ピクシブ百科事典

目次[非表示]

テキスト

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/植物族/攻 500
【リンクマーカー:左下/右下】
効果モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。
(2):2000LPを払い、
「融合」通常・速攻魔法カードまたは「フュージョン」通常・速攻魔法カード1枚を
デッキから墓地へ送って発動できる。
この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。

概要

LVP3で登場したリンクモンスター
モンスターを闇属性に属性変更する効果とライフポイント2000のコストを払うことでデッキの融合(フュージョン)魔法・速攻魔法を墓地に送りその効果を自身のものとして適用できる効果を持つ。
普通に使っても優秀な効果だができるならハンドアドバンテージ及びボードアドバンテージ消費の少ないデッキ融合や墓地融合を狙いたい所。コストはコピーされないため、あらゆるコストをライフ2000の消費に置き換えることができる。
発動条件と誓約に関しては、発売前はこのカードをSSしたターンに「真紅眼融合」の効果を適用できないのではないかと危惧する声が多かったが、現在は発動可能という特殊裁定が出ている(D-HEROダイヤモンドガイで真紅眼融合を落とした場合の処理は不明)。このため、本来強いデメリットを持つものも普通の融合カードのように扱える。実質的にこのカード自身の発動条件と誓約に置き換えるようなものと思えばいい。
なお、似たようなコピーを行う効果を持っている他のカードに関しては、発動条件と誓約を無視できない裁定があるため、混同しないように注意しよう。

その中でも特筆すべきは「超融合」や「プレデター・プライム・フュージョン」等の相手モンスターを素材として使えるものや「真紅眼融合」や「ネオス・フュージョン」等のデッキ融合及び個性的で強力な効果を持つ専用融合だろうか。また、コピー先をコストで墓地へ送る都合上「ジェムナイト・フュージョン」や「ネオス・フュージョン」のような墓地で効果を発動できるものとも相性が良い。
(1)の闇属性へ属性変更する効果も加えて、中々に小回りが効くと言える。

ちなみにコピーできるのは融合魔法だけではないので、「融合回収」によるサルベージ、「融合徴兵」によるサーチ…なんて使い方もできる。ちなみに「融合解除」もコピーできる。

デメリットとしてはモンスター効果を止められてしまえば融合できず、「超融合」や「超越融合」などが持つカードの効果に含まれない対チェーン耐性は適用外にあること、効果発動に固定のライフコスト2000を払わされる上にこのカード自体が低打点で効果発動後特殊召喚を行えないのでそもそも発動できない場面があったり、仮に発動できても攻撃表示しかないリンクモンスターを棒立ちのままにしてしまい、無策で相手にターンを回してしまえば最悪ワンターンキルされかねないことだろうか。
また、この効果自体は起動効果で発動するのは自分のターンであるため、相手モンスターを融合素材にするものは奇襲性が薄れてしまい、場合によってはサクリファイスエスケープ等で相手モンスターに逃げられることになる。
無論デメリットの対策は用意して起用したい。

とはいえそれを踏まえても強力な効果であり、特に上記の「真紅眼融合」のデメリットを完全無視できる点を利用し、散々強力なモンスターを展開した締めに「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」を呼び出してモンスター破壊とバーン&封殺の布陣まで敷けてしまうのは強力な戦術になるのではないかと両者発売前から話題になっている。低打点で棒立ちのまま相手にターンを回す問題もこのカードの(1)の効果の発動に対してドラグーン・オブ・レッドアイズで無効にして、あちらの打点に変換することで回避できる。

関連タグ

遊戯王OCG
捕食植物ダーリング・コブラ・・・近縁種、融合(フュージョン)に関する効果を持つ点でも近い存在と言える。

関連記事

親記事

捕食植物 ぷれでたーぷらんつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7138

コメント