ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アークロイヤル(艦隊これくしょん)

あーくろいやる

ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』に登場するイギリス海軍空母「アークロイヤル」(HMS Ark Royal, 91)をモデルとした艦娘である。
目次 [非表示]

図鑑データ

艦名Ark Royal(アークロイヤル)
図鑑No315
艦級[[Ark Royal級1番艦艦
艦種空母
CV内田秀
絵師コニシ

「私は、Her Majesty's Ship Ark Royal。 Admiral…貴方が……。 ……よろしく。」


概要が出る。「Force H」機動部隊旗艦、「Ark Royal」、出撃する!

2017年8月10日から開始の期間限定海域『西方再打通!欧州救援作戦』にて初実装。

ウォースパイト以来、2隻目のイギリス艦娘となる。

通称は「アーちゃん」「アー子」「アッコ」「アクロ」「アク子」「アー様」等々、提督がそれぞれ呼び易い呼称を用いている為まだ一定していない。


2018冬イベで実装された英駆逐艦ジャーヴィスからは「アーク」と呼ばれている。又同イベントで実装された夕雲型13番艦浜波のお花見ボイスで妹の朝霜の事を「あーちゃん」と呼んでいる事が確認された為、上記の通称のうち「アーちゃん」に関しては不特定多数の提督が集まるような場所で用いるとアークロイヤルの事だと伝わらない可能性が出てきたので、その様な場ではアークロイヤルの事を言っているのだと分かる呼称を用いるといいだろう。(中には言い易いからと「アルク」と呼ぶ提督も見かけるが型月のこの方と混同される恐れがあるので使うのは仲間内だけに留めて置く方がいいだろう。)


見つけたぞ、逃がさん!容姿、発艦、始め!

センシティブな作品

赤毛の髪をボブ風に切りそろえた、妙齢の女性。

海外艦では初めて南雲機動部隊のように矢筒を装備し、飛行甲板を備えたアーチェリーコンパウンドボウ風の弓で艦載機の発艦を行う。他に飛行甲板らしき艤装が見当たらない為、着艦は弓の飛行甲板で行うものと思われ、祥鳳型と同じ方式と思われる。

日本の空母娘や海外の空母娘と比較して、頭身が高目に描かれているが、これは実艦が中型空母としては飛行甲板高が18.3mと飛龍の12.8mやヨークタウン級の16.5mより高く赤城の20.7mに迫る高さだった事の再現と思われる。又スカート部に船体を模した艤装が付いているが、スカート部分が外に広がるデザインとなっている。これも実艦が他の中型空母と比較しても非常に肥……もとい横幅の広い船型となっていた事の再現と思われる。

立ち絵だと胸部装甲はそこまでない様に見えるが、中破すると確りとしたモノをお持ちである事が判明する。


同じ英国艦であるウォースパイトが「王女様(女王?)」といった風貌に対して、アークロイヤルは弓を使う「騎士」という感じに仕上がっている。


2020年10月16日のアップデートで「紅茶の国の戦艦」を旗艦で大型艦建造が可能となった


性格……やってみるか。

性格も容姿同様に真面目で質実剛健な武人肌な人物。

同時に礼儀正しく忠誠心が強く、MVPでも英国女王と提督に忠誠を誓っているさまが見える。着任時の自己紹介で名乗る「Her Majesty's Ship」は「女王陛下の艦」を意味し、英国海軍籍にある軍艦が公式に使用する艦船接頭辞(所属や種別を表す符号。艦名の前に付けて名乗る)でもある。のだが……(後述)

誰に対しても好意的で気さくな人物だが、一方で対人関係では鈍感で、問題を物理的に解決しようとするポンコツ・脳筋な面も見て取れる。

特にビスマルクとの再会ではビスマルクがトラウマで逃げ出したのを察せず、執拗に追いかけた上に足止めのためにソードフィッシュで彼女の足を狙うなど無意識にビスマルクのトラウマ再現をして彼女を散々な目に合わせている。

逆に自身が沈む原因となったUボートに対しては感情的になり鎮守府にいる潜水艦を見つけると提督に詰め寄ったりしている。直後に「伊号潜水艦」と訂正されるのでドイツ語交じりで話す伊8を見てそう思ったようだ(或いは同イベントでドロップする三国を渡り歩いた潜水艦かもしれない)。その直後に今度こそUボートだと言ってくるが「呂号潜水艦」だからと訂正され・・・ソウダネ「ローチャン」ハニホンノセンスイカンダネ。

同じ中型空母である蒼龍飛龍との関係は良好で夕食をこの2人に誘われている。場所は「間宮」のようだがこの夕食会がグラーフ・ツェッペリン赤城に誘われた「正規空母の会」なのかは確認出来ないため提督各々の想像に委ねられる。意外にも「もぐもぐ勢」だった事が判明する、可愛い。ターキーやカレーの美味しさに舌鼓をうつが、流石に多聞丸基準の飛龍の食事量には呆れている。間宮なので当然某アル重も登場し、黙らせようかとこちらも無自覚にトラウマを刺激しようとしてしまう(マタパン沖開戦自体にはアークロイヤルは参加していない)。案の定夜戦バカも登場するが、「ハンターキラー=対潜水艦掃討作戦」と勘違いして即座に提督に否定されている。


放置してると某航空戦艦ばりに「Swordfish」について語ってくれる。

母港でお触りを繰り返すと躾と称して提督を座らせ「Swordfish」で雷撃してくる。日本にも似たような事をしてくる正規空母がいたような…


上記のように忠誠を誓っているようだが、提督とは上司部下というより相棒のような距離感であり、男女的な意識こそないが、お互いに気のおけない仲といったところのようだ。


英語が混ざる比率はウォースパイトと同じ位だが、若干こちらの方がゆっくりとしゃべる為、幾分かは聞き取り易くなっている。


初参加となった「鎮守府秋刀魚祭り2017」に関してかなり困惑しているようで、秋刀魚漁支援装備(アクティブソナー・探照灯・熟練見張員等)を見て「ハンターキラー」なのか?と聞いてくるが矢張り装備に納得がいっていない様子。同郷のウォースパイトが2016年の初参加からノリノリだったのとは好対照である。

もともと彼女の祖国であるイギリスは日本と同じ島国で漁業国でもある。北海の制海権をめぐり他国と争ってきた歴史があり近代でもアイスランドとの「タラ戦争」があった。ウォースパイトは2度にわたる世界大戦を経験しイギリス、ひいては島国にとっての漁業権の確保がいかに重要かを認識していたのに対して、就役から3年で戦没したアークロイヤルは漁業権を争うような経験をしなかった為、日本の鎮守府の秋刀魚漁に向ける熱意が理解出来なかったのだろう。

参加2年目となる「鎮守府秋刀魚祭り2018」ではこの1年で日本の鎮守府(というか秋刀魚祭りへの異常な熱意)を理解したのか昨年のように動揺はしていない(しかし昨年の秋刀魚ボイスも残っている為会話が噛み合わない部分も)。

しかしそれよりも問題なのが「チンジュフSANMA Festival…か。」の後に「ところでSwordfish Festivalはどうなった?」と続く部分で、「Swordfish Festival」なるものを提督に提案していたらしくそれは何時催されるのか?と催促してくるのである。明らかにもう一つの奇祭に対抗意識も燃やしているとしか思えない内容なのだが・・・


2017年12月27日に【師走】ボイスが実装された。

日本の鎮守府にも大分慣れてきたのか大掃除に関しても「それは大切だ。」と積極的に参加している。ただし何故かやり方を「ビスマルク」に聞いて矢張り逃げられている。

「どうして毎回毎回逃げるんだ!おーい、待て!」といって又もや「ビスマルク追撃戦」が開始されてしまう。この様子だと、日本の行事等は全部ビスマルクに質問し、その都度逃げられているようだ。………トムとジェリーかな?


2018年1月17日には【節分】ボイスが実装された。

得意げに「あいつらから情報は入手済みだ」と『セッツブーン』を披露してくれる。

上記の通りに日本の行事は全部ビスマルクに聞きに行っている為、一緒にいたオイゲンから吹き込まれてしまっていた様だ。

時報や戦闘での行動を見てる限り、「ビスマルク」が絡まない限りは優秀なのに、何で「ビスマルク」が絡んだ瞬間「ポンコツ」になってしまうのだろう、この「騎士」様は。


艦これ第2期最初のイベント海域・抜錨!連合艦隊、西へ!にて実装されたネルソンの時報では2時に寝付きが悪いアークロイヤルにラム酒を与えるが、コレのせいでネルソンに対して延々とソードフィッシュに付いて語り始め、前日の21時から提督(と途中参加のアル重)と呑み明かしてるネルソンが、アークロイヤルの絡み酒と深酒にやつれ、アークロイヤルが寝付いた翌朝5時には満身創痍という状況に。

ビスマルク絡みでなくとも根が生真面目なせいで、タガが外れるとそのまま崩れまくるという姿が半ば公式となりつつある


2021年夏イベントで実装された後輩になる装甲空母ヴィクトリアスからは放置ボイスで「え、うそ、まだSwordfish使ってるの!?」と言われたり時報内でも「え? いい機体だけど、流石に少し古いわ。」「何何!? どうしたのArk、そんな血相を変えて。……そ、そうね、それは見解の相違ね。」「ああっArk、複葉雷撃機無駄に飛ばしすぎじゃあ」と行き過ぎた「Swordfish」愛やその行動に呆れられている。


そんな中、4コマ漫画吹雪、がんばります!ではU-511と遭遇して驚くが即座にろーちゃん化して「友軍の呂号潜水艦だ」と主張されて困惑したり、ビスマルクとリシュリューの発案した対ソードフィッシュ用の陣形に素でドン引きしたり、海外艦代表のビスマルクがアークロイヤルの歓迎会の準備を(前述の陣形考案に時間を割いてたせいで)一切してなかった事に困惑していたりとビスマルク達に振り回される常識人という多くの二次創作とは逆のまさかの立ち位置となった(作者オリジナル過ぎて二次創作には何も影響与えなかった)

尤も、対ソードフィッシュ用陣形に対して「ご期待に応えて」とソードフィッシュ(を頭に載せた初雪)を発艦してくれる辺りノリは良いのかもしれない。


Performance?ほう、なるほど。

艦載機の搭載数は無改造状態で【72機】でスロット配分は上から【18/30/12/12】と二航戦のスロット配分に近く、Lv45で改造可能。搭載数は【80機】と微増程度だが第一スロットが増え【24/32/12/12】と十分な搭載数になり火力を生かしつつ制空権も確保できる配分となっている(2021年7月15日のアップデートで第2スロットの搭載数が+2機増加、合計80機となっている)

又、Swordfish装備時のみ夜戦に参加が可能になっている。これは史実の夜戦でビスマルクに打撃を与えた事にちなんだものと思われる(そりゃビスマルクも逃げ出すはずだ)。

無印では【火力:27 / 雷装:0 / 耐久:55 / 装甲:47 / 対空:72 / 回避:57 / 索敵:72 / 運:8(58)】

改時点で【火力:51 / 雷装:0 / 耐久:71 / 装甲:70 / 対空:82 / 回避:68 / 索敵:84 / 運:13(68)】

(2021年7月15日のアップデートで火力+1増加)

改二は未だ実装されていない為。同じ中型空母である蒼龍・飛龍の改時点と比較すると火力では勝るが、他の性能面では程同等。何気に初期運が【8】と低いが改で【13】と一般的な数字になるのでそこまで問題にはならないだろう。


Swordfish系機装備時には火力と回避の装備ボーナスが載り、Barracuda Mk.II及びBarracuda Mk.III装備時には火力・雷装、Barracuda Mk.IIIは更に対潜もボーナスが載る。

米国製の艦上爆撃機SB2C-3及びSB2C-5には火力ボーナスが、新装備のFulmar(戦闘偵察/熟練)装備時にも火力・対空・索敵・回避にボーナスが加算される。

Fulmar(戦闘偵察/熟練)はツ級による撃墜の心配はないが他は撃墜耐性のない攻撃機・爆撃機の為ツ級が出るような後半海域での運用には余り適していない。



夜戦火力はSwordfishの性能にも左右されるが、基本的にはそこまで大きなダメージを与えることは出来ないのでオマケ程度に考えていいだろう。

ただネタ装備の領域だがSwordfishを全4スロット論者積みにすれば、駆逐艦くらいは撃破出来る。

副砲を2門装備すれば連撃を行えるが副砲の火力は夜戦火力には計算されずアークロイヤル自身の火力とSwordfish系の「火力+雷装」分しか火力計算の加算されない。一応艦載機熟練度は反映されておりこれはSwordfish系以外に艦攻等も適用されている。

全てをSwordfish系で埋めてクリティカルと熟練度補正が上手く乗れば計算上戦艦級の撃破も不可能ではない。


……ネタの領域、だったんだけどなぁ~(汗)


Swordfish shoot !

2018年の冬イベント「捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(後篇)」にて、アークロイヤルも友軍艦隊の海外艦編成に登用され、その腕を振る機会が訪れる。

そこで彼女が繰り出した攻撃が――


Swordfish4スロット論者積みだった


当然ながらボス艦隊には運良くクリティカルヒットでもしなければ蚊の一刺し程度のもので、僚艦が大火力で支援する戦艦群や、最終海域になると本格夜戦空母のサラトガMk.II(こちらは夜襲カットイン編成のガチ装備だった)まで混ざるため、余計にアークロイヤルのSwordfishアタックが悪目立ちする悲劇を生んでしまう。

本人が真面目なだけに、それがかえって変な笑いを誘ってしまうのがなんとも……。

結果、「実はうっかりSwordfishしか持ってきてなかったのでは?」と、同じ海外空母のアクィラとは別方向でよりポンコツ扱いが加速する事態になり、以前から連発していたビスマルクへの無自覚なトラウマ接触の件もあって、二次創作ではボケキャラとしての位置が固つつあったのが、この件で完全にボケキャラと認識されるにいたった。

尤も艦載機どころか実質丸腰で駆り出されより悲惨なカスダメになるかどうかも怪しい通常砲撃しかできないグラーフや、配置の都合上出番が回る前に叩き潰され(場合によってはわざわざ攻撃を終えた旗艦を庇って大破することも何もできずにスルーされることも多々あったビスマルクに比べれば、一応瀕死の護衛や随伴程度なら当たれば片付けることができる分、そうした方面ではまだ活躍してくれた印象がある人も多いかもしれない。


その後の2018秋イベントの「抜錨!連合艦隊、西へ!」では夜間航空機を装備して友軍に駆け付けるようになった


Swordfish論者積みカッコアーケード


と、ブラウザ版では完全にネタ扱いされているSwordfishだったが、艦これアーケードではアークロイヤルが初の夜間航空攻撃可能な空母となった事により、その運命はブラウザ版と大きく変わる事に。

アーケード版においてはアークロイヤルがSwordfish系統を装備していると夜間海域でも航空攻撃が可能になり、さらにアーケード版独自のダメージ補正が入ったため、Swordfish Mk.III(熟練)を装備できれば戦艦だろうと消し飛ばすというまさかの事態に。

このため、アーケードではSwordfish論者積みは状況次第でアークロイヤルの運用方法として十分に一考できる。…ブラウザ版にもその補正くれませんかね。

このためレイテ前編では事実上の出禁措置を取られる羽目になる。(丙作戦では出撃可能)


入手経路

実装後は、欧州関連のイベント海域深部でのドロップがほぼ唯一の手段である。

基本的には最終作戦の前段やラスボスでの配置が多く、狙うにもそれなりの難易度が立ちはだかる。


しかし2020年10月16日の更新で、Warspiteととに大型艦建造での建造が解禁された!!

もっとも建造には建造にはWarspiteを秘書艦に据える必要があり、さらにそのWarspiteもいない場合は金剛改二or金剛改二丙を秘書艦に大型艦建造を実行する必要がある。

イベント海域で周回するか、資材の残量を見て大型艦建造に賭けるかは、提督の決断次第となる。


余談になるが、当日はSwordfishとFlumarの開発落ちも実装されており、どちらもArk Royalを秘書艦に置くことで開発可能になる。

毎年10月スタートとなるイヤーリー任務「精鋭複葉機飛行隊の編成」で「Swordfish Mk.II(熟練)」へ更新する任務も出現している。通常でもSwordfishを改修更新で「Swordfish Mk.II(熟練)」は作成可能だが任務をこなすと【開発資材×18/改修資材×9】が節約できる。2021年夏イベントの欧州遠征では欧州艦載機が特効装備だったので1年計画で改修更新しておくといいだろう


余談

センシティブな作品

前述の通り「アークロイヤルが“女王陛下の艦”を名乗り、英国女王に忠誠を誓っている」という設定は、実は艦これの世界観に大きく関わるものだったりする。

というのも、実艦のアークロイヤルが起工されてから戦没に至るまで英国王は一貫して男性だったため、史実での彼女は英国女王の姿を見たことすら無く、まして女王陛下の艦だったことなど一度も無いのである。

スマホがあったりコンビニがあったり年末に有明で何かが催されていたりと彼女が船として生きていた時代とは到底思えない物事が多数存在している艦これ世界のこと、順当に考えれば彼女が忠誠を誓う「英国女王」は実装時点での英国王であらせられたこの方ということになるのだろうが……はたして真相は如何にと思われていたが、後に実装された宗谷が「令和」という単語を口にしているため(それ以前に択捉型が令和掛け軸の家具を描いている)、彼女の言う女王陛下は実装時点での女王陛下であらせられた、あの方で間違いない。

2022年9月8日に現実世界では女王陛下が崩御されたが、アークロイヤルの台詞が今後変わることがあるのかは不明。変わらなった場合は艦これ世界では女王陛下は未だ健在という事なのだろう。


アークロイヤルとビスマルクの両方に関係するものとして『オスカー(不沈のサム)』が上げられる。「サム」と呼ばれるようになるのはアークロイヤルに贈呈された時からである(ただしオスカーの逸話に関しては色々と不審な点があり、所謂戦場伝説の類とされることも多い)。


彼女の沈没は1941年11月14日と真珠湾攻撃及びマレー作戦開始(ともに1941年12月8日)の約1ヶ月前であり、母国イギリスが日本と戦闘を開始した事を知らない。


Illustration…だと…っ?!

Ark Royal fanart commissionセンシティブな作品

センシティブな作品イギリスのレディ達!


Related Tags?I see.これね?

艦隊これくしょん 艦これ

空母娘 海外艦 イギリス海軍 RoyalNAVY

アークロイヤル アーク・ロイヤル


ブリティッシュ艦娘

戦艦

ウォースパイト(艦隊これくしょん)

ネルソン(艦隊これくしょん)

装甲空母

ヴィクトリアス(艦隊これくしょん)

軽巡洋艦

シェフィールド(艦隊これくしょん)

駆逐艦

ジャーヴィス(艦隊これくしょん)

ジェーナス(艦隊これくしょん)


ゲルマン艦娘

ビスマルク(艦隊これくしょん)

プリンツ・オイゲン(艦隊これくしょん) U-511(艦隊これくしょん)


中型空母仲間

日本海軍

飛龍(艦隊これくしょん) 蒼龍(艦隊これくしょん)

アメリカ海軍(アメリ艦娘)

ヨークタウン級(艦隊これくしょん)ホーネット(艦隊これくしょん)


ビスアーク:ビスマルクとアークロイヤルのカップリングタグ。

リシュリュー(艦隊これくしょん):実装同期。彼女とアークロイヤルはダカール沖海戦で交戦歴があり、アークロイヤル所属の航空隊がリシュリューを攻撃して被害を与えている。


MI6さんこっちです憲兵さんこっちですの英国版。


関連記事

親記事

空母娘 くうぼむすめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6991294

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました