ピクシブ百科事典

闇マリク

やみまりく

「覚悟はいいか?」「あ゙り゙えない…」
目次[非表示]

闇マリクは、遊戯王に登場する、マリク・イシュタールの闇の人格である。声優は岩永哲哉

人物像

バトルシティ編におけるラスボス。
「墓守の儀礼」の想像を絶する苦痛と、心の傷によって生まれたマリクの闇人格。 表人格の時と比べると、髪はかなり逆立ち、感情の起伏が激しくアニメ版では顔が病的に変貌している。

その誕生の経緯故、性格は残忍かつ極めて猟奇的である。そして、病的な程の破壊願望の持ち主であり、破壊こそが快楽であり、至福であるという歪んだ嗜好を兼ね備えている。その為、決闘においては対戦相手のライフポイントを0にする事よりも、相手に苦痛を与えつける事に喜びを感じるという、サディスティックな傾向にある。また、その性格の違いから、表人格のマリクが構築したデッキに甘さを感じ、デッキを大幅再編している。

彼は遊戯やその仲間の抹殺のみならず、現世に存在する全ての秩序と生命の完全なる破壊を望んでいる。また、闇に脅える表人格とは異なり、闇が大好きであるとの発言もしており、その言動の随所には狂気が垣間見える。その為、その精神・人格は「破綻」傾向にあると思われる。

原作ではそれほどでもないのだが、アニメではやたらと顔芸を披露する為、ネット等では「顔芸」の愛称で親しまれている。最近ができたみたいだ。
なお、千年アイテムに封印されていた魂である闇遊戯闇バクラと違い、彼は本来の意味での二重人格である。

ラスボスの名に恥じない強さ

決闘者《デュエリスト》としての実力は高く、予選に勝ち上がった舞や、同じ闇の人格である闇獏良にも圧勝する。

準決勝の城之内戦では、最初は彼を見下していたが、闇のゲームによる精神の激痛にも屈しない精神的強さと、バトルシティでの予選で戦ってきた決闘者《デュエリスト》達との戦いの記憶を元に成長して強くなった彼の思わぬ攻めに追い込まれる。
その為、ラーを召喚して通常の決闘《デュエル》による勝利ではなく、闇のゲームによる精神的苦痛によるノックダウンを狙い、彼の精神を焼きはらったっと思いきや、それでも耐え切って彼が『鉄の騎士ギア・フリード』を召喚した所でついに倒れてしまい、ギリギリの勝利を掴んだ。(もし、決闘《デュエル》が継続していたら負けていた)

決勝戦での闇遊戯戦では、容赦なく『ラーの翼神竜』を召喚しまくり、同じ神である『オシリスの天空竜』を瞬殺するなど、出鱈目な力を発揮する。
1ターンキルを狙うも、ラー対策として海馬から受け取った『デビルズ・サンクチュアリ』の効果で危うく自滅するところに『融合解除』で無理やり解除してライフを回復したが、すぐに『オベリスクの巨人兵』の一撃を受けてしまうハメとなる。
その後もレベル10の神である『ラー』を『死者蘇生』で何度も復活させるなどまさに神の猛攻を繰り返すような攻めをするが、最終的には遊戯の『ブラック・マジシャン』と『ブラック・マジシャン・ガール』の連携攻撃で『ラー』ごと破壊されてしまう。

最期

『ラー』の消滅後に表の人格と入れ替わってしまい、自分自身は灯火と化してしまう
遊戯を始末するような誘いをするも、もちろんの様に拒絶をされてしまい、最後は表の人格によるサレンダーにより消滅した。


使用デッキ

悪魔族機械族を混合させたバーンデッキ(ロックバーン)を使用する。ライフポイントや手札をじわじわと削るえげつない効果をもったモンスターが大半を占めており、ドSな彼にふさわしいデッキといえるだろう。
が、あくまでそれは切り札であるラーの翼神竜召喚までの時間稼ぎである。ラーの翼神竜を召喚したあとは戦法をワンターンキルへと切り替える。
また、「俺のデッキのテーマは不死!相手をブっ倒すまで、何度でも神がよみがえるように構築してある」との発言からラーの翼神竜召喚の要である死者蘇生を何回でも使えるようにしているようだ。事実、闇マリクは闇遊戯戦で5回程死者蘇生を使用している。
だが彼のデッキは神のカード無しでも十分強く、その場合はバーン系効果を中心に相手を攻めてライフを削ると言うドS戦術だけで勝利する事も可能である。

主力カード


処刑人-マキュラ

バトルシティ本選のとの決闘《デュエル》で使用。
墓地に送られるだけで手札から罠カードを発動させる事が出来る恐るべき効果を持つ。
攻撃名は『断砕処刑』(アニメ版では『裁きの剣』)。

万力魔神バイサー・デス

「こいつの攻撃はえげつないぞ…」
バトルシティ本選の舞戦で初使用。闇マリクの拷問系カードの1枚であり、遊戯王シリーズにおいて初めて登場した戦闘では破壊されない効果を持つモンスター。
3ターンの間無敵というテキスト通り、戦闘破壊されずダメージも通さず大概の除去が通じない。原作のルール上、無敵状態のこのカードの攻撃でモンスターを弱体化させていくことができ、装着したモンスターのリリースを封じる効果も持つ。
攻撃演出は相手モンスターの頭部を締め付けて拷問を行うというもので、闇のゲームでプレイヤーの頭に直接激痛を見舞うことが可能。一枚で攻撃を封じつつプレイヤーに恐怖と苦痛を与え続けることができ、マリクの嗜好を体現したようなモンスターである。
『バイサー・ショック』との連携で相手のサレンダーを封印したり、複数体の同時攻撃で更なる苦痛を与えることもでき、デッキにはフルで投入されている。
攻撃名は「万力処刑」。『バイサー・ショック』との同時攻撃は「処刑攻撃」。

地獄詩人ヘルポエマー

バトルシティ準決勝の城之内戦で使用。
戦闘破壊されると相手の墓地に埋葬され、毎ターン相手の手札を1枚墓地に送るハンデス効果を持つ。
攻撃力2000だが『ロケット戦士』の効果で弱体化し、『漆黒の豹戦士 パンサーウォリアー』の攻撃で破壊され効果を発動。
『棺桶売り』とのコンボでじわじわとダメージを与え、『邪神の大災害』(原作効果)での一撃必殺を狙うも、ハンデスが仇となり『人造人間-サイコ・ショッカー』の召喚に繋げられ、形勢を逆転されてしまう。
原作ではレベル4だが、アニメではOCG化の都合によりレベル5となり『埋葬されし生け贄』の効果で生け贄無しで召喚された。

レジェンド・デビル

バトルシティ準決勝の城之内戦で使用。
原作では『ギル・ガース』、アニメでは『ドリラゴ』を生け贄に捧げて召喚された。
自分のターンの毎に攻撃力を上げる効果を持っている。罠をセットしつつその効果を説明して城之内を追い詰めるが、『人造人間-サイコ・ショッカー』の効果により罠カードを破壊され、瞬殺されてしまう。
アニメではその効果が発動されて攻撃力が2200まで上がる。

溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム

「貴様への罰ゲームはこのカードで決定したな…」
バトルシティ準決勝の城之内戦で使用。
攻撃力3000・守備力2500と青眼の白龍に並び最高峰の基礎スペックを持つモンスター。
相手モンスター二体を生贄に相手フィールドに生贄召喚することができ、毎ターンコントローラーにダメージを与える強力な効果を持っている。
相手の厄介なモンスターを処理しつつ攻撃をロックすることで継続的にダメージを与える戦術が可能である。
攻撃名は「ゴーレム・ボルケーノ」または「城之内ファイヤー」。

メタル・リフレクト・スライム

バトル・シティ決勝戦での闇遊戯戦で使用。
罠カード。戦闘ダメージでライフが半分以下になった場合に発動でき、戦闘ダメージを与えたモンスターの3/4の守備力を持つ『メタル・スライム・トークン』を特殊召喚する。
オベリスクの巨神兵』の直接攻撃のダメージをトリガーに発動され、守備力3000のトークンを特殊召喚。攻撃力4000のオベリスクの前にはこけおどしに過ぎないと思われたが…

リバイバルスライム

「攻略不能たる壁――不死の神・スライムだ!!」
バトル・シティ決勝戦での闇遊戯戦で使用。
表マリクも使用していたが、彼とは全く違う使い方を披露した。
『メタル・リフレクト・スライム』が発動された返しのターンで召喚され、魔法カード『融合』によりスライムトークンと融合。鉄壁の守備力に不死の再生能力を得た『神(ゴッド)・スライム』と化す。『ディフェンド・スライム』との併用によって強固な壁となり、オベリスクの攻撃をも無力化した。
アニメオリジナルで舞戦でも召喚された。

ボーガニアン

バトル・シティ決勝戦での闇遊戯戦で使用。
自分のスタンバイフェイズ毎に相手にダメージを与える効果を持つ。効果名は「地獄送りのボーガン」。

ラーの翼神竜

「我が勝利のために起動せよ!」
闇マリクの切り札であり、三幻神の階級でも頂点に位置する。
まともに操るにはテキストスペースに記された『古代神官文字(ヒエラティック・テキスト)』を正確に唱える必要があり、それができなければ効果の発動はおろか起動すらままならない。
通常召喚時・特殊召喚時ともに生け贄に捧げたモンスターの攻守合計をそのまま得る効果を持つが、原作中で生贄召喚を行った場面があるのはピーピング効果でラーを奪い、そのまま召喚した舞及びコピーカードを使用したリシドのみ。闇マリク自身は『死者蘇生』による特殊召喚をメインに使用している。(アニメDMではバクラと闇遊戯によって生け贄召喚された。)
その真価は墓地からの特殊召喚によって発揮される。

関連イラスト

闇マリク
ラー!


やみまり
きんいろ



関連タグ

遊戯王 顔芸
闇遊戯 武藤遊戯
城之内克也 闇バクラ
マリク・イシュタール リシド
イシズ・イシュタール
ラスボス ドS

pixivに投稿された作品 pixivで「闇マリク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1943689

コメント