ピクシブ百科事典

戦艦レ級

せんかんれきゅう

ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』に登場する敵キャラクター「深海棲艦」の一種。
目次[非表示]

それは鎮守府を破滅へと導く、小さくも強大なる悪魔 ——

概要

初出は5-5『サーモン海域北方』。 ゲーム中の立ち絵イラストはおぐち氏が担当。

艦種こそ「戦艦」だが、これまでのボス級である姫や鬼に匹敵する特殊な艦艇であり、もはや、戦艦の皮をかぶった何かである。実装当時は5-5以外には出現しなかったため、彼女と出会うにはかなりゲームを進める必要があったが、しばらくして期間限定イベントにも登場するようになった。詳しくは後述。

かんこれマン


可愛らしい笑顔と裏腹に異常なほど強いのが最大の特徴。
解りやすく言うと、「ぼくのかんがえたさいきょうのせんかん」「超兵器」それでも分からないなら空を飛ばない「宇宙戦艦ヤマト」……これらは決して誇張ではなく、文字通り凶悪なステータスと、存在する殆ど全ての艦種の能力をこれでもかといわんばかりに詰め込んだ、チートクラスの戦艦なのだ。ある意味ラスボスクラスである。

出現する海域が難関なのも相まって、まさしく廃人提督達に叩きつけられた運営からの挑戦状と言えよう。なお、彼女は5-5に出没する彼女はボス艦隊旗艦ではない(旗艦は空母ヲ級改flagship)ので、やり過ごすことでもクリアは可能である。やり過ごせるものなら、だが。

無印(最弱)の時点で耐久は180戦艦タ級flagshipの2倍)もあり、装甲は南方棲戦姫に匹敵する110、装備無しでの素の火力はあのトラウマとして名高い戦艦ル級flagshipと並ぶ90を誇る。念押しするが、この能力でも最弱ランクである。 この時点で既にに片足以上突っ込んでいるスペックではあるが、それだけでは終わらない。戦艦でありながら雷装値も設定されており(通常の戦艦は敵味方問わず0だが、彼女は素で100と島風並)、夜戦になると狂気染みた火力でこちらを潰しにかかって来る。

これに飽き足らず、空母が運用する艦載機まで堂々搭載しており、制空権争いにまで参加してくる。制空値は94。しかもこの艦載機、事実上の艦上爆撃機としての能力があるため、こちらに潜水艦がいると平然と対潜攻撃までしてくる。これは逆に言えば潜水艦を囮にすれば砲撃×2をスルーできるということでもあるが、この艦載機の対潜能力は非常に高く、こちら側の潜水艦の中で最高の耐久値と装甲を誇る伊401でさえも容易に中・大破させられてしまうのだ。

強化版のeliteに至っては耐久値270(4面ボスである装甲空母姫並)、素の火力は130(5面中ボスである南方棲戦鬼より上)、装甲値130という並の姫クラスを凌駕するほどにふざけた能力。

素の雷装値も120に上昇しており、更に同時に実装された雷巡チ級flagshipを差し置いて、なんと開幕先制雷撃を可能にする特殊潜航艇を装備しており、これによって航空戦と違いほぼ軽減不可の開幕雷撃を可能とした。その上、特殊潜航艇は分類上魚雷に属しない為、夜戦時はハイパーズよりも高い火力を2連砲撃で叩き出す(全装備込みの夜戦における実際火力は157<火力>+138<雷装>=295)。

制空値もさらに強化され、107。これは某姫様(制空値98)すら上回る数値である(参考までに、全空母中最大の加賀46スロットに最高クラスの艦戦・零式艦戦53型(岩本隊)熟練度MAXを配備してようやく制空値106に達する)。こいつ単艦に対して烈風を2スロット搭載した程度では航空優勢すら取れない。

見方によっては様々な分野の艦娘の長所を一隻に詰め込んだ存在とも言え、生半可な艦娘がケンカを売ったらどんな目に遭うのかは想像に難くない。かつてコラボイベントで期間限定参戦した霧の艦でさえもタダでは返してもらえないだろう。まさにお前のような戦艦がいるかを地で行くチートぶりである。

【艦これ4コマ】レ級ちゃん


もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな

一部では超弩級重雷装航空巡洋戦艦なる称号まで付く始末。ライトノベル『鶴翼の絆』に登場した際は一個の艦隊が一匹の深海棲艦になったようと形容されている。

自軍艦隊で航空戦、開幕雷撃、砲撃戦、雷撃戦、夜戦の全てに参加が可能なのは甲標的母艦の3人のみだが、彼女らは更なる改造を残したままな上にそもそも戦艦と甲標的母艦とでは火力も装甲も天と地ほどの差があるため、比較にすらならない。ちなみに『艦これRPG』では航空戦艦の扱いとなっている。でも、雷撃をする航空戦艦って……

登場以降の経過

あらゆる面において圧倒的な影響力を持ち、実装時点で間違いなく最強の深海棲艦の一角だった。唯一の救いは陸上基地型の飛行場姫などと違い艦船であるためにこちらの雷撃はちゃんと通るので、雷巡が上手く仕留めてくれさえすれば開幕雷撃で無力化出来る可能性がある位だった。

しかし、2014年4月23日のアップデートで弾着観測射撃システムが実装。航空戦で制空権を取り、大和型長門型による徹甲弾を用いたカットインを駆使すれば昼間の内にご退場願うことも不可能ではなくなった。

ちなみに彼女自身はというと、このアップデート前までは積んでいた艦載機が「水上爆撃機」だった(観測射撃の発動キーになる)のだが、アップデートと同時に艦爆(弾着観測射撃を発動しない)へと変更され、弾着観測射撃までしてくるという最悪の事態は免れた。

実のところ5-5実装当初はともかく、現時点(2016年7月)では、5-5への挑戦を検討するレベルの提督およびその艦隊であれば、単にレ級と戦って勝つだけであればさほど難しくはなくなっている。現在では前述の弾着観測射撃をはじめ、各種火力関連システムの充実により、少なくともイベント海域最深部に登場する姫クラスのように「当てても装甲を貫けないので効かない」なんて事は無く、当てれば普通に倒せる。

また、艦載機熟練度システムの実装によって空母の攻撃が大幅に強化され、戦艦1空母5のように偏った編成での攻略法が強くなってきた結果、低確率ながら開幕雷撃よりも先に開幕爆撃で吹っ飛ばせるケースもでてきた。

しかし、そうして艦娘の能力のインフレや新装備の実装が進んだ現在でも未だにレ級を目の上の瘤に感じる提督が少なくないのは、一重にその手数の多さによる大破撤退発生率の高さだろう。「ワンパン姫」の異名を持った事もある戦艦棲姫空母棲姫でも、最大でも航空戦合わせて3回しか攻撃しないのに、コイツは単体で5回も攻撃が可能なのだ(上掲イラストも参照)。

ボス戦であれば必要なだけの敵艦の撃沈に成功すれば、極端な話こちらは全員大破しても構わない。しかし、道中戦では敵艦を撃沈できずに敗北する事になっても問題なく先に進めるものの、貴重な戦力を轟沈させたくなければ1隻でも大破を出してしまった時点で進軍という選択肢は失われてしまう。

レ級の「(本体はボスほど強い訳では無いが)手数の多さによる事故発生率の高さ」はまさに道中戦の負担を高める事に最適な性質なのである。イベントと異なり、難易度選択やギミックによる弱体化が効かない点も、手強い一因かも知れない。

そして忘れてならないのは、このレ級、現段階(2017年1月)では未だelite級までしか登場していない。レ級が弱体化したのではなく、まだ上位版の存在が確認されていないだけなのだ。もしもflagshipや最終形態である改flagshipが実装されたなら、一体どうなってしまうのだろうか…

念のために補足しておくが、通常海域において彼女が出現する5-5は「Extra Operation」というあくまでもオマケ扱いのマップであり、必ずしもクリアする必要はない。相当やりこんだ熟練提督向けという位置づけなので、艦隊の練度と装備、そして資源の備蓄に余裕がある時にのみ挑むといい。5-5のゲージを完全破壊すると、アイテム「勲章」を入手することが出来る(Extra Operationのゲージは月一で復活するので、月に一度は勲章を入手できる)。また、かなりの戦果も手に入るので、ランキング上位を目指す提督は是非頑張って欲しい。

イベント出禁?

レ級が出現してからというもの、2016年秋までに何度もイベントは開催されているのだが、そのいずれにも彼女の姿はなかった。あまりに強すぎて安易に出せないのではないかともっぱらの評判であり、「イベント出禁」と呼ばれてしまう始末である。 レ級が出現する南方海域を舞台とした2015年夏イベントにも出現せず……

2015夏
お留守番レ級



かといって、各イベントがぬるい難易度であったかと言えばそんなわけもなく、5-5の☆11以上の難易度もざらである。例えば前述の2015年夏イベではレ級eliteとほぼ同じ行動パターンを持つ水母棲姫が登場。ボス艦特有の高い耐久値・装甲値以外はおおよそ無印レ級と同じくらいの性能であり、レ級eliteの性能の高さを改めて思い知らされることとなった。そして、最深部E-7ではレ級を超える悪夢というタグが作られるほどの超性能を持つボスが待ち構えていた…

加えて、レ級の代わりに戦艦棲姫、空母棲姫がイベント最終マップの道中やボス護衛を務めており、E-7の難易度は5-5を遙かに上回る☆15となっている。

また、15秋イベボスの駆逐水鬼16冬イベボスの集積地棲姫重巡棲姫がレ級と同様に開幕先制雷撃を可能にする特殊潜航艇を装備している。

このように見てみると、レ級がイベントに現れない理由には、

  1. 万能型なだけにどうしてもボスとキャラクターが被り、その上人気も高いので、ボスの影が薄くなる(ボスの能力設定が難しい)。
  2. むしろボスがレ級の代打。
  3. ただでさえイベント海域のボスのパワーインフレが続いている上に、レ級が同時登場すると、バランスが崩壊して普通に提督が轟沈する

などの理由が考えられ、やっぱり「答え③」のように思えたが……

そして遂に…

レ級実装以来、長らく半ばレ級イベント解禁はネタであったが17冬イベの最終面E-3のBマスおいて遂にイベントデビューを果たすこととなった。同イベントのE-1が過去最低難易度と言われるほど難易度が低く、油断していた提督達に衝撃を与える事となる。Bマスでは難易度丙でさえも彼女が姿を見せ、甲に至ってはレ級éliteに加え随伴艦も強敵であるため道中という点を考えればかなりの難敵である。

だが、このBマスは潜水艦隊で出撃すれば回避可能であり、そもそもE-3前半の輸送作戦では寧ろ潜水艦隊で分解した彩雲の輸送を成功させる事がゲージ破壊の条件である為、通常の攻略でこのマスを通ることはない

Poor Re-chan



勿論、それでもイベント最終海域だけあって前半作戦の時点でボスマスが連合艦隊である、ボスマスで敗北するとゲージ破壊に必要な分解彩雲が消滅してしまう等、E-3にはレ級以外にも様々な難関が複合して存在しており、通常攻略で通るマスに出現しなかったのはやはり上述の理由通りイベント難易度のインフレに拍車をかけるのを避ける為であろう。

ただ、装甲破砕ギミックのために輸送ボスマスでS勝利する際は、潜水艦隊で挑むとカットインが連発で発動しないと達成不可能ということもあって、あえてBマスを通過する水上艦隊で挑んだ人も少なくないようである。そのような提督達にとってレ級は大きな脅威として立ちはだかることとなった。

本格参戦

17秋イベにおいて、遂に提督達の長年の悪夢が現実のものとなる。E-3「捷一号作戦、作戦発動!」の輸送ゲージのボスマスにて出現。本格参戦と相成った。難易度乙で無印、甲でeliteを含んだ編成が存在するが、幸い丙では出現しない。

しかし、A勝利を取れればゲージが削れる、敵部隊を殲滅する必要はあまりない輸送作戦であること
そして何より、連合艦隊の第一部隊にいるために先制雷撃が封印されてしまっていることから5-5で出会うときよりは御しやすい範疇である。

もっともそれは、イベントでまだヤツは本気を出していない、とも取れるが・・・


「だが、あのレ級が最後の一艦だとは思えない。禁忌が解かれた以上、もし『艦これ』のパワーインフレがこの先も立て続けに行われるとしたら、あのレ級の同類がまた何処かのイベントに現れるかもしれない……」

というわけで、今後もイベントシーズンの度にサーモン海からの遠征を恐怖する声は絶えそうもない

レ級がイベントに期待しているようです




容姿

戦艦レ級
レ級


空母ヲ級などと同じ白い頭髪で、外見は艦娘や深海棲艦とは異なる幼い子供のような姿で、笑顔を浮かべている。(ただし、絵柄的に子供っぽく見えるというだけであり、背丈そのものが子供のそれか大の大人ぐらいあるかは不明)しかも他の深海棲艦は感情の読み取りにくい無表情な者が多い中、やけににこやかなのが目を引く。

コートのような服を着ており、服に付属した黒いフードを頭にかぶっている。また、胸から臍にかけては素肌が露出している。背中にはリュックサックのようなものを背負い、首にはアフガンストールのようなものを巻く。脚のようなものが伸びているが、足首から先がなく黒い模様が入っており(靴である可能性も大)、奥行きのない構造をしている。 その一方、尻の辺りから白く、太い尻尾のようなものが蛇のように伸びている。その先端には戦艦を模した深海棲艦特有の意匠が施されている。

レ


これらの特徴から、人型の部分は疑似餌であり、尻尾の艤装側が頭という説や、脚に見える部分は腹ビレであり、尻尾が直接下半身となっているという説が一部の提督達の間で囁かれている。

主砲塔は3連装、副砲塔は2連装となっており、口径もinch表記であることから米軍の武装の規格に倣っていると仮定すれば、史実で該当するのはアイオワ級に搭載されていたMk.7 16inch三連装砲もしくはノースカロライナ級、サウスダコタ級に搭載されていたMk.6 16inch三連装砲、副砲塔は上記全てに搭載されていたMk.12 5inch連装砲と思われるため、これらの戦艦の武装であってもおかしくはない。

尻尾部分に沿うように分割された飛行甲板も備えられており、ここから艦載機を発艦させるのではないかと思われる。 もちろん史実でこんなものを装備した戦艦など一隻もいないので、もはやモチーフとなった艦などいないのかもしれない。

強いて言えば、架空戦記紺碧の艦隊』に登場した「米利蘭土(めりーらんど)型航空爆撃戦艦」がそれに近いだろうか(米利蘭土型とは、日本海軍が鹵獲したアメリカ戦艦を魔改造したもので、長距離爆撃機、16インチ砲、魚雷艇、さらに「ン式弾」と呼ばれる射程150kmのロケット弾を運用可能な戦艦である)。

らくがきまとめ


そして右手で敬礼のポーズをとっているが、肘を横に広げて手の平が見える角度に構えているので、実は海軍式ではなく陸軍式の敬礼になっている。海軍式は肘を前に出し、手の平を見せない角度に構える。海軍では敬礼の基本的な形については決められていたが、敬礼の形は場所や状況に応じて変わっていた。
(まあ、細かいことを言えば陸軍式敬礼としてもあちこち間違ってるし、そもそも艦娘にしてもあちこちで見せる敬礼はほとんどが無謀で、その他姿勢とか角度とかツッコミどころ満載だったりするのだが)

なお、たまに左側のサイドに髪留めのクリップのようなものを付けているレ級のイラストが、複数の違う絵師の作品で見られる事がある。
これはレ級実装まもないころに、ゲームのレ級の立ち絵に髪留めのクリップを追加したコラ画像が作成され、元々やや似ているサイドヘアの膨らみ具合などと合わせ、との類似性を尤もらしく話題にされたことがある…という経緯によるもの。
片やなんでもする戦艦、かたや駆逐艦ときてゲームとしても設定としても何の関連もなく、ただのネタなのだが、単純にかわいいので、そのネタが過去のものとなった今でもイラストに取り入れられる事がある。

評判

レ級ちゃん
レ級ちゃん


その可愛らしさと強烈なインパクトを持つ強さゆえ、良くも悪くも人気が非常に高い。pixivにおいてこれまでの投稿数が3桁台が当たり前の深海棲艦において、なんと、登場後わずか1日で投稿数が100件を超えるという偉業を成し、その勢いのまま他の深海棲艦を追い越した結果、一週間経つ前に投稿数2位に踊り出るなど、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気っぷり。

感情表現が希薄な深海棲艦らしからぬドヤ顔にも似た笑顔と幼い外見に魅了されてしまった提督は数多く、また、今までのフラ戦や姫がぬるく見えてしまうほどのチートぶりと凶悪な火力のせいで悪鬼を見るが如く目の敵にする提督もまた多い。その人気の高さは愛憎入り混じったがゆえか……

今後は敵艦隊のアイドルこと、ヲ級軽巡棲鬼と張り合う存在になるのは間違いない。

とか言ってたら空母ヲ級に続いて立体化が決まってしまいました。
先輩であるル級やタ級ですらまだだというのに…

メディアミックスによる活躍

前述の『鶴翼の絆』や『艦これRPG』のほかにもメディアミックス作品に登場することがあるが、いずれも「ラスボスクラスの強敵」、「不意に降りかかる災厄、絶望」、「深海側ですら持て余すバーサーカー」として描写されることが多い。

コミック『島風 つむじ風の少女』

第1巻ラストで鹿野基地を壊滅寸前まで追い込むほどの戦闘力を持ち、更に艦載機も飛ばして加賀らを驚かせるなど、その異常な強さを見せつけた。

偶然接触した朝潮に興味を持ち、後に彼女を連れ去ってしまう。それがきっかけで島風らと対峙することになる。

ライトノベル『瑞の海、鳳の空

3巻のラストに登場。武蔵と壮絶な死闘を繰り広げる。

関連イラスト

悪夢ちゃん
新型


Savage Roar
れ級ちゃんに




【艦これ】Killer Mermaid・その1


二次創作漫画に起用される際も「えげつない強敵」扱いが目立つ。

レ級changらくがき
【艦これ4コマ】戦艦レ級の知られざる真実


と思いきや、子供っぽい外見に沿ったギャグ要員にされる場合もチラホラ。

レ級「NDK」


そのふざけた火力の前に涙を呑んだ提督の、悔しみをぶつけた作品とか……

戦艦レ級を描いてみた


またそのシルエットから、このポケモンを連想してしまう人も…

戦艦レ級の逆擬人化、擬船化の考察(仮)
深海超弩級重雷装航空巡洋戦艦


そして盛りに盛られまくった性能を軍艦として逆擬人化したイラストまでも……

とりあえず違和感仕事しろ

関連タグ

艦隊これくしょん 深海棲艦
みんなのトラウマ 超兵器
宇宙戦艦ヤマト←水上艦のフォルムかつくそ強い艦載機を持っていて雷撃もできる戦艦仲間
戦艦ル級 戦艦タ級
水母棲姫
サーモン海戦 第二次サーモン海戦

敵艦隊のアイドル
敵艦隊のネフェルピトー
にゃんこレ級(猫化)
レ級幼体(幼体化)

邪悪な吹雪(二次創作キャラ)

pixivに投稿された作品 pixivで「戦艦レ級」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20916190

コメント