトロ・シンクロンであろう。

カード

シンクロ・効果モンスター
星5/闇属性/戦士族/攻2300/守1300
「ジャンク・シンクロン」+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動する。
このカードの攻撃力は、自分フィールドのレベル2以下の
モンスターの攻撃力の合計分アップする。

関連イラスト

ジャンク・ウォリアー
スクラップフィストオオオオオオ!!!!!



関連タグ

遊戯王5D's 遊戯王OCG
レベル5 闇属性 戦士族 シンクロモンスター 効果モンスター ジャンク
スクラップ・フィスト
不動遊星 スターダスト・ドラゴン ジャンク・シンクロン スピード・ウォリアー

戦姫絶唱シンフォギアG:遊戯王5D's小野勝巳氏が監督を務める作品で、1話の立花響の攻撃がジャンク・ウォリアーの攻撃と完全に一致した。なお、彼女の中の人は後に方中ミエル役で準レギュラーとして登場している。

ジャンクシンクロモンスター

屑鉄の戦士達


レベル5

  • ジャンク・ウォリアー


レベル6


レベル7


レベル8

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャンク・ウォリアー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 245371

コメント