ピクシブ百科事典

エルフ・ブル

えるふぶる

エルフ・ブルとは、TVアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

概要

キャピタル・アーミィが、カットシーに続く「エルフシリーズ」の試作機として開発したモビルスーツ
エフラグに頼らない長距離攻撃作戦を想定している事から航続距離に優れ、更に大気圏・宇宙空間双方で運用可能な汎用性と、内蔵された武装による高い火力を持ち合わせている
この機体の試験運用データを元に、制式採用機としてエルフ・ブルックが開発されているが、エルフ・ブルに備えられた機能の中で不安定だった物は量産化に伴いオミットされている。
パイロットはデレンセン・サマター

他のモビルスーツと比較して二回り程巨大な機体サイズを持ち、下半身を背面に持ち上げ腰のフレームを左右に開く事で鳥のようなシルエットを持ったモビルアーマー形態へと変形する。
これはエルフ・ブルックと共通の機構であり、増槽を兼ねる追加ブースターを装備する事でその航続距離を伸ばす事も可能。
機体性能もそのサイズに比例するかのように高く、キャピタル・アーミィの主力機であるカットシーと比較して目覚ましい性能向上が認められているが、それはキャピタル・アーミィがリギルド・センチュリーのタブーを破っていることを端的に表している。

最大の特徴として機体中央の動力炉内で縮退させたビームを機体各部に分散・集中させる「セントラルビームシステム」を採用している事が挙げられ、これよって全身に配されたビーム砲の威力調節が容易となっている。

名称の由来は架空の霊長類としても有名な精霊「エルフ」から。

武装

5連装ビーム砲

マニピュレータに備えられたビーム砲。
砲口こそ小型だが、セントラルビームシステムによって高圧のビームを発射可能。
ビームサーベルとしての機能も有し、格闘戦にも用いられる。

小型ビーム砲

機体各部に搭載されているビーム砲。
一斉射する事でビームを網の目状にして迎撃や防御に用いられる他、ビームでありながらミサイルのように敵機を追尾するホーミング機能も有している。
ホーミング機能はエルフ・ブルックの量産に際してオミットされている。

ビーム・ライフル

専用の携行型ビーム・ライフル。グリップは銃身外側に配されている。
セントラルビームシステムのビームを一極集中する為のデバイスであり、それ故に高い威力を発揮する。
しかし、試験運用時に性能が安定しなかった事もあり、制式採用機であるエルフ・ブルックでは標準装備から外されている。

関連項目

Gのレコンギスタ
カットシー エルフ・ブルック マックナイフ
デレンセン・サマター

pixivに投稿された作品 pixivで「エルフ・ブル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7905

コメント