ピクシブ百科事典

ランカの蟲惑魔

らんかのこわくま

ランカの蟲惑魔とは、遊戯王OCGに登場するカテゴリ「蟲惑魔」に属するモンスターカードである。
目次[非表示]

概要

「CODE OF DUELIST」で登場した地属性・昆虫族のモンスター。
フレシアの蟲惑魔以来2年ぶり(メインデッキに投入できるカードとしてはティオの蟲惑魔以来3年ぶり)に登場した新規の蟲惑魔
ピンク髪ツインテールの少女の姿をしており、服の袖に当たる部分が、モチーフであるハナカマキリの鎌のような形状になっている。

ランカという名前はハナカマキリの通称である「ランカマキリ」から取られていると思われる。

《ランカの蟲惑魔》


同名の某超時空シンデレラは関係ない…はず。

登場時期の関係から、蟲惑魔の集合絵的なカードである「フレシアの蟲惑魔」のイラストには描かれていない。

カード性能

星4/地属性/昆虫族/攻1500/守1300
①このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「蟲惑魔」モンスター1体を手札に加える。
②このカードはモンスターゾーンに存在する限り、「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない。
③1ターンに1度、自分フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのセットされたカードを持ち主の手札に戻す。その後、自分の手札から魔法・罠カード1枚をセットできる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

①の効果は召喚成功時に「蟲惑魔」をサーチする、いわば蟲惑魔版エアーマンともいうべきシンプルかつ強力な効果。
この手のサーチカードとしてはステータスが低めではあるが、それを逆手にとって相手を罠に嵌められるとも取れる。
「ティオの蟲惑魔」をサーチしておけば、自身が破壊されても「ティオの蟲惑魔」で蘇生し、エクシーズ召喚につなげられる。

③の効果はセットされた魔法・罠カードをセルフバウンスし、別の魔法・罠カードをセットできるやや変わった効果。
相手の除去の対象になった「ホール」「落とし穴」カードをバウンスして破壊から守ったり、「ティオの蟲惑魔」の効果でセットした罠をバウンスすることで、「ティオの蟲惑魔」のデメリットを帳消しにしたりすることが可能。
相手の全体除去に対し、「アーティファクト」などの破壊されると効果を発揮するカードをセットするのも効果的。

関連タグ

遊戯王OCG 昆虫族 蟲惑魔
ハナカマキリ

pixivに投稿された作品 pixivで「ランカの蟲惑魔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61531

コメント