ピクシブ百科事典

ゲート・オブ・ヌメロン

げーとおぶぬめろん

ゲート・オブ・ヌメロンとは、アニメ『遊戯王ZEXALⅡ』に登場した4体のエクシーズモンスターの総称。
目次[非表示]

現れよ、No.4!ゲート・オブ・ヌメロン-チャトゥヴァーリ!
続いて現れよ、No.3!そして、2!
ゲート・オブ・ヌメロン-トゥリーニ、ゲート・オブ・ヌメロン-ドゥヴェー!
そして、これがヌメロンの極致!現れよ、No.1!
天を摩する地獄の門、堅牢なる扉開きしとき、一抹の希望を捨てよ!
ゲート・オブ・ヌメロン-エーカム!

共通テキスト

アニメ版

エクシーズ・効果モンスター
ランク1/光属性/機械族/攻1000/守 100
レベル1モンスター×3
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
このカードが戦闘を行った後に、このカードのエクシーズ素材1つを取り除いて発動する事ができる。
自分フィールド上に存在する「ヌメロン」と名のつくモンスターの攻撃力は倍になる。

OCG版

エクシーズ・効果モンスター
ランク1/光属性/機械族/攻1000/守 100
レベル1モンスター×3
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時にこのカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。自分フィールドの全ての「ヌメロン」モンスターの攻撃力はターン終了時まで倍になる。

概要

No.1~4までの4体のナンバーズの総称。
最初に地上に降りたナンバーズであり、地上を監視し続けた地球の番人とされ、ヌメロン・コードごとその力を得たドン・サウザンドが使用する。
ベクターに渡された偽りのナンバーズとは違う、真のNo.1~4である。
4体が合体することで巨大なひとつの門「ゲート・オブ・ヌメロン」となった。ちなみにアニメ版の機皇帝と同じく、フィールドに並んだことによる〝合体〟である。
4体全員がまったく同じ攻撃力倍増効果を持つことが特徴で、総攻撃をすることで攻撃力を2000→4000→8000→16000と次々に倍加させていく。
なお、戦闘時には門が開いて中にいる本体が攻撃を行う。

名前はナンバーのサンスクリット語の読みになっている。

名称配置
No.1 ゲート・オブ・ヌメロン-エーカム上部、門の部分を担当
No.2 ゲート・オブ・ヌメロン-ドゥヴェー左側、装飾の部分を担当
No.3 ゲート・オブ・ヌメロン-トゥリーニ右側、装飾の部分を担当
No.4 ゲート・オブ・ヌメロン-チャトゥヴァーリ下部、底の部分を担当

活躍

遊馬&ナッシュとの決戦においてドン・サウザンドが使用。
魔法カード「ヌメロン・ダイレクト」の効果で4体同時に特殊召喚される。
ヌメロン・ネットワーク」によってオーバーレイ・ユニットを使わずに効果を発動し続け、総攻撃を行いながら着実に攻撃力を16000まで上げるものの、遊馬とナッシュには全て耐えきられてしまう。

その後No.1は「CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャ」にランクアップし、フィールドを離れた後は魔法カード「ヌメロン・カオス・リチューアル」の効果で「ヌメロン・ネットワーク」と合計5体がCNo.1000夢幻虚神ヌメロニアスのエクシーズ素材となった。

余談

アニメ版ラスボスの使用カードだけあってか、登場当初はOCG化されなかった。
その後、数年の歳月をかけてNo.5からオーバーハンドレッド・ナンバーズに至るまで全てのナンバーズがOCG化されていった。が……その特殊な立ち位置や関連カードの常軌を逸したチートっぷりが災いしてか、ゲート・オブ・ヌメロンだけはOCG化を逃し続けていたのだった。
そして遂に満を持して2020年6月20日発売予定の「COLLECTION PACK 2020」にて収録が決定。
番号順としては最初のナンバーズでありながら、OCGとしては最後の通常ナンバーズとなった。


関連タグ

遊戯王OCG エクシーズモンスター 
遊戯王ZEXAL ドン・サウザンド 光属性 機械族

外部リンク

遊戯王カードWiki - ゲート・オブ・ヌメロン

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲート・オブ・ヌメロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 499

コメント